イヤイヤ期がやってくる!!ママの心の準備と対策

わが子は、1歳8か月になり最近、「自己主張」が強くなってきました。

様々な場面で「イヤッ!」という言葉を発し、思い通りいかないとギャン泣きを始め、いつまでも泣き止みません。しかし、イヤイヤ期本番はこんなものじゃないはず・・・。

そこで、これからやってくるイヤイヤ期を学び、心の余裕につなげて少しでも笑顔の時間を増やしたいと思いイヤイヤ期について調べてみました。

■目次

1・そもそもイヤイヤ期ってなに?

実はイヤイヤ期は生後半年頃から始まっており、生理的な欲求以外の自己主張が始まったらそれはイヤイヤ期突入のサインです。
ただ、そのピークが2歳前後に現れるため、2歳=イヤイヤ期が一般的に浸透しているようです。

この頃の子どもは「相手に気持ちがある」ことをまだ理解しておらず、自分の欲求の赴くままに行動したいために、「イヤ」という主張が多くなります。特に「自分で」やりたい!という欲求が強くなりますが、自分でやってみても上手くいかず、自分でもどうしていいのかわからず、心が混乱したり、もがいたりする、とてもややこしい時期です。

また、脳の抑制機能もまだ発育段階で、衝動を上手にコントロールできない上に、伝えたいことがうまく言葉で表せないという複雑な時期のため、大人からみるとわがままや反抗的に感じ、これがイヤイヤ期だと認識します。

2・イヤイヤ期は大切な心の成長期

子どものイヤイヤ期での反応(かんしゃく、反抗等)は生まれてから初めて自分の主張ができるようになった!という、喜ばしい時期であり、子どもの成長の過程で、なくてはならない大事な行動です。

イヤ!という主張をすることによって、相手の反応を見て他人との関わりや自分の感情の表現・抑制方法を学んでいく大切な時期です。

また、失敗を繰り返しながら、身の回りのことが自分でできるようになることで、人間性を身につけ、人間らしくなる大切な成長の期間なのです。

イヤイヤ期に子どもは感情のコントロール方法や人間性を学ぶことを理解し、忍耐強く見守れるようにしたいですね。

3・イヤイヤ期で試したい対策!

ここでイヤイヤ期に実際試すと効果的な対処法を何個か紹介します。
・対話と受け止め
・絵本の活用
・スキンシップ時間を増やす
・儀式を作る