子どもの習い事っていつから始める?ポイントは?

子育てをする上で、習い事の悩みを一度は持ったことがあるのではないでしょうか?

2015年のベネッセ次世代研究所の調査によると、6歳児の82%は習い事をしているそうです。周りの人たちもやっているから、という理由だけで習い事を選択しないようにするために、習い事を始めるためのポイントを調べてみました!

■目次

1・才能ってなに?

せっかく習い事をするなら、子どもの持つ才能を伸ばしたい!と思ったことはないでしょうか?では、そもそも才能とは何なのでしょうか?

国語辞典によると、「生まれつき、あるいは訓練によって発揮される、物事を成し遂げる力。知識と能力」と記載されています。

「ビリギャル」著者の坪田さんが「才能の正体」という本を出版され、その中では、このようなことが記載されています。

”すべての人に“才能の芽”はあります。その“芽”を、どうすれば見つけ、花開かせることができるか? やるべきは、今ある状況の「認知」、目的へ向かうための「動機づけ」、そして「正しい努力」です。”

つまり、何かしらの才能の芽は誰にでも備わっており、その芽を見つけ、本人の努力によって磨いていくことによって習得した能力が才能となるのです。その才能の芽を見つけ出し、努力する場(指導者や環境)を見つけることが親の役目であるのかもしれません。

2・習い事の適齢期

習い事にはもちろん適齢期というものがあります。
早く始めて効果のある習い事もあれば、小学生から始めた方がいい習い事もあります。
また、プロを目指すか、趣味や情操教育として始めるかで適齢期は異なります。

いくつかの代表的な習い事を趣味として始める場合の適齢期について調べてみました。

外国語:
早いほうがいいが、遅くても問題はない。週1回の英会話の授業よりも、毎日触れることが大事。

バレエ:
5~9歳ころ。先生の言うことが理解できる歳になってから始める子が多い。9歳以降は体ができあがってくるのでそれまでに始めるのがおススメ。

スポーツ:
特定の種目(例:サッカーや野球のような特定種目)に絞るのは10歳頃。それまでは多種目のスポーツを行い、まんべんなく身体を動かす力(基礎運動能力)をつけるほうが重要。
スポーツ庁の2016年度「体力・運動能力調査」では、幼児期に野外で遊ぶ時間が長い子どもほど体力や運動能力も高いという結果が出ています。多様な動きを経験しましょう。

音楽:
6歳ころ。ピアノやヴァイオリンを習う場合は、先生の指示を聞き、理解できる年齢から習うことが望ましい。それまでは家で音楽を聴いて身体を動かすリトミックなどで音楽に親しむ程度でも十分。

3・習い事を始めるためのポイント

今、世の中には無数の習い事が存在します。習い事に正解はありませんが、せっかくお金を払って習い事を始めるなら、子どものためになる習い事を始めたいと思いますよね。そのためには、まず親が習い事の5W1Hを明確にする必要があります。

どこで?(Where?):
教室選びは重要なポイントとなります。先生との相性や教室の雰囲気は子どもの才能の芽を伸ばすにはとても重要です。そのため、先生が合わない場合や子どもが教室を嫌がる場合は、教室変更などの対応を考える必要があります。

なにを?(What?):
子どもが楽しんで続けられる習い事を選ぶ必要があります。幼少期から始める場合、習い事の選択はある程度親がコントロールして決めていくことになります。

いつ?(When?):
子どものやる気・成長具合をみて、いつから始めるか決めていきます。また、ゴール地点を決めてその目標が達成される度に子どもといつまで続けるか(次のゴールを決めるか辞めるか)話し合いを持つと親と子の意識共有ができます。

だれが?(Who?):
習い事を続けるには、親の協力が必須となります。送り迎えの担当や休日の過ごし方などを家族で話し合う必要があります。

どうして?(Why?):
習い事を始めるきっかけをまとめておく必要があります。例えば、運動不足解消のため・単純に楽しむため等の目的を明確にしておきます。親がきっかけを忘れ、熱心になりすぎて、子どもが習い事を嫌いにならないようにしましょう。

どんなふうに?(How):
複数の習い事をしている場合は、日時調整が必要となります。また、子どもが辞めたいといったときの対応も描いておく必要があります。

習い事で一番大切なのは、子ども本人がおもしろいかどうかです。習い事はあくまでもオプションですので、無理強いすることではありません。自分で習い事の取捨選択ができる小学4年生くらいから始めてみるのもいいかもしれません。

4・私がさせたい習い事

私は、習い事は趣味として、大人になった時の引き出しになればいいなと思っています。今はまだ理想でしかありませんが、やってもらいたいと思う習い事がいくつかあります。それは、テニス書道三味線ピアノです。

テニスはずっと続けられる趣味として、書道はきれいな字を書けるようになってほしいから、三味線は日本の文化に触れられる習い事をやってほしいから、ピアノは音楽を楽しめる子になってほしいから。です。将来、子どもと会話ができるようにり、一緒に習い事を選択することを楽しみにしています。

習い事を成功に導くポイントのひとつに「親がやらせたいから」という自覚を持つ必要があるらしいです。才能の芽は各個人で異なります。周りに流されずに、親が子どもをじっくり観察し、子どもが心から楽しめる習い事を見つけていきましょう!!

【参考文献】
坪田 信貴(2018)「才能の正体」幻冬舎
おおたとしまさ(2017)「習い事狂騒曲」ポプラ新書

【関連記事】
ママだって学びたい!習い事でリフレッシュ♪(アクティブ編)
ママだって学びたい!習い事でリフレッシュ♪(文化系編)
子どもと一緒に参加できる!ママさんブラスに参加して演奏の喜びを取り戻そう♪

(ライター マギー)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

関連記事

  1. 赤ちゃんの美容院デビュー!?1,2,3歳のヘアカットどうして…

  2. 七五三の意味は?由来や起源がわかるとお参りも楽しい♪便利な持…

  3. 七五三っていつ?何するの?撮影のタイミングは?準備と予約

  4. トイレトレーニングはいつから?うまくいかない時は?準備、踏み…

  5. 貴重な思い出に!子連れで結婚式へ

  6. たっぷり遊んでママも笑顔!幼稚園の満3歳児保育

PAGE TOP