みんな子どもの習い事ってどうしてる?

子育てをする上で、習い事の悩みを一度は持ったことがあるのではないでしょうか?

わが子の習い事デビューは「水泳」で、生後6か月の頃でした。もともと私の産後のリフレッシュを兼ねて通い始めましたが、現在は子ども自身が泳ぐことを楽しんでいるため、一年たった今も続けています。

2015年のベネッセ次世代研究所の調査によると、6歳児の82パーセントは習い事をしているそうです。

色々な習い事をさせてみたい!とは思いつつも、本当に必要なの?という疑問もあります。

そこで、今回はどのように習い事を成功させるのか調べてみました。

■目次

1・才能ってなに?

国語辞典によると、「生まれつき、あるいは訓練によって発揮される、物事を成し遂げる力。知識と能力」

2・習い事の適齢期

習い事にはもちろん適齢期というものがあります。
早く始めて効果のある習い事もあれば、小学生から始めた方がいい習い事もあります。
また、プロを目指すか、趣味や情操教育として始めるかで適齢期は異なります。

いくつかの代表的な習い事を趣味や情操教育として始める場合の適齢期について調べてみました。

外国語:早いほうがいいが、遅くても問題はない。週一回の英会話の授業よりも、毎日触れることが大事

バレエ:7~8歳ころ。身体つきに大きく影響する習い事のため、早すぎると骨格に悪影響がでる場合も

スポーツ:特定の種目(例:サッカーや野球といったような特定種目)に絞るのは10歳頃。それまでは多種目のスポーツを行い、まんべんなく身体を動かす力をつけるほうが重要

音楽:6歳ころ。ピアノやヴァイオリンを習う場合は、先生の指示を聞き、理解できる年齢から習うことが望ましい。それまでは家で音楽を聴いて身体を動かすリトミックなどで音楽に親しむ程度でも大丈夫

3・習い事を成功させるためのポイント

習い事を成功させるためには、親が5W1Hを明確にする必要があります。

どこで?(Where?):
教室選びも成功には重要なポイントとなります。先生との相性や教室の雰囲気など、合わない場合や子供が嫌がる場合は教室変更など臨機応変に対応が必要。

なにを?(What?):
どの習い事をするかはある程度親のコントロールとなります。その自覚をもって熱心になりすぎないように心がける必要があります。

いつから?(When?):
子どもの成長具合やる気をみていつから開始するか決めていきます。

だれが?(Who?):
もちろんお子さんが習い事は行いますが、親の協力が必須となります。送り迎えや休日の過ごし方もかわってくるので分担を決める必要があります。

どうして?(Why?):
親が熱心になりすぎて、子供が習い事を嫌いにならないようにするために、きっかけを再度まとめておくと後々助かります。例えば、運動不足解消のため、単純に楽しむため、大人になった時の引き出しとして等目的を明確にしておきます。

どんなふうに?(How):
ほかの習い事もしている場合は、日時調整などが必要となります。また、子供が辞めたいといったときの対応も描いておくと後々助かります。

もうひとつの習い事を成功に導くポイントのひとつに「親がやらせたいから」という自覚を持つことがあります。
習い事はあくまでもオプションで、無理強いすることではありません。
自分で習い事の取捨選択ができる小学4年生くらいから始めてみるのもいいでしょう。大切なのは、本人がおもしろいかどうかです。

4・私がさせたい習い事

【参考文献】
佐藤眞子(2004)「2才児 イヤイヤ期の育て方」主婦の友社
佐藤眞子(2013)「新編 2才児 イヤイヤ期の育て方」主婦の友社

(ライター マギー)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

【関連記事】
「幼稚園に行きたくない!」噂の“イヤイヤさん”は突然やってきました。対策は?

関連記事

  1. どうする?子どもの指しゃぶり

  2. 子どもの左利きって直すべき?

  3. 自転車の補助輪いつとる?どうやってとる?

  4. 七五三の意味は?由来や起源がわかるとお参りも楽しい♪便利な持…

  5. ものを大切にする心を育む「おもちゃ病院」

  6. 年長組のママ必見!入学準備をすすめよう♪

PAGE TOP