【ままてぃ×グケートまゆみコラボ企画】持ち服が輝いた!!訪問ファッションコンサルモニターM.N様

みなさまこんにちは!
トータルビューティーコンサルタントのグケートまゆみです。
私のプロフィール詳細はこちらからご覧くださいませ。

 

4月頃、ままてぃ×グケート まゆみのコラボ企画「ままてぃ会員向けオンラインファッションコンサル」を実施しました。たくさんのママさんにご応募いただき、みなさんとファッションについて語り合い、悩みについてアドバイスさせて頂きました。

アドバイスを聞いて、新しく洋服を買いました。本当に似合っててびっくりしました。
6月に復帰して、アドバイスをいただいた仕事用の服を買ってみました。職場でも似合っていると声をかけられて嬉しかったです!ありがとうございました。

参加されたみなさんから、このようなお声を頂きました。今回は、よりご自身のセンスアップをしていただくために、お宅訪問とトレーニングのご提案をさせて頂きました。

今回ご提案の内容は↓↓↓

1.お宅訪問
・ファッションコーチング
・ワードローブ診断
・メイクレッスン
2.Instagram によるセンスアップトレーニング
3.フォローアップ
4.買い物同行

先日素敵なお宅に訪問してきました。その様子を少しご紹介します。

ファッションコーチング

ファッションは自己表現のツールです。ただ着飾るだけのものではなく、ご自身の内面や気持ちを表すアイテムです。
ママになって、1人で何役もこなすようになり、本来ならそれぞれの役に合うものを身につけたいと思うものの、日々のやることに追われて、余裕がなく、ただ失礼のないように!浮かれてないように!と諦めていることが多いと思います。

そこで、まず1人で何役こなしているか?それぞれの役にどんなシーンがあるのか?それぞれのシーンにおいて、どんな制約があり、どんなイメージや理想があるのか…
そういう現状を整理することで、自己理解をしてそこからなりたいイメージが見えて、身につけたいものも決まってきます。

今回ご訪問したM.Nさん、
柏市在住の3人のお子様がいるお母さん。
6月に転職をしたばかりで都内まで通勤されています。

転職するまでは、内勤でルーティンワークが多く、服装も作業着が多かったそうです。
『自分も好きな仕事をしたい!もっと楽しい・やりがいのある仕事がしたい!』『転職なら年齢からすると今が最後のチャンス』と決心されたそうです。

3人のお子様がいながらの転職活動、とても大変で、勇気のいる決断だったと思います。
『今はすごく充実している!』とキラキラした眼差しでお話ししてくれて、とても素敵でした。

転職により、M.N様はお仕事も家庭も大きく変わりました。そのタイミングで、先日のオンラインファッションコンサルを受けて頂き、転職様のお洋服を見事にチョイスできています。
今日は、更に、お仕事やご家庭の現状を整理して、自分のこなしている役割とそれぞれの役割に対する理想の装いはどんなイメージなのか、ワークをしながら一緒に明文化しました。

役割と理想の装いを明文化

お仕事では、
・オフィスワークの日は、『仕事できる人』『頼れる人』という印象を持たれたい。
・会議がある日は、『いつもとちょっと違う、きちんと感がほしい』……

ご家庭では、
常に『明るいママ』でいたい、『幸せな夫婦』であり続けたい。たまに娘と出かけて、『親子コーデをして楽しくお買い物』もしてみたい……

最後に、M.N様に、仕事家庭ではなく、1人の女性としてはどんな装いが理想?と聞くと、
『え?自分1人?今1人の女性としてのイメージをまったく持っていない』『たまに素敵なワンピースを着ている女性を見かけると、いいな!私も素敵なワンピース1枚くらいほしい』。

『役割と理想の装いを明文化』、実はこのプロセスが非常に重要です。そこで、自分の様々な役割の占める割合やバランスが見えてきます。それぞれの役割に対する自分の期待や現状も見えてきます。たまに、役割ばかり気にして自分をなくしていることに気づく方も多い。

*みなさん、いつになっても、自分の時間を持つことって大事ですよ!

理想の装いをビジュアル化


役割と理想の装いが明文化されたところで、雑誌の切り抜きを使ってイメージを具体化します。
ワクワクする気持ちを大切に、直感で選んでいきます♪
『素敵!!』という言葉がたくさん出てきて目がキラキラ。

私はこの瞬間がとても大好きです!
M.N様が好きな服のビジュアルがたくさん見つかりました♪

ここで先ほど理想な装いの明文化に沿って、ビジュアルを役割に当てはめていきます。

用意したじゃばらのノートに、役割別に選んだビジュアルを貼り付けていきます。これでご自身オリジナルのファッションノートが完成。

すると、会社での理想の装いはこんなイメージなんだ。
家庭での自分の理想の装いはこうなんだ!と理想のファッションが「見える化」していきます。

どのスタイリングもとっても素敵。

ワードローブ診断

さて、いよいよ実践編へ。
まずはファッションノートの中から今日作りたいスタイリングを決めていきます。
M.N様の場合は、オンラインのファッションコンサルで、会社に着ていくオン服はご自分でパターン化できているそうです。

実際に見せていただくと、素敵なコーデばかり組まれました!オンラインファッションコンサルの内容をしっかり生かしています。素晴らしいです‼︎

そして骨格、肌の色味をチェックしていきます。

M.N様は背は161cm、肩幅は狭めの骨太さんタイプ
肌はイエベよりですが、中間に当たるタイプ。

骨格診断やパーソナルカラーなどの診断ものはタイプが分かり、似合うものが分かるので、ファッションの参考になると思います。しかし苦手なものを真に受けすぎると選択肢が狭くなってしまいますので要注意!
『診断で◯◯ネックが苦手と出ているからもう着られない』『イエベだから◯◯色は付けられない』そう思ったら人生損ですよ!
苦手はアイテムはありますが、合わせ方や着こなし方で素敵に着られることも多いです。
苦手な色はあるかもしれませんが、ファンデーションで肌色は変えられます。それで苦手な色も素敵に着こなせることもあります。

診断はあくまでも参考値!真に受けてはダメですよ!

例えば、M.N様はほねぶとさんで、ピタッとしたアイテムは苦手と言われています。しかし、肩幅が狭いため、ピタッとしたトップスも綺麗に着ていただけます。

診断が終わったところで、今回はお仕事、ご家庭、ご自身の中から『ご家庭』でのスタイリングを組んでいきたいとご希望を頂きました。
当日組んだコーデをいくつかご紹介します。

まずはこちら。
コーデ1.リネンシャツ×ワイドパンツ

ほねぶとさんはリネンシャツが似合う。ワイドパンツとの相性もバッチリで、いわば定番のコーデですね。

ここでのポイントは「着崩すこと」
着崩すは、前のイン、えり抜き、袖まくりこの3点だけ。

前インとえり抜きの3ステップ
1.前後が段差にならないように、前の中央だけイン
2.インした後、少し出して、びしっと感をなくす
3.えりをうしろに抜き、全体的に、横から見ると段差ではなく、前から後ろに斜めに流れていくラインを作る
緩く袖まくりの2つポイント
1.太目にまくこと(細目にまくとビジネス風になるよ!)
2.きちっとまくらないこと

『えー!?着こなしでこんなに変わるんですね!』M.N様も実感されていました。

続いてはこちらのコーディネート
コーデ2.オーバーオール×ジャケット

オーバーオールを大人っぽく着こなすためには、他のアイテムを全てエレガントなアイテムにすること。
それだけで大人カジュアルのスタイリングが完成します!

着こなしの3ステップ
1.羽織はジャケット一択!
2.インナーはシンプルなTシャツに限る
3.足元はパンプスやヒールで女性らしく

本人も『素敵!!オーバーオールが着られて嬉しい♩』とおっしゃっていました!

そして次のコーデはこちら。
コーデ3.Tシャツ×スカート

着こなしが難しいと感じられていた、この赤いスカート。
このアイテム色が赤だから難しいというわけでなく、問題は丈の長さなんです!

前が短く、後ろが長くなっているアイテムでデザインは素敵なのですが
M.N様には若干短い…!

そしてこのスカートは仕事用とイメージを持たれてパンプスと合わせようとしていました。
実は、ローカットのコンバースを合わせることでバランスが取れます。
また、白Tシャツと合わせることで明るく爽やかな着こなしになっています♪

こちらはご家庭のお出かけ用アイテムですね!
また、このアイテムはオールシーズン着られる素材でしたので、秋冬にはショートブーツを合わせて着ることも素敵ですよ!

ワードローブ診断を終えて、M.N様も
『持っている服だけでこんなに素敵に見える着こなしができるなんてビックリ!』と感動されていました!

喜んでいただけて私もとっても幸せです♪

そしてこのコーデの中から一番ワクワクしたというコーデを選んで頂きます。
『全部素敵で迷う!!』と言いながらも、M.N様が選んだのはオーバーオールのコーディネートでした♡

一番ワクワクするコーデを身につけて、次のメイクレッスンへ!

メイクレッスンで蘇るコスメたち

まずは、お顔とパーツの診断をさせていただきます。イラストを参考にしながら、お顔の輪郭、眉・目・鼻・口など各パーツの特長を伝えていきます。改めてお伝えすると、意外とご自身のお顔をしっかり把握していない方が多いです。毎日鏡でお顔を見ていますが、実は全体を眺めているだけで、『私は〇〇目です!』ってパーツ一つ一つしっかり認識している方は少ないです。


次はスキンケア、コスメ診断をしていきます。


M.N様は肌悩みとフェイスパウダーの使い方、アイラインの引き方について特に教えて欲しい!とのことでした。

私がその場でメイクをして綺麗になりました!それだけではなく、明日からご自身で活かせるメイク術を伝えることを心がけています。

まず、30代〜40代のママさん、肌作りが命
M.N様はお持ちのBBクリームだけではシミが隠せないため、上にファンデーションを重ね、更にパウダーをされていました。
重ねれば重ねるほど、厚塗り感が出てしまい、老けて見えてしまうため、薄く塗るということに意識していただくように伝授。

まずBBクリームを全体に塗ります。
この時点で全くシミは隠れず、カバー力の無さを実感しましたが、お持ちのコンシーラーを頬に重ねていくと…

『あれ?!すごい!綺麗に見える!』と感動されていました!

みなさん意外と使っていないコンシーラー
実はアラサー、アラフォーさんには必須アイテムなんです。

シミやクマはファンデーションではなくコンシーラーで隠す。
これ、必須ですよー!!!

この時点でシミのカバーはOK。
そして使い方が分からないと言っていたフェイスパウダー。

パウダーは付け過ぎに注意。
パフについたパウダーを手で揉み、しっかりパフに馴染ませていきます。

そして、パウダーをつけるところはテカリやすい部分だけ。
全体をつけてしまうと全てマット肌になってしまい、顔の立体感が減ってしまうんです。

ここでお子様がお膝にちょこん♡
鶴を作って嬉しそうなお子さん♪とても可愛かった〜!

先ほども伝えましたが、アラフォーは肌作りが命です!
ベースメイクにとても時間をかけてお伝えしました♪

そして、書き方が難しいと言っていたアイライン。
アーモンド型の目の形を活かした弾き方をお伝えしました。ポイントはたったの3つ。

1.1本の線を引くのではなく、点と点を繋げ、まつ毛の生え際を埋めるように描く。
2.ペンシルを持っていない方の手で目蓋を持ち上げて描く。
3.顔の真下に鏡を置き、覗き込むようにして描く。

これだけでとっても簡単にナチュラルなラインが弾けます。
左側をすぐに実践して頂きましたが、とても上手に描けていました!
明日からすぐに使えますね♩

ちょっとしたポイントでこんなにも変わる。

メイクって一つのアイテムを使うことで、劇的に変化するものではありません。
一つひとつの小さな積み重ね、ちょっとしたコツの積み重ねによって雰囲気が変わってくるんです。

みなさんもできるところ、一つずつ挑戦してみてくださいね。

当日の訪問内容はここで終了です!最後に廊下に出て、仕上がり写真を撮りました。
理想のイメージ=明るくて幸せそうなママさんに合う装いができましたね。ご本人も私も大満足!*自画自賛ですみません(笑)

M.N様、ありがとうございました!とてもとても素敵です!夏休み、ぜひご家族とたくさんお出かけしてくださいね!

さて、本番はこれから!

一日ではちょっとしたコツは掴んでも、センスがぐ~んとアップすることはできません、学んだことを明日から少しずつ実践して、そしてセンスの良い環境に自分を浸すことが大事です。

ここから、3週間は、センスアップトレーニング(言い方が固いね、やるのは楽しい内容ですよ!) 一緒に実践していただきます。

1.お宅訪問  終了
・ファッションコーチング
・ワードローブ診断
・メイクレッスン
これからは↓↓↓
2.Instagram によるセンスアップトレーニング
3.フォローアップ
4.買い物同行

Instagramを毎日10分ほど眺めているだけで、なんと3週間後、センスが劇的に変わります!
3週間後が楽しみですね♩

今週もママさんのお宅を訪問します^^
また内容を皆様にお伝えしていきますね!

今までの記事はこちらから

◇最低限4ステップ時短メイクで簡単美人顔
◇洋服の簡単なお手入れの方法
◇2019年秋冬トレンドカラーは“パープル”
◇ママ友で忘年会!おしゃれで防寒対策バッチリのスタイリング10選
◇お姑さん受け抜群!帰省ファッションポイントは“動きやすさと上品さ”
◇コスメ断捨離のコツ
◇正月太りをカバーする着痩せ術
◇2月のコーデのポイントは爽やかさ。コーデ12選

関連記事

  1. 三郷中央におどり公園

  2. 【参加募集】10/21(日)かぼちゃランタン作り&家族仮装写…

  3. 「PTA」転ばぬ先の杖。役員の決め方、やっぱり大変?体験談な…

  4. ロカボ(低糖質食事療法)で体質改善。やりすぎはよくない!?

  5. 「ファッションとインテリアと空間と」

  6. その時どうだった?妊婦&ママの救急体験談|自然・切迫流産、切…

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

最近の記事

PAGE TOP