[今日の輝くママ友]Vol.13「つくば自然育児の会 代表」の「島﨑香予子」さん

vol.13 島﨑 香予子 さん

【プロフィール】
何してる? つくば自然育児の会代表を務める。
(http://tsukubamothering.blog.fc2.com/)
母乳育児をしているママ同士が、共に学び合いながら子育てしていくサークル。
毎月、助産師や講師を招いて、食やお手当て(自然療法)など自然な育児にまつわる講話を聞くことができる。
お子さん 8歳男の子(小3)と3歳男の子

Q1.現在のサークルに加入したきっかけを教えて下さい。

―つくば自然育児の会の数あるテーマの中に、”自然食”や”オムツなし育児”があって、
それがインドでの生活を通してリンクしたのがきっかけです。

インドの様子。画像は島﨑さんからお借りしたもの

日本は食生活に恵まれていると思ったのは、夫の転勤でインドに住んでいた時のことで、上の子が1歳半でした。
インドでは安心で安全な食材を入手することが難しかったんです。例えば、日本の調味料や、オーガニックの野菜を求めようとすると、高いし、買い物に遠くまで行くしかなくて不便。「日本は恵まれているなぁ」と、すごく思いました。改めて、食の大切さを知りました。

オムツなし育児について言うと、家では子どもにオムツをはかせず、下半身を裸で過ごしている、というご家庭が周りに多かったんです。息子も思い切ってオムツを外してみたら、自然と自分で排泄コントロールが出来るようになりました。人間の本能なのでしょうか。
帰国して試しに日本製のオムツを履かせたら、逆に排泄コントロールを失ったみたいで。
日本製のオムツは吸収性が良くて、おしっこした感覚が分からなくなったみたいです。

Q2.在宅の仕事も同時にされていたそうですが、育児と仕事の両立はどうでしたか。

―育児とは違う環境に身をおいて責任ある仕事を任されると、生活にメリハリが出るし、お金の大切さを再認識できたし、パソコンスキルも身に付いて、良いこともたくさんありました。

ただ、私個人的な意見ですが、下の子が幼稚園に通い出してからでも遅くなかったのかも、と今は思います。
息子たちを21時までに寝かしつけて、それから仕事をしていたので、睡眠時間があまり取れず体調を崩すこともありました。
夫への在宅ワークに対する説明や理解も足りないところがあって、なかなか協力してもらえる環境を家庭内で作れなかった事も要因かもしれません。

Q3.こだわりの育児法があれば教えてください。

―こだわりはないんですけど、夫と仲良くしています。息子たちに「結婚っていいなぁ」と思ってほしくて。
それに加えて、いつも息子たちに伝えていることは「歳の小さい子と女の子には優しくしようね」ということです。
夫は自然と女性に優しく接することが出来る人で、きっとそういう家庭で育ってきたんじゃないかと思います。
だから、息子たちにも夫のように育ってほしいと願っています。重い荷物を持ってあげたり、ドアをサッと開けてあげたり、そんな男性になってくれたらいいですね!

もし、育児で悩んだり、困ったりしたことがあったら、育児本を開くより、先輩ママに直接悩みを聞いてもらい相談に乗ってもらいます。
その時その時で実体験に基づいた解決法やアドバイスを教えてもらえるので、とても助かっています。

Q4.今年の夏からカンボジアでの生活が始まるそうですが、とくにお子さんに期待することはありますか?

―いろんな国の人と触れ合うことで、自分もそのいろんな国の人の一人だと感じてほしい。
そして、外から見た日本っていいなぁと思ってもらえたらいいです。

Q5.最後に、将来やりたい事や夢があったら教えてください。

―日本でフォーの専門店をやりたいと思っています!
夫の転勤でラオスに行ったとき、毎日通いたくなる程おいしいフォー専門のレストランがあったんです。このフォーをいろんな人にお腹いっぱい食べさせてあげたい!と思って。
オシャレなアジアンキッチンとかではなく、街中にある誰でも気軽に立ち寄れる庶民的なお店にしたいです。
カンボジアで生麺のフォーを習得することが目標で今から楽しみです。日本で本格的なフォーを提供できるように研究してきます!

おもてなし好きな島﨑さん。手作りフォーおいしかった!

取材を終えて…

海外生活で良いも悪いも経験し、その経験を通しての発見や気づきを子育てやサークル活動へと活かし、実践されている島﨑さん。日本の外に出たことで、日本の良さも分かったと仰っていました。
もし悩み、行き詰ってしまったら、今の自分から少し離れて、違う角度から観察してみるのも良いかもしれません。そしたら、またその先の新たな自分に出会うことが出来るのではないでしょうか。
島﨑さん、ありがとうございました!

[輝くママ友、みーつけた!]
Vol.1「なつめや」の「やまざきともよ」さんはこちらから
Vol.2「地域レポーター」の「森光 絵里加」さんはこちらから
Vol.3「元小学校教員」の「谷」さんはこちらから
Vol.4「専業主婦」の「木村」さんはこちらから
Vol.5「建築業広報・PR担当」の「遠峯」さんはこちらから
Vol.6「あん摩マッサージ指圧師」の「高橋」さんはこちらから
Vol.7「在宅ワーク テスト採点業務担当」の「セイコ」さんはこちらから
Vol.8「スーパーでパートタイム勤務」の「菅野 しおり」さんはこちらから
Vol.9「託児補助と子育て支援員」の「聖美」さんはこちらから
Vol.10「趣味はイラスト」の「青木 茉悠」さんはこちらから
Vol.11「子連れママが通えるヨガ教室主宰」の「沼田 泰子」さんはこちらから
Vol.12「産後TOMOサポ&ヨガ教室主宰」の「ゆーみん」さんはこちらから

(ライター mayumi)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介