正月太りをカバー!気になる部位別
着痩せ術〜ママのためのおしゃれレッスン〜

元保育士パーソナルスタイリストのグケートまゆみです。個人様向けにスタイリングやメイクのレッスンをしています。こちらのコラムでは、毎日忙しいママさんが、効率的におしゃれを楽しめるようになるコツをたっぷりお届けします!

元保育士パーソナルスタイリスト
グケートまゆみ

幼稚園教諭、保育士の経験を活かし、
ママ向けにファッションやメイクのレッスンをしている。

詳しいプロフィールはこちらから
グケート まゆみ

インスタアカウント@mayumi_guckert

前回までの記事はこちら

最低限4ステップ時短メイクで簡単美人顔
洋服の簡単なお手入れの方法
2019年秋冬トレンドカラーは“パープル”
ママ友で忘年会!おしゃれで防寒対策バッチリのスタイリング10選
お姑さん受け抜群!帰省ファッションポイントは“動きやすさと上品さ”
コスメ断捨離のコツ

 

出典:アンスプラッシュ

みなさん、お正月休みはいかがでしたか?
お正月は美味しいものがたくさん出ている時期なので、つい食べ過ぎてしまいますよね。

そんな食べ過ぎてしまったあなたも大丈夫。
今回は、気になる部位別に着痩せして見えるスタイリング術をお伝えします。

上半身・二の腕

上半身、二の腕が気になるあなたへ、オススメのスタイリングを紹介します。
特に上半身は顔まわりのため、着痩せして見せたい時は膨張色である白や暖色系よりも、締まって見える寒色系を選んでみて。

タートルを選ぶならザックリしたものを

タートルネックはピタっとしている細身のものもありますが、肉感が出てしまうため着痩せしたいときのタートルはザックリしたニットが◎

 

この投稿をInstagramで見る

 

@galerievie_jpがシェアした投稿

ふわふわ素材+Vネックで細見え

ふわっとしたモヘア素材は、気になる二の腕をカバーしてくれる最強アイテムです。
さらにVネックの形で鎖骨を見せることで、きゃしゃなイメージが出せるので、細見えの印象がアップします。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOMORROWLAND_Womens(@tomorrowland_womens)がシェアした投稿

ボウタイで縦の目線を

今季流行のボウタイブラウスは、着痩せ効果抜群のアイテム。
縦のラインが入ることで、スラッとして見えますね。
色は落ち着いたブラウンのカラーだと取り入れやすいですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAILA(@baila_magazine)がシェアした投稿

下半身・ウエスト

下半身、ウエストはアイテム別にオススメの形、着こなしを紹介していきます。真似できそうなところから取り入れてみてくださいね。

スカートなら広がるものを

タイトなスカートは太ももやウエスト周りが目立って見えます。
今季流行のプリーツスカートは、トレンドと細見えどちらも叶う優れもの♡

 

この投稿をInstagramで見る

 

ADAM ET ROPÉ(@adametrope)がシェアした投稿

センタープレスのパンツで細見え

膨張色と言われている白でも、センタープレスなら大丈夫。
ハイヒールを合わせることで、よりスラッとして見せられます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAILA(@baila_magazine)がシェアした投稿

ロングコートで、簡単にできるウエストマーク

ロングコートなら基本的にはどんなコートでもウエストマークができます。
専属のベルトがないのであれば、コートに合わせた色のベルトを用意して、マークしてみて。きっと素敵なスタイリングになりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Theory(@theory__)がシェアした投稿

小顔に見せるメイク術

メイクで小顔に見せるためには、光と影を操ることなんです!
難しそうに聞こえますが、一度自分の顔と向き合い、どこに光を入れれば鼻筋が通り、シュッとして見えるのか、どこに影を入れればあご周りがシャープに見えるのかを探してみてくださいね。

基本的な場所をお伝えしますので、ぜひご自分の顔で試してみてください。

ハイライト

ハイライトは光を与え、顔に立体感を出す役割があります。乾燥する冬にオススメなのはバームを使うこと。
こちらのバームなら、100%植物性なので敏感肌の方も安心して使って頂けます。リップクリームとしても使え、コンパクトなので持ち運びに便利です。

鼻筋の高く見せたいところに点で置き、目の下の部分にも点で置きます。
光が当たったときにツヤっと光って見えたら成功です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

パーソナルスタイリスト(@mayumi_guckert)がシェアした投稿

DAM DAM
リップアンドスキンバーム
2,800円

ローライト

ハイライトとは反対に、自分の肌より暗い色のパウダーやペンシルで、影を作り出し、顔に立体感を出すことをローライトやシェーディングと言います。

パウダータイプがよく売られていますが、ブラシでつけることになり手間がかかります。

このようなスティックタイプのローライトなら、顔に直接かけるので誰でも簡単に小顔が手に入ります。

オススメの場所は、あごの下。
左右のあごのラインに沿って線を引き、伸ばしていきます。
また、あごから喉仏にかけて1本の線を引き、伸ばしてください。

最後に、指でトントンと馴染ませ、鏡を見たときに顔が引き締まって見えたら、バッチリです◎

 

この投稿をInstagramで見る

 

Heiseihajime(@heiseihajime)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mariko0212lucky(@mariko0212lucky)がシェアした投稿

いかがでしたか?
簡単な着痩せ術を利用して、素敵なママライフを過ごしてくださいね。

お知らせ

記事を読んで興味を持ってくださった方に朗報です!
ただいま『ママのためのファッションコンサル』無料体験モニターを募集中!

通常◯万円するサービスが、つくばエクスプレス線沿いにお住まいのママ限定で無料となります。
この機会にファッションの見直しをしてみませんか?

詳細はこちらよりご覧ください。
ママのためのファッションコンサル

著者プロフィール

元保育士パーソナルスタイリスト
グケートまゆみ

背が高いことがコンプレックスで暗い性格だった思春期を、ファッションやメイクで自分自身を変えることで乗り越える。

ファッションやメイクで人生が変わった経験を他の人にも伝えていきたいという想いから、保育士をしながら本格的にファッションとメイクの勉強を始める。

保育士退職後、セレクトショップで1000人以上の接客に携わりながら、メイクの資格を取得、またパーソナルスタイリスト試験TOPSSを最高グレードで合格する。
現在パーソナルスタイリストとして活動している。フランス人夫と2人暮らし。

詳しいプロフィールはこちらから
グケート まゆみ

インスタアカウント@mayumi_guckert

関連記事

  1. ベジラボコラム連載終了 今までありがとうございました!

  2. 第30回 下ごしらえで時間短縮!!

  3. 第34回「旬の野菜6月 ズッキーニ」

  4. 第7回 子育ての軸、持っていますか?

  5. 第18回「お雛祭り」

  6. 第12回「年始にふさわしい素敵な絵本」

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

  1. 化学流産
  2. 産後ノイローゼ

最近の記事

  1. 化学流産
  2. 産後ノイローゼ
PAGE TOP