第45回「空芯菜」

BL_ttl_kubo2
空芯菜空芯菜(ヒルガオ科サツマイモ属)は、ここ最近よく出回るようになった野菜です。

その名の通り茎が空洞になっており、葉はねばりがあり、茎はシャキシャキ。
味にくせがないので青菜炒めの定番です。
高温多湿の中国南部や東南アジアの水田に自生しており、台風で茎が折れても、すぐにわき芽が出るので、古くから沖縄で栽培されていました。
6月下旬から11月頃まで出回るので葉境期には重宝する野菜です。

空芯菜の炒め物我が家では空芯菜のナンプラー炒めが大人気です。
作り方はいたって簡単。みじん切りにしたニンニクを油で炒め、ザクザクに切った空芯菜を軽く炒めてナンプラーで味をつけるだけです。
ポイントは食べる直前に調理すること
火を通すとあっという間に黒く変色してしまうので、家族がテーブルについてから炒めてもいいくらいです。

栄養的にもビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含み、高い抗酸化作用のほか、老化予防、美肌作用、夏バテ防止と多くの効果があるので、夏の健康野菜NO.1といえますね。