お姑さん受け抜群!帰省ファッションポイントは“動きやすさと上品さ”
〜ママのためのおしゃれレッスンvol.5〜

元保育士パーソナルスタイリストのグケートまゆみです。個人様向けにスタイリングやメイクのレッスンをしています。こちらのコラムでは、毎日忙しいママさんが、効率的におしゃれを楽しめるようになるコツをたっぷりお届けします!

元保育士パーソナルスタイリスト
グケートまゆみ

幼稚園教諭、保育士の経験を活かし、
ママ向けにファッションやメイクのレッスンをしている。

詳しいプロフィールはこちらから
グケート まゆみ

インスタアカウント@mayumi_guckert

前回までの記事はこちら

最低限4ステップ時短メイクで簡単美人顔
洋服の簡単なお手入れの方法
2019年秋冬トレンドカラーは“パープル”
ママ友で忘年会!おしゃれで防寒対策バッチリのスタイリング10選


出典:アンスプラッシュ

あっという間に年末がやってきましたね。
おせちの準備に年賀状、大掃除など新年を迎える準備がたくさんありますよね。
その中でもママたちが一番気を使うことが「夫の実家へのごあいさつ」だと思います。

今回の記事はどんな服を着ていけば良いかについてお伝えします。

■目次

これだけはNG!3つのポイント

オススメの着こなしを紹介する前に、これだけは避けておきたい3つのポイントを紹介します。
「うちのお姑さんはやさしいから大丈夫」という方も、基本的なマナーはおさえておきたいですよね。

では紹介していきます。

1.デニム、ジーンズ(もともとは作業着で使われていたため、新年のあいさつには向かない)
2.肌の露出が多いもの(下品な印象を与えてしまう)
3.素足、裸足(夫の実家だけでなく、人の家に上がるときは避ける)

とても基本的なマナーですが、仲が良いとつい忘れてしまいがちです。
これらのポイントを頭に入れて、オススメのスタイルを紹介していきます。

パンツスタイル4選

動きやすさが好評なパンツスタイル。
手伝うことが多いママにオススメのスタイルを紹介します。

程よいワイドパンツで上品に

白のパンツが爽やかなスタイリング。
ワイドパンツでも太すぎず、センタープレスが入っているのできれいに履くことができます。

この投稿をInstagramで見る

星 玲奈(@reinahoshi1015)がシェアした投稿

防寒対策と動きやすさ、どちらも叶うスタイリング

初詣に行く方にオススメのスタイリング。
動きやすいので、テキパキ手伝えるのはもちろんのこと、ダウンがあれば家族での初詣も寒くない!
コートの色が暗めなときは、トップスやボトムスに明るい物を取り入れることをオススメします。

この投稿をInstagramで見る

Theory luxe(@theory_luxe_official)がシェアした投稿

 

ニットonニットで柔らかいイメージに

優しいイメージでいきたい方にオススメのスタイリング。
ニットの上に違うカラーのニットを重ねることで、温かく過ごせます。
また、上品に見えますよ。

この投稿をInstagramで見る

Oggi編集部(@oggi_mag)がシェアした投稿

同系色でまとめた落ち着いた着こなし

グレー系の色は控えめで落ち着いた印象を与えることができます。
パンツはオフの日だけでなくオンの日にも使えるので便利ですね。
コートは白系にしても柔らかい雰囲気になるので◎

 

この投稿をInstagramで見る

 

Theory luxe(@theory_luxe_official)がシェアした投稿

スカートスタイル4選

新年はいつも食事へ行ったり、お参りへ行ったりするという方にオススメのスカートスタイルを紹介します。
膝が見えているスカートは下品に、マキシ丈スカートはカジュアルになってしまうため、エレガントに見える丈の長さ、ミモレ丈(ふくらはぎの中間くらいの長さ)を選んでみてくださいね。

ネイビーに花柄の定番ワンピース

お姑さんが好きな、ザ・ワンピースと言えば花柄。
やや大きめの柄を選ぶことでカジュアルにならずに着こなせます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOMORROWLAND_Womens(@tomorrowland_womens)がシェアした投稿

清楚(せいそ)感が演出できるチェック柄

タイトすぎないこちらのスカートは動きやすいので◎
チェックスカートを選ぶときは、幼く見えがちなので、いつも以上に上品に見せることを意識してくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAILA(@baila_magazine)がシェアした投稿

着回しのきくスタイリング

ワンピースの下にふわっとしたスカートを履いて、スタイリッシュに。また、実家に泊まった次の日は、ロングスカートをメインで履いたり、ワンピースの下にパンツを合わせる着こなしができるので2,3泊する方にオススメです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

雑誌CLASSY.、CLASSY.ONLINE公式インスタ(@classy_mag_insta)がシェアした投稿

自然体なイメージを演出できる

温かみのあるこちらのスタイリングは、レトロなワンピースがどこか懐かしい印象を与えてくれるので、お姑さんも気に入ってくれるはず。
コートは丈の長いものがオススメです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

UNITED ARROWS(@unitedarrows_official)がシェアした投稿

いかがでしたか?
おしゃれを楽しみながら、お互いが気持ちよく新年を迎えられるといいですね。

ちなみに、化粧は控えめが◎
スッピンも濃すぎることも印象がよくないので気を付けましょうね。

次回は、コスメの断捨離についてお伝えします。

お知らせ

記事を読んで興味を持ってくださった方に朗報です!
ただいま『ママのためのファッションコンサル』無料体験モニターを募集中!

通常◯万円するサービスが、つくばエクスプレス線沿いにお住まいのママ限定で無料となります。
この機会にファッションの見直しをしてみませんか?

詳細はこちらよりご覧ください。
ママのためのファッションコンサル

著者プロフィール

元保育士パーソナルスタイリスト
グケートまゆみ

背が高いことがコンプレックスで暗い性格だった思春期を、ファッションやメイクで自分自身を変えることで乗り越える。

ファッションやメイクで人生が変わった経験を他の人にも伝えていきたいという想いから、保育士をしながら本格的にファッションとメイクの勉強を始める。

保育士退職後、セレクトショップで1000人以上の接客に携わりながら、メイクの資格を取得、またパーソナルスタイリスト試験TOPSSを最高グレードで合格する。
現在パーソナルスタイリストとして活動している。フランス人夫と2人暮らし。

詳しいプロフィールはこちらから
グケート まゆみ

インスタアカウント@mayumi_guckert

関連記事

  1. ベジラボコラム「子どもの野菜嫌いをなくす方法 その6」

  2. はちみつショウガ

    第15回「ショウガの効能」

  3. ベジラボコラム連載終了 今までありがとうございました!

  4. 授乳回数の減らし方|断乳・卒乳のうまくいくやり方 母乳育児第…

  5. 里芋

    ベジラボコラム「芋煮と十五夜」

  6. 枝豆の呉汁

    ベジラボコラム「旬の枝豆」

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

最近の記事

PAGE TOP