ママ友で忘年会!シチュエーション別
スタイリング8選〜ママのためのおしゃれレッスンvol.4〜

元保育士パーソナルスタイリストのグケートまゆみです。個人様向けにスタイリングやメイクのレッスンをしています。こちらのコラムでは、毎日忙しいママさんが、効率的におしゃれを楽しめるようになるコツをたっぷりお届けします!

元保育士パーソナルスタイリスト
グケートまゆみ


幼稚園教諭、保育士の経験を活かし、
ママ向けにファッションやメイクのレッスンをしている。

詳しいプロフィールはこちらから
グケート まゆみ

インスタアカウント@mayumi_guckert


前回の記事はこちらから
最低限4ステップ時短メイクで簡単美人顔
洋服の簡単なお手入れの方法
2019年秋冬トレンドカラーは“パープル”

今回のテーマは、ママ友で忘年会!シチュエーション別スタイリング8選を紹介します。


出典:アンスプラッシュ

■目次

子連れランチ会の着こなし3選

子どもが一緒のランチ会の服装は、より気を使うもの。
ホームパーティーでは手伝ったり、もてなしたりしたいから、動きやすさは必須ですね。

お店などで開催する場合は、いつもよりドレスアップしていきたいけれど、嫌味にならないように気をつけたいですよね。

それぞれのシチュエーションに分けて紹介します。

ホームパーティー

時短が叶うスタイリング

ニットワンピースは1枚でおしゃれな印象を与えられるので時短になりますね。
家に上がるので着脱がしやすいスニーカーが◎
アウターは荷物になるので、大判のストールを持っていくと膝掛けにも使えるのでオススメです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

雑誌CLASSY.、CLASSY.ONLINE公式インスタ(@classy_mag_insta)がシェアした投稿

シンプルだけど洗練された着こなし方

ニットの下に白シャツを重ねるだけでこなれ感が簡単にアップしているこちらのスタイリング。
タートルニットを着たときにはヘアはアップすると顔周りがスッキリ見えます。
また、短い靴下は脱げやすいので、足首がかくれる靴下を持っていき、上がるときに履くこともオススメです。

この投稿をInstagramで見る

雑誌CLASSY.、CLASSY.ONLINE公式インスタ(@classy_mag_insta)がシェアした投稿

お店で開催するランチ会

ひと手間省けるスタイリング

今季トレンドのCPOジャケットを着ていけば、コートを脱がなくても良く、手間が省けるスタイリングです。
一見カジュアルに感じるスタイリングですが、柄物のスカートで華やかさを演出できます。
足元は、ショートブーツや、ローファーが合います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOMORROWLAND_Womens(@tomorrowland_womens)がシェアした投稿

夜会の着こなし5選

子どもを預けての忘年会は、
普段とちょっと違う雰囲気になって行きたいですよね。
いつもだったら着られない服や靴でママの息抜きができるといいですね。

気軽な居酒屋での会と、高級店の会に分けて紹介します。

居酒屋での忘年会

かっこいいママに印象をチェンジ

いつもはニコニコなママもこんな日はかっこいいママにイメチェンしてみましょう。
パンツ、ニット、アウター、バッグ、パンプス、それぞれの素材を違うものにすることで、簡単におしゃれに見えるんですよ!
全部を変えるのは難しいという方はトップス、パンツの素材を変えてみることからチャレンジしてみて。

この投稿をInstagramで見る

田丸麻紀(@tamarumaki)がシェアした投稿

顔まわりが明るく見える着こなし

白、ベージュ系で統一したこちらのコーディネートは、高級感のある着こなしになります。居酒屋は、ほとんどの場所が暗い照明を使っていますので顔まわりが暗く見えがちです。トップに白を持ってくることでレフ板効果もありますよ。

また、ロングブーツは今季のトレンドなのでぜひ取り入れてみてくださいね。

この投稿をInstagramで見る

DES PRÉS(@despres_jp)がシェアした投稿

高級レストランでの忘年会

同系色でエレガントな着こなし

トーンを統一させることで、エレガントな印象になるこちらのスタイリング。
普段はあまり着る機会がないようなレースのスカートで、気分が上がりますね。
アウターはショート丈の物か、思いきり丈の長い物がオススメです。
色は黒や紺系が合いますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naoko Okusa_official(@naokookusa)がシェアした投稿

トレンドのオールホワイト

コートを脱ぐとオールホワイトがエレガントなこちらのスタイリング。
難しそうに見えるコーディネートですが、手持ちの白い服で組み合わせてみて。
おしゃれに見えるポイントは、白どうしでも素材を違うものにすること。
コートはお店で預けることがあるため、ブラシでケアをしてから着ていくことをオススメします。

この投稿をInstagramで見る

星 玲奈(@reinahoshi1015)がシェアした投稿

一点カラー投入で目を引くママに

全体のトーンはネイビーで上品に引き締めているので、スカートに色物を入れても落ち着いた印象になるこちらのスタイリング。
普段はなかなか履けない色物を思いきり楽しんで。

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAILA(@baila_magazine)がシェアした投稿

いかがでしたか?
おしゃれを楽しみながら、ママ友と楽しい時間を過ごせるといいですね。

次回は、新年のご挨拶に何着ていく?夫の実家での印象アップファッション、メイクを紹介します。

お知らせ

記事を読んで興味を持ってくださった方に朗報です!
ただいま『ママのためのファッションコンサル』無料体験モニターを募集中!

通常◯万円するサービスが、つくばエクスプレス線沿いにお住まいのママ限定で無料となります。
この機会にファッションの見直しをしてみませんか?

詳細はこちらよりご覧ください。
ママのためのファッションコンサル

著者プロフィール

元保育士パーソナルスタイリスト
グケートまゆみ

背が高いことがコンプレックスで暗い性格だった思春期を、ファッションやメイクで自分自身を変えることで乗り越える。

ファッションやメイクで人生が変わった経験を他の人にも伝えていきたいという想いから、保育士をしながら本格的にファッションとメイクの勉強を始める。

保育士退職後、セレクトショップで1000人以上の接客に携わりながら、メイクの資格を取得、またパーソナルスタイリスト試験TOPSSを最高グレードで合格する。
現在パーソナルスタイリストとして活動している。フランス人夫と2人暮らし。

詳しいプロフィールはこちらから
グケート まゆみ

インスタアカウント@mayumi_guckert

関連記事

  1. 赤ちゃんの歯の卵はどんな形?自己犠牲のエナメル芽細胞。赤ちゃ…

  2. おつきみうさぎ

    第48回「お月見に読みたい絵本」

  3. ウール・カシミヤのニットを長持ちさせるお手入れの仕方〜ママの…

  4. 「ファッションとインテリアと空間と」

  5. にんじん

    ベジラボコラム「子どもの野菜嫌いをなくす方法 その8」

  6. インテリアが華やかになるスワッグの作り方

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

  1. 化学流産

最近の記事

  1. 化学流産
PAGE TOP