おどろきの手紙から始まった平成最後の年賀状づくり


クリスマスに大掃除と、なにかとイベントの多い12月。スケジュール表は予定でいっぱいという方も多いかと思います。そんななか毎年ギリギリまで放置して、あとで後悔するのが年賀状づくり。我が家は、身近な友人にはメールやLINEなどで新年のあいさつを済ませてしまいますが、なかなか会えない友人には久しぶりの近況報告として、親戚や職場の人には日頃の感謝の気持ちを込めて送っています。

年賀状を送る大切さを教えたい!


先日、さいきん字が上手に書けるようになってきた息子にサンタさんへお手紙を書いてもらいました。すると・・・

『クリスマスまでいいこにしているのでルパンレンジャーのおもちゃください』

なんてシンプルな手紙!
サンタさんを気づかう言葉ゼロ!!
しかもクリスマスまでしかいいこにしない宣言!!

「お元気ですか?」「いつもありがとう」とかないの?!と言ってみたら『おもちゃください』のあとに小さく「おげんきですか?」とやっつけで書かれてしまいました。

某幼児教材で4月からあったかお手紙を送る楽しさやうれしさを学んでいたと思っていたのに・・・年賀状を送ることでいつもお世話になっている人に感謝する気持ちを大切にしてもらいたい!というわけで、今年は、祖父母やクラスの先生方に、子どもと一緒に手作り年賀状を作ってみることにしました。

幼児も簡単!スタンプでイノシシ

せっかくなので2歳の娘にもできそうな簡単なものを探した結果、型紙とスタンプを使って来年の干支イノシシを作ることにしました。

  • まずは、画用紙でイノシシの形に切り抜きます。


  • 続いて、子どもにスタンプで思う存分ペタペタしてもらいます。


  • さいごに、目をつけたり一言を添えて、しっかり乾かしたら完成!


スタンプのインクは、べったりと付くのかと思いきや薄く付くので、力の加減でグラデーションになりキレイに仕上がりました。さわると手などにインクが付きやすいので、ティッシュで押さえるか、100均で売っているラミネートシールで保護すると、他の年賀状が汚れる被害を防げると思います。

目の部分は、同じく100均に売っていためだまシールを使いました。きょろきょろと揺れてかわいいのでオススメです!




年賀はがきへの装飾は6g以下であれば送ってもらえます。紙やシールなどを貼り付ける場合は剥がれないようにしっかりとのり付けをしてください。

消しゴムハンコに挑戦!

100均で年賀状の材料を探していたら消しゴムハンコを見つけました。
そういえば、はるかむかしにクラスメイトが熱中して作っていた気がしますが、不器用な私には縁がないものと思っていました。売り場には、彫刻刀トレーシングペーパーもそろっていて、作り方を読んでみると意外と簡単そう・・・?必要なものを全部そろえても300円なのでチャレンジしてみました!

  1. 1.トレーシングペーパーに鉛筆で絵や文字を書く
  2. まずは、下絵を描きます。トレーシングペーパーを初めて手にする私ですが、薄い紙なので簡単に描きたいイラストをなぞることができました。

  3. 2.消しゴムに写す
  4. トレーシングペーパーに描いた面を消しゴムにのせて、指でこすって写します。ふわっとのせただけでも鉛筆の跡が残るくらいなので少しこするだけで簡単に写せました。

  5. 3.カッターや彫刻刀などで外側へ彫る
  6. ここが一番大変でした。力を入れすぎると切りすぎたり指を切りそうになって危ないので、少しずつ掘り進めていきます。
    そして仕上がりはこちら・・・

私が知っているハンコとは程遠い見た目なのですが、とりあえずドキドキしながらインクを付けて押してみると・・・

ちゃんとハンコになってる!これは楽しい!
少し掘っただけでもしっかり模様が出せました。子どもたちも何度も押して楽しんでくれて、はじめての消しゴムハンコ作り大成功です!

フォトスタジオで年賀状用の写真撮影

我が家は、毎年写真付きの年賀状を送りますが、今年は子どもたちが七五三ということもありキレイな写真で年賀状を作りたい!と思い、ずっと気になっていた柏の葉Tサイト内にあるフォトスタジオ『Sarah House(サラハウス)』に行ってきました!

時間内なら衣装は何着でも無料とのことで、我が家は七五三の着物と、おしゃれなお洋服を貸してもらって撮影しました。




しかもヘアセットも無料!キラキラと差し込む光の中で髪形もかわいくセットしてもらい、とてもステキに撮ってもらいました。予約した時間内は貸切なので、子どもたちが騒いでも周りを気にせず、アットホームな雰囲気で撮影できたのもよかったです。自分が撮影した写真だと光のキラキラ感がなかなか出ないのでプロのカメラマンさんに撮ってもらった写真を使って年賀状印刷が楽しみになりました!

柏の葉Tサイトフォトスタジオ『Sarah House(サラハウス)』ホームページはこちらから

我が家の年賀状づくり、今年は年末に慌てなくてすみそうです。作る前はおっくうでも、作り出すと楽しい年賀状づくり。皆さまもステキな年賀状を作ってくださいね!

*****************************************************************

(ライター niriko)

**「niriko」の記事はこちらから**
編集部 メンバー紹介