どこにする?幼稚園のプレ保育~流山周辺まとめ~

母になるなら流山。
そんなキャッチフレーズをテーマにした流山市には今たくさんの子どもがいる家庭が移住してきています。
子育て世代である30代、40代をターゲットにしている為、
ちょうど幼稚園に入る頃の子どもが急増しました。

移住したてで右も左もわからず、どこの幼稚園がいいのかな?と悩んでるご両親も多いことと思います。
まずは年少に入る前の年に参加できる「プレ保育」に参加して、
お子さんやご両親に合った幼稚園を探してみてはいかがでしょうか。

流山周辺の幼稚園のプレ情報をまとめてみました。
※記載の日時等は2018年度の内容になりますので、詳細は各園にお問い合わせ下さい。

平和台幼稚園・南流山幼稚園

○平和台幼稚園
住所:千葉県流山市平和台4-62-27 TEL:04-7158-5617
○南流山幼稚園
住所:千葉県流山市流山2526 TEL:04-7159-7050

【園・プレの特長】
子どもたちに素晴らしい未来を。幼児教育ほど、人生にとって大切なものはありません。愛情に満ちた楽しい幼稚園生活を送ることにより、豊かな情操を養い、道徳の芽ばえを培うことができます。
幼児期に著しく発達するのは幼児の感情です。従って感情教育は、幼年期におこなわなければなりません。このことをみても、早期に幼稚園教育をする必要性があります。

プレ名称 平和台・南流山幼稚園プレ保育
プレ実施日 午前9時30分~10時45分
平成30年
6月30日(土)
7月21日(土)
9月15日(土)
10月20日(土)
11月17日(土)
12月15日(土)
平成31年
1月19日(土)
2月16日(土)
母子分離

※平和台幼稚園のみ、
平成31年
1月19日(土)
2月16日(土)の2回のみ母子分離

費用 年間3,000円 プレ給食
申込時期 平成30年2月1日10時~WEBにて先着順 プレ定員 96名(1クラス16人、教諭3名)
ママの声 広い園庭で多くの友達と遊べて、大好きな音楽を沢山学べる環境が親子で気に入りました。

みやぞの幼稚園

住所:千葉県流山市宮園2-8-11  TEL:04-7159-3954

【園・プレの特長】
開園40周年を迎えました。
「いつもにこにこ元気よく楽しい毎日みやぞのっ子」という教育目標を掲げ、定員100名の小規模の特徴を活かして一人ひとりと向き合う事を大切にしています。専任講師による「ダンス」「体操」「英語」を行っており、年齢に応じた楽しい活動は子どもたちも大好きです。
また、茨城県にある学園の畑で様々な野菜を育て、季節の野菜の収穫体験を行うことができます。
プレは、園の職員が担当。毎回、年長組のお兄さんお姉さんがお手伝いに来てくれます。活動内容は、読み聞かせや季節の製作などを通して幼稚園の雰囲気を味わってもらえるようにしています。
プレを行っている日は園庭を開放しているため、園の子どもたちとの交流が持てるのも特徴です。

プレ名称 ふれあいスクール
プレ実施日 4月~2月 年間17回 
10:30~11:30
母子分離
費用 年間 3,000円 プレ給食
申込時期 2月頃抽選(来年度は未定) プレ定員 20名(来年度は未定)
ママの声 みやぞの幼稚園を選択した理由は、少人数制であり、先生方のきめ細かい指導が素晴らしいと感じたからです。ふれあいスクールで母親にしがみついていた我が子に声を掛けて、最終的に自ら輪の中に入れるようにして下さいました。
実際に入園してみると、先生方全員が一人ひとりに合わせて指導して下さり、行事を終えるごとに子どもの成長を実感します。また、保護者の些細な疑問や不安に対しても、受け止めて下さいます。
我が子を安心して預ける事ができる幼稚園だと思います。

黒川幼稚園 流山園舎

住所:千葉県流山市前ヶ崎字上175 TEL:04-7145-9501

毎年6月に行う、ひよこルームのみの運動会の様子

【園・プレの特長】
〇園の特色
「やる時はやる、遊ぶ時は遊ぶ」とメリハリのある保育を行っています。大自然の中、広い園庭を毎日2周してからの自由遊び。たくさんの行事では、日本の伝統、風習を知り、多くの体験を五感で感じています。何事にも楽しくをモットーに子どもたちの意欲を引き出す保育を心掛けています。
〇プレの特徴
「園の雰囲気を知る、先生と触れ合う、同年齢の子と触れ合う」をねらいとし、親子でお遊戯をしたり、手作りおもちゃで遊んだり、先生の劇、手遊びで楽しみます。来て下さったご両親、お子様のみんなが声を出し、体を動かし、笑顔溢れるひよこルームです。帰る時は一人一人と先生がぎゅ~とハグをして終了です。黒川幼稚園らしさが満載のプレとなっています。

プレ名称 ひよこルーム
プレ実施日 4月~2月 母子分離
費用 無料 プレ給食
申込時期 随時申込可能 プレ定員
ママの声 プレの最後には、先生の温かいハグで終わり、初めはプレに行くと泣いてしまっていた子どももどんどん先生が好きになりました。最後には早く幼稚園に毎日通いたい!と言うまでになりました。

プレには入らなかったママの声

下の子がまだ小さく、車を所有していなかったので送迎が困難でプレには参加しませんでした。
いきなり幼稚園となると、協調性やコミュニケーション能力などが周りに劣るのではないかと不安だったので、支援センターの参加や保育園の一時保育などを利用しました。
いざ幼稚園に入園してみると、特に参加していた子たちとの差は感じませんでした。
幼稚園に入ってしまえば、おうちでママや下の子と過ごす時間が減ってしまうので、のんびりと過ごせて良かったのではないかと思っています。

最後に

私自身も今年幼稚園のプレに通う年の息子がいます。
昨年2月に引っ越す事になりプレに通わせるかかなり悩みました。
流山に友人もおらず、情報がなく、どこの幼稚園にしていいかも分かりませんでした。
とりあえず交通の便を考慮した幼稚園に通わせましたが、
生活に慣れ交友関係が増えるに従って、流山だけでなく柏に通わせている人も多く、
選択肢はまだまだあったんだなぁと悔しい気持ちになりました。
息子の通っている幼稚園に特に不満はありませんが、
情報を得た上で幼稚園を選んでいたらどうなっていたのか?と思わずにはいられません。
このまとめ記事がこれからの幼稚園選びをするママたちの役に立つことを祈っています。

*****************************************************************
※過去記事【幼稚園のプレ保育】
『柏の葉駅周辺まとめ』
『北千住駅周辺まとめ』

(ライター でこひろし)

**「でこひろし」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介