【保育園レポ】研究学園に新しく開園!「学園の森保育園」

共働きの子育て世代が増え続けている研究学園に、昨年開園「学園の森保育園」

学園の森保育園では、「健全な心と健康な身体を育む」「豊かな感性や創造性を育む」「子どもの主体性を育てる」という3つの柱を保育方針に掲げ、待機児童数が特に多い0歳から3歳未満の受け入れを行っています。

学園の森保育園が立地している場所は、つくばエクスプレス研究学園駅から車で約6分のところで、市内だけでなく、県外からの転入者も多く、最も人口が増え続けている地域のひとつ。
近隣には大型ショッピングセンター、市役所などの公共施設、今年4月に開校された小中一貫校もあり、ぐんぐんと成長している地域です。

住所 茨城県つくば市学園の森1丁目38番地9 TOCO VOX A,B号室
電話 029-828-5523
アクセス つくばエクスプレス研究学園駅より車で6分
受入年齢 0歳(生後8週間)~3歳
定員 12名
開園時間 月~土 7:00~19:00 (※現在、土曜は9:00~15:00 時間の変動あり) 延長保育あり 19:00~19:30
給食 あり 自園給食 除去食対応 離乳食は持込み
駐車場 あり 4台
預かり保育 なし
保育料以外にかかるお金 なし
課外教室 なし
見学 随時見学可能。HP内お問い合わせフォームまたは電話にて、相談の上、見学日時決定
入園申込 4月入園希望の場合は、秋ごろ入園受付開始。2~3月入園決定
ホームページ http://gakuennomori.com/

人材派遣サービス会社の株式会社bring代表取締役で、園の創設者でもある篠﨑紘幸さん(以下、篠﨑さん)にお話を伺いました。

「地域枠」を最大限に増やして、地域貢献したい

学園の森保育園は企業主導型の認可外保育園です。
企業主導型保育事業(※)では、自社または提携先の会社で働く方のお子さんを預かる「企業枠」と保育園がある地域に在住している方のお子さんを預かる「地域枠」の2つの枠があります。地域枠の比率を最大の50%まで引き上げて、入園の厳しい0歳から3歳未満のお子さんの受け入れ先として少しでも地域に貢献出来たらと思っています。

実際に入園希望に来られた大半の方が0~1歳児を持つ保護者の方。現在キャンセル待ちをされている方も多数いて、つくば市でもこの年齢の受け入れ先が不足しているのを実感しています。

ズバリ、「認可外」でも大丈夫ですか?

施設の広さや保育士の数など、国が定める基準を満たしているかどうかがポイントになりますが、学園の森保育園は認可保育園とほぼ変わらない基準を満たしていて、昨年のつくば市による立ち入り調査でも問題なしと報告を受けました。
園庭はありませんが、毎日公園に行って散歩の時間を設けています。
保育士は全員有資格者で、ベテラン保育士から若手保育士まで常時6~7名体制で保育にあたっています。

その他気になることを篠﨑さんに聞いてきました!

Q.保護者への連絡について
― 個別で専用の連絡帳を用意しています。その日あったことを保育士が詳細に記入して保護者の方へお渡ししています。

Q.どんな年間行事がありますか?
― 誕生会は毎月、スイカ割(6月)、七夕会(7月 保護者の方も参加可)、夏祭り(8月)、クリスマス会(12月)、豆まき(2月)、お別れ会(3月)と予定しています。
また身体測定と避難訓練も毎月実施、内科検診と歯科検診も設けています。

Q.オムツとミルクは持参ですか?
― はい、持参をお願いしています。

Q.慣らし保育はありますか?
― あります。保護者の方と都合をすり合わせながら入園前に4~5日程度設けています。

Q.給食の献立はありますか?
― 毎日の献立表があります。また献立の写真を撮ったものも玄関先に提示しています。

Q.3歳以降のお子さんたちの転園状況はどうですか?
― 今のところほとんどの方がスムーズに転園されています。
在園中に他の保育園や幼稚園に入園希望を出しながら、通園されている方も多いです。
当園としても、市内の保育園や幼稚園情報を先取りしてお伝えするようにし、また連携先対象となる園を探して交渉している最中でもあります。

一番大切にしていることは、距離感

子どもは明るく元気でいてほしい、保護者の方には安心して預けていただきたい、さらにそこで働く保育士さんにも気持ちよく働いてもらいたい。そうあるように、みんながあったかいと感じる、程よい距離感を保っていきたいです。

この園はまだ開園して間もないこともあり、更に保育事業に関して言えば、まだまだこれからの部分が大きいです。
認可外だからこそ、固定観念に捉われず、子どもの安心安全はもちろんのこと、保護者や地域の方々、保育士のみなさんと相談をし、歩み寄りながらより良い園作りをしたいと考えています。

取材をして

園庭がない代わりに、毎日公園に行く時間を設けている点は、公園の多いつくば市の土地柄の良さをうまく活用していることが伺えました。
保育ルームもきれいで清潔、床暖房完備、遊具もいろいろありました。

保育ルームの一部

壁面には誕生日や卒園作品も

給食は全て手作りで、毎日子どもたちの食べる様子を観察して、その子に合った食材の切り方や調理法も工夫しているそうです。何より子どもたちがワクワクしながら食べてくれることを想像して作っているとか!園児と保育士さんたちがみんなでテーブルを囲み一緒に食べている姿が印象的でした。

給食作りの様子「みんなのお母さん役です^^」

人参がハート型!こんなところにも工夫が

「認可外」と聞くと「それって、認められてないの?大丈夫?」という不安がついよぎってしまうもの。
でも、認可だから、認可外だから、というだけで良し悪しを判断する材料にはならないこと、園選びで重要なのは実際に見て、分からないことは聞いて確認することが、やはり大切だということを今回の取材で強く感じました。

自分の娘が仮に保育園に入園することを想定して、心配なことを全て聞いてみましたが、情報開示も積極的であること、全てにおいて丁寧に説明していただけたことに安心感を覚えました。

学園の森保育園では随時見学が可能。メールか電話で見学日を決められます。
詳細はホームページをご覧ください。実際に足を運んでみてくださいね。

*****************************************************************

※ 企業主導型保育事業
主な特色として、以下の通り。
・働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できる。(延長・夜間、土日の保育、短時間・週2日のみの利用も可能)
・複数の企業が共同で設置することができる。
・他企業との共同利用や地域住民の子供の受け入れができる。
・運営費・整備費について認可施設並みの助成が受けられる。
その他の詳細については下記URL、内閣府の「企業主導型保育事業の概要」をご覧ください。
URL http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/gaiyo.html

(ライター mayumi)

**「mayumi」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介