【保育園レポ】魅力たっぷりな園長先生とつくばエクスプレスの眺望が広がる「アスクおおたかの森保育園」

魅力たっぷりな園長先生とつくばエクスプレスの眺望が広がる「アスクおおたかの森保育園」


「アスクおおたかの森保育園」は、おおたかの森駅から徒歩15分ほど、大型スーパーや100円ショップなどの店舗が並ぶ大型複合商業施設「LEVENおおたかの森」内にある認可保育園です。

住所 千葉県流山市市野谷585-1 LEVENおおたかの森2F
電話 04-7178-9830
アクセス つくばエクスプレス流山おおたかの森駅より徒歩15分
駐車場・駐輪場 送迎のみLEVENおおたかの森内駐車場利用可
受入年齢 0歳から就学前まで
定員 60名
0歳児-6名 / 1歳児-10名 / 2歳児-11名 / 3歳児-11名 / 4歳児-11名 / 5歳児-11名
開園時間 7:00~20:00
※延長保育
保育標準認定時間の場合
18:00~20:00
保育短時間認定の場合
7:00~9:00 / 17:00~20:00
給食 あり 自園給食
離乳食・アレルギー除去食対応
制服 なし
※Tシャツ・スモックは希望者のみ購入
課外教室 なし
見学 随時可能(要電話予約)
入園申込 流山市子ども家庭部保育課
04-7150-6124
ホームページ https://www.nihonhoiku.co.jp/blog/otakanomori/

保育目標「お お た か」


●おおきなこころをもって
お友達に対しても優しい気持ちを持って接していて欲しい。という気持ちが込められています。
壁面は基本的にはシンプルに、家庭的で落ち着いた雰囲気のもと過ごしています。
●たくましくそだち
子どもたち自らが考えて行動する、「自主性」を尊重しています。
●かんせいゆたかなこになろう
人間の感覚機能の代表「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」という五感を使って、
保育園で過ごす時間の中で様々な「学び」を発見して欲しいと思っています。
また、商業施設内という事で近隣の皆さんにご理解頂き、温かく見守って頂いています。
施設内とはいえ、2階屋上となる園庭は見晴らしが良く、つくばエクスプレスがかたわらを通り豊かな自然が広がる素敵な眺望です。

つくばエクスプレスが見えるので、電車好きな子が大興奮♪

走り回るのに十分な広さの園庭。ベランダ菜園にもチャレンジ中!

保護者の皆さんの負担を軽減する取り組み

保育園といえば、週末の大量の荷物というイメージ。週末が雨だったり、自転車での送迎の場合かなりの負担ですよね。
「アスクおおたかの森保育園」では、お昼寝布団の持参は必要ありません。
頭周りのタオルケット、上掛け用のタオルケットのみ持参をお願いしていますが、お布団やマットレス(月齢に応じて)は園で用意されています。

汚してしまっても拭けるマットレス。園にあるので持ち帰りなし

上掛けのタオルケット、頭周りのタオルケットのみ週末持ち帰り。これだけなら荷物は少なめ!

また、給食やおやつの際に使う「お食事スタイ」も園で用意し、都度消毒し利用しています。
ベビービョルンのお食事スタイは家で使われている人も多いのではないでしょうか。
よく保育園で使われている持参のビニール製のお食事スタイはマジックテープが多いので自分で剥ぎ取ってしまったり、
洗濯が必要なので1日で多くて3枚も洗濯する可能性が出るのですが、
園で用意して頂けるとかなりの負担軽減になります。
働く保護者の負担を減らしたい!という温かい対応が嬉しいです。

アスクおおたかの森保育園の園長先生、高橋先生にたくさんの質問にお答え頂きました!

Q.父母会はありますか?
― ありません。

Q.保護者とのコミュニケーションツールはありますか?
― 毎日の連絡帳や送迎の際の会話はもちろん、ipad touchで撮影した園の様子を写真販売サイトや園のブログに掲載しています。今後、子どもたちの制作をファイリングして、お迎えの際などに普段から保護者の皆さんが見られるようにしていこうと考えています。

Q.オムツの処理方法は?
― 記名の上持参して頂いていますが、処理は園で行っておりますので持ち帰りはありません

Q.慣らし保育はありますか?
― 月齢やお仕事のご都合を加味した上で0歳のお子さんでは1時間から、2週間ほどの期間を設けるなど相談して進めて参ります。

Q.給食へのこだわりはありますか?
― 給食会議を月に1度行い、現場の先生たちの声を取り入れながらお子さんに合わせた食べる意欲を上げる工夫を心がけています。
例えば、盛り付けの量を調節し、少しでも食べられる意欲を引き出す
食べやすい形、大きさ。食べたくなるような彩りや盛り付けですね。
会議以外でも園内に栄養士がおりますので、先生たちと給食室とのコミュニケーションが頻繁に行われています。

Q.食育への取り組みはどんなものがありますか?
― クッキング保育を月に1回を目標に行っています。0~2歳児の子たちには野菜に触れてみたり、3~5歳児の子たちには米研ぎやとうもろこしの皮むきなどをしたりする実習を企画しています。

お米ってこうやって調理してるんだね♪

Q.行事について教えてください。
― 新規園という事で試行錯誤中なのですが・・・7月には夏祭りを行いました。地域に保育園の存在を知って頂きご理解頂く為にも、地域の皆さんにも参加できるようにしました。運動会や、生活発表会(普段、子供たちがそれぞれ出来るようになったことを発表する会にしようと思っています)なども企画しています。

みんなでお神輿を担いだ夏祭り!

Q.課外教室などはありますか?
― 今年度は実施していませんが、来年度より「英語・体操・リトミック教室」を行うことを検討しています。

取材をして

取材に伺った際に対応して頂いた園長の高橋先生は、優しい笑顔が魅力的な素敵な先生でした。
先生は夏祭りで背中にドラムセット、手にはギターを持って大道芸を披露されたそうです!

大好評だった大道芸!

地域の皆さんともっと関わりたい!と、地域の皆さんに呼んで頂ければ喜んで披露して下さるそうです。
そんな個性的で楽しい先生は、他の先生方についても「どんどんアイデアを出してくださる先生ばかりで、更に魅力が高まりそうです。」と話して下さいました。
子どもたちは地域との関わりを持つことで得るものはたくさんあります。
保護者にとってお買い物にも便利なこの立地の中で、たくさんの楽しい学びが待っていそうです。

まだ開設して間もないので、3歳児、4歳児、5歳児は1クラスとして保育をしています。
見学のお問い合わせは、ホームページをご覧下さい。入園申し込みのお問い合わせは下記までお願いいたします。
流山市子ども家庭部保育課 04-7150-6124

*****************************************************************
※過去記事【保育園レポ】
《つくば市》
・研究学園に新しく開園!『学園の森保育園』
《三郷市》
・学童も併設!三郷の保育園『コビープリスクールみさとたかの』
《八潮市》
・発展まぶしい八潮に新規開園!『八潮みひかり保育園』
《流山市》
・豊かな生活を「奏で合う」まちの保育園「Kanade流山セントラルパーク保育園」
《足立区》
・毎日の運動タイムが魅力!「北千住もみじの森保育園」
・日本の伝承遊びで楽しく育つ!「北千住こども園」

(ライター でこひろし)

**「でこひろし」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介