「TX沿線情報」の情報

【開催レポート】つくばDEママカフェ~手がたアートでピクニックバッグを作ろう~

認知度もあがってきたかな~^^つくばDEママカフェ

6回目を迎えたつくばDEママカフェ。参加募集開始から早い段階でたくさんの予約をいただき、9組の親子が遊びに来てくれました。
今回はバッグにお子さんの手がたや足がたをとって、オリジナルバッグを作りました。
0歳の赤ちゃんから未就学児まで14名のお子さんが参加してくれて、とても賑やかな回となりましたね。さて、どんなバッグが完成したのかな?

子どもの手がたをどう活用するか、思案中のママたち

白地のバッグをキャンパスに見立ててどんな作品を描こうかな♪

まずは手がたを取る前に、どんなデザインやモチーフにしたいか、サンプルを参照にシンキングタイム。なかでも人気だったのは「はらぺこあおむし」!
お子さんと「コレにする!」とあらかじめ決めて参加してくれたママもいました。嬉しいですね。

子どもたちは手や足に絵の具を塗られても嫌がらない?!

足をグイっと持ち上げられて絵の具をぬりぬりされても、子どもたちは塗り終わるまでじーっと動かず待っていることが出来ましたね!一生懸命、絵の具を塗るママ、動かず(されるがまま?!)じーっと待つ子どもたち、その親子の姿に私たちスタッフもなんだかとても癒されました~^^
最後はスタンプやペンでデコレーションして手がた足がたアートの完成です。
子どもたちもいろいろな色に触れたり、スタンプを押したり、
楽しい時間を過ごしてもらえたのではないでしょうか。

ぬりぬり、ぺったん☆

オリジナルバッグを持ってたくさんお出かけしてね!

子どもの手がた足がたは今しか残せない貴重な成長記録の一つですよね。
親子で一緒にバッグを作ったことも、良い思い出になってくれたら嬉しいです。
これからどんどん暖かくなってお出かけしやすい季節になります。ぜひ作ったバッグを持ってお出かけしてくださいね!

完成品☆とても素敵に仕上がりました!!

****************************************

次回の「つくばDEママカフェ」は3月お休みして、4月以降に開催します。
詳細は決まり次第、ままてぃHPで公開しますのでお楽しみに^^
今後も季節に合わせた工作をしたり、講師を呼んでワークショップをしたり、毎月、ママも子どもも元気に楽しくハッピーになれる企画をご用意していきますので、引き続きよろしくお願いします!

◆過去に開催された「つくばDEママカフェ」の開催レポートはこちらから↓↓↓
つくばDEママカフェ~敬老の日に 手形アートアルバムを贈ろう♪~
つくばDEママカフェ~ハロウィンのバスボム作り&ミニ温育講座~
つくばDEママカフェ~味噌玉作り&ミニ温育講座~
つくばDEママカフェ~親子でのびのびヨガ&ミニ温育講座~
つくばDEママカフェ~あま~いバレンタインスイーツを作ろう♪~

(ライター mayumi)

**「mayumi」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

【満員御礼】3/18(月)第5回「ママ子の温育カフェ」~春の味噌玉作り~

※満員になりましたので、締め切りました。

温育アンバサダーによる「ママ子温育カフェ」

2017年からスタートした「温育チャレンジ」×「ままてぃ」のコラボプロジェクト「ママ子の温育プログラム」はパワーアップして継続中!

2017年の活動詳細はこちら→ エクスプレス温育ママプロジェクト
活動を通して、温育について学び実践してきたママさん15人が温育アンバサダーとして誕生しました。

半年間「温育」について学び実践してきた温育アンバサダーが、今度は「冷え」に悩むママや子ども、家族へ、温めることの大切さを伝授していきます。

「衣」「食」「住」の3つのテーマから、毎回1つのテーマに沿って「温育ミニ講座」と「ワークショップ」を実施。

「学ぶ」+「実践する」+「伝える」の3つのステップを通して、ココロもカラダも温まるライフスタイルのコツを伝授していきます。

第5回目の今回は春の味噌玉作り

今回、温育アンバサダーによる「ママ子の温育カフェ」は、春の味噌玉作りをします。

味噌と具材をコロコロと丸めるだけでできちゃう味噌玉は忙しい朝やお弁当やママの一人ランチにピッタリ!
冷凍保存もできるので、いつでも気軽に味噌汁が飲めるとママたちに大好評です♪
簡単なので、お子さんと一緒に作れますよ。

今回は春をイメージした具材をご用意!
春を感じる目で見ても楽しい、いつもと一味違った味噌玉が出来上がりますよ。

◆内容◆
前半:「食」の観点から手軽に暮らしの中に取りいれられる温育のポイントについて学ぶ
後半:春の具材を使った「味噌玉」作りのワークショップ(作ったものはお持ち帰りできます) 

参加特典:
内科医 石原新菜先生監修による「ママ子温育テキストブック」をプレゼント!
今日からできちゃう温育メソッドがぎゅーっと詰まった冊子となっています。

イベント内容詳細
開催日時 3月18日(月)10時30分~11時30分(10:15開場)
開催場所 img_logo アクセス
定員 10組程度
参加費 無料
参加条件 温育チャレンジへのメルマガ登録のご承諾(登録はこちらで行います)
温育チャレンジメルマガの説明はこちら
講師 温育アンバサダー 内田さん(補助:石原さん、中村さん)
お申込み 満員になりました
申込み
〆切
3月15日(金)
(先着順にて満員になり次第締切ります)
お問合せ info@mamatx.net
注意事項 ・やむを得ずキャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
・託児はありません
・お食事・おやつは館内でお取りいただけません。
・オムツ替えスペースがございます。

****************************************

◆過去に開催された「ママ子の温育カフェ」開催レポートはこちら↓↓↓
「ママ子の温育カフェ」~レモンジンジャーシロップ~
「ママ子の温育カフェ」第1回~体を温める食材を知ろう~
「ママ子の温育カフェ」第2回~真綿のひざ掛けづくり~
「ママ子の温育カフェ」第3回~夏を楽しむバスボム&アロマ入りバススプレー作り~
温育レシピ試食会&味噌玉作りワークショップ
ままてぃ感謝祭「ママ子の温育カフェ」第4回~指編みであったか冬の小物作り~
柏の葉こども園で温育!味噌玉ワークショップ

「温育じかん」
-冷えや低体温にお悩みの方、妊活や子育て中の方のための生活情報サイト―
https://on-iku.jp/

管理栄養士さんに聞いてみた!ロカボで体質改善☆

 

「ロカボ(低糖質食事療法)」とは、私自身が第二子妊娠中妊娠糖尿病になったことから出会った食事療法です。
妊娠糖尿病は母体もですが、胎児にも影響の出る恐れがある病気です。食生活に気を付けていても、妊娠中の体調の変化で突然なってしまうこともあります。

ロカボって何?

ロカボとは低糖質食事療法です。
ロカボはもともと糖尿病の方のために考案された食事療法です。
簡単に言うと「おかず中心、主食少なめ」です!
たんぱく質であるお肉や魚を好きなだけ食べてOKです。たんぱく質は酵素・代謝などの働きを助けるコラーゲン・ケラチン等の材料になります。
ただし、食材・調味料・アルコールには糖質高めなものがあります。
適正な糖質摂取を心がけることで、血糖上昇を抑えることができます。

糖質とは?

栄養学上は炭水化物です。炭水化物=糖質+食物繊維です。
糖質は砂糖をはじめとした「甘いもの」だけでなく、ごはんやイモ類、小麦粉などに含まれるデンプンも糖質の仲間です。

まずは自分の身体を知ろう!1日に必要なカロリーはどのくらい?

◎標準体重×25~30=1日に必要なカロリー
※標準体重はBMI22が基準です

arrow

◎算出方法
体重÷(身長×身長)=BMI
身長×身長×BMI22=標準体重
標準体重×25=1日に必要なカロリー

arrow

◎例えば、155㎝ 女性の標準体重を算出する場合
1.55×1.55×22=52.9㎏
52.9㎏×25=1321kcal/day

ロカボだと1食どのくらいの量がベスト?

1食当たり糖質量20~40gが目安です。
通常の食事の主食(ごはん類)が150gです。それに対して半分から1/3に減らすよう意識します。糖質は気にしてもカロリーは気にしなくても大丈夫です。

やりすぎ・はまりすぎは良くない

糖質は消化されるとブドウ糖へ変わります。ブドウ糖は肝臓や筋肉でグルコーゲンを生成して貯蓄エネルギーとして蓄えられ必要な時に分解して使われます。主食を抜くと肝臓や筋肉がブドウ糖不足になりやすく、グルコーゲン合成量が減り、スタミナ不足となり疲労を感じやすくなります。主食である炭水化物は決して「悪者」ではありません。毎食、主食である炭水化物はきちんととって(1/2~1/3量)エネルギー不足を防ぎ、疲れ知らずなカラダを作りましょう。

糖質高めな食材

ダントツで果物です!
そして、レンコン・トウモロコシ・栗・イモ類・カボチャは糖質高めの食材です。
さらには、春雨とビーフンは原料がデンプン=炭水化物のため注意が必要です。春雨はカロリーが低いと思われがちなので、驚きですね。

糖質高めな調味料

ケチャップ、オイスターソース、コチュジャン、トウチジャン、みりん、めんつゆ、カレールウ、焼き肉のたれ
共通点としては甘みを多く含んでいますね。

糖質高めなアルコール

ビール、日本酒、果実酒、カクテル系

呑むなら、赤ワイン1.2杯ならOKです。

ゆるく楽しくロカボ生活で体質改善

ロカボ生活では外食はNGではありません。
選び方を知っていれば、外食も楽しめます。外食では、定食系を選びご飯は小盛にします。サイドメニューはサラダやチキンを選ぶようにしましょう。
例えば焼き肉屋さんではタレではなく、塩コショウでお肉を食べると糖質が低く済みますし、良質のたんぱく質を摂ることができます。
実は、バターや生クリームが多めの濃厚なものは糖質少なめになっていることが多いです。
間食も1日糖質10gまではOKです。

<糖質10gの目安の量>
チョコレート2~3粒
クッキーorおせんべい1~2枚

アイスはガリガリ君やスーパーカップよりハーゲンダッツの方が糖質少なめです。食べ過ぎは注意してください。
最近では低糖質スイーツもスーパーで見かけるようになってきました。普段食べているスイーツを置き換えるだけで、OKです。

トップバリュ低糖質ロールケーキは食べ応え抜群

モンテール低糖質ミルクレープは感動します!こんなにおいしくて低糖質だなんて

辻口博啓シェフ!!カラメルソースなし、でも満足感あるなめらかなプリン

モンテール低糖質プチエクレアは3つも入ってお得感あり♪

『低糖質』記載なし、でも1個当たりの糖質がクリア!

arrow

この場合は炭水化物=糖質と考えてると他のスイーツなどの選ぶ基準になる。炭水化物7.8g=糖質7.8g

ちょっと小話

香ばしいゴマ入りの低糖質パン

現在妊娠中ですが、パン好きな私は低糖質生活上、パンも控えないといけないかな~と思っていました。おいしいものは糖質高いですよね。
しかしたまたま近所を散歩していたら、三郷駅徒歩5分のところにあるパン屋『る・穂のか』さんで低糖質パンを取り扱っていました。迷わず購入!食べてみたら、香りがよくパン自体に上品な甘みがあって、ほんとに低糖質パンなの?って思うくらい、おいしくて驚きました。糖質もプレーンが1個2g、一番糖質の高いレーズンで1個5.8gです。ホームページから予約販売もされていて、お取り寄せも可能です。

みなさんもロカボ生活、試してみてはいかがでしょうか。

る・穂のか
住所 埼玉県三郷市早稲田2-3-7
TEL 048-958-0081
営業時間 火曜~土曜
定休日 日曜・月曜/不定休有り(ホームページをご覧ください)
アクセス JR武蔵野線三郷駅より徒歩5分
駐車場 1台有り
ホームページ https://ru-honoka.jp/menu/bread/

<監 修>
管理栄養士 太田優子

<参考資料>
山田 悟(2016)『緩やかな糖質制限ロカボで食べるとやせていく』幻冬舎
森 由香子(2015)『疲れやすい人の食事は何が足りないのか』青春新書プレイブックス
ウィキペディア;炭水化物について
ロカボオフィシャルサイト;https://locabo.net/about/

(ライター kana)

 

**「kana」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

【幼児教育】ひらがなはいつから教える?

きっかけはお友達との手紙

娘は幼稚園の年中さん。お友達にもらう手紙に、少しずつ変化があらわれてきました。

ひらがなが登場!

年少さんの頃からひらがなを書けるお友達もいましたが、自分の名前や、相手の名前だけ書ける、というお友達がほとんどでした。しかし年中さんになってみると、名前だけでなく、手紙の文章まで自分で書いている子もいたのです。
私はあせりました。なぜなら娘は、ひらがなが書けないからです。

読み書きできる子は多い?少ない?

娘の担任の先生に聞いてみたところ、ひらがなを読める子はクラスの半分くらいで、書ける子はまだあまりいない、というお返事。また、年長さんになるとひらがなのお勉強が始まるので、そこで覚える子がほとんどだと言われました。
少しホッとしましたが、娘がお友達の手紙を見てひらがなに興味を持ったため、それなら教えてしまおう!と思い、ママ友に勉強方法を聞いてみることにしました。

「わたしも書きたい!」やる気になった娘

おすすめ練習方法

周りのママさんに聞いてみたところ、使っている方がいちばん多かったのが『ひらがな練習帳』でした。

  • 子どもの好きなペースで進めることができる。
  • ママやパパがチェックして、上手にできた文字に花マルをあげると、大喜びでたくさん練習してくれる。

次に多かったのが『ひらがなシート』

  • お風呂に貼って「この字はなんて読む〜?」とクイズ形式で読み方を教えている。
  • リビングの壁に貼って、お手紙を書くときの見本にしている。わからない文字も見ながら書けるから、子どもも楽そう。

などなど、それぞれ良い感想がたくさんありました。

上記2つのアイテムは、100円ショップやドラッグストアでも売っているので、コスパも抜群。さらにひらがなの練習をするだけでなく、花マルを描いたりクイズを出したりすれば、ママやパパと一緒に楽しく学ぶことができそうですね。

親子のコニュニケーションにも

わが家でもさっそく試してみましたが、娘がリビングで練習帳を書いていると、1歳の息子が邪魔をしてめちゃくちゃな文字になったり、落書きされたりして、娘はすっかりやる気をなくしてしまいました・・・。そこで、リビングが無理ならいっそのことお風呂で勉強しよう!と思い、お風呂用ひらがなシートとお風呂用クレヨンを用意してみました。
結果は大成功!娘はお風呂で楽しくひらがなの練習ができ、息子は怒られることなく壁一面にクレヨンを塗りたくり、2人とも満足したようです。

シートはキャラものだと効果倍増!?という感想も

少しずつ、ひらがなのようなものを書けるように

あせらなくても大丈夫!〜小学校教諭の経験談〜

少しずつ読み書きできるようになってきた娘。しかし飽きっぽい娘。ちゃんとひらがなを書けるようになるまで、まだまだ先は長そうです。
娘の通う園は年長でひらがなを教えてくれるので、私も悠長に構えていられるけど、園によってはひらがなを教えないところもあるし、その場合はどうするのだろう?
疑問に思い、小学校教諭をしている家族や友人に聞いてみたところ、小学校入学時にひらがなが書けなくても問題はないとのことでした。小学校では書き順も教えますが、入学前に書き順まで正しく覚えている子は意外と少ないため、すでに書ける子にも、ひらがなを新しく覚えなおそう!というやり方で授業をするそうです。

小学校からでもOK

もちろん小学校によっても違いはあるかと思いますが、小学校入学までに絶対書けないとダメ!ということではないようなので、子どものやる気とタイミングに合わせて、楽しくひらがなを教えることができるといいですね。
娘がお友達に手紙を書けるようになる日が楽しみです。

(ライター Jun)

**「Jun」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

【開催レポート】柏の葉こども園で温育!味噌玉ワークショップ

子ども向けの温育を開催しました♪

2月12日(火)、柏の葉こども園にて『温育のおはなし&味噌玉ころころワークショップ』を開催。
いつも温育はママさん向けに行ってきましたが、今回は初の子ども向け温育!
年中の「ぶどう組」さん16名が参加してくれました♪
みなさんそれぞれ可愛いエプロン、三角巾姿で登場~。

はじめにペープサートで「温育のおはなし」

はじめに子どもたちに向けて「温育ってなあに?」という物語をペープサート(紙人形)を使って説明しました。
実はこのペープサートは温育活動をしている昭和女子大学の学生さんが作ってくれました!
→昭和女子大の温育活動の様子はこちらhttps://on-iku.jp/2018/11/13/cosmos_fes_1111/

ペープサートとクイズで「温育」のお勉強

子どもでも分かりやすいように、「おんこちゃん」「ひえたくん」と一緒に「クイズを解きながら、温育を学んでいきます。
「こんなのかんたん!」「1が正解だよ!」と子どもたちは楽しそうにクイズに答えていきます。

養命酒のびんくんも一緒にクイズに答えて「はーい!」

みんなで味噌玉ころころ♪

今回作る味噌玉に入っている「味噌」や「しょうが」が体を温める食材ということを知ってもらったところで、
温育アンバサダーの内田先生による味噌玉作りがスタート!

まずは、内田先生による「お手本作り」を行ないます。
味噌玉に入れる具材は、
しょうが、乾燥わかめと野菜ミックス、寒天、クコの実、ごま、星のお麩、手まりのお麩の7種。
「この赤い実なあに?」と、クコの実はみんな初めて見る様子。
クコの実は乾燥していて、子どもには食べにくいので水に戻して使いました。
分量の目安や丸め方など説明して、いよいよ実際に作ってみます。

先生のお手本作りを真剣に聞く園児たち


一番人気の具材は星のお麩☆

味噌玉は3個作るので、味噌を3等分にする作業がちょっと難しかったけど、みんな一生懸命!
ワークショップ講師手作りの「味噌玉1個に入れる具材の量」下敷きのおかげで、分量もすぐにわかります。
具材を選んで乗せる作業が楽しいようで、「味噌玉作り楽しい♪♪」と言う子どもたちにスタッフのみんなも嬉しくなりました。
「これはママの分」「これは、妹のだから小さく作ったよ」と家族思いの子がたくさんいました。

わいわいと楽しく味噌玉作り

みんなそれぞれの気持ちがこもった可愛い味噌玉が3つずつできあがりました♪

お弁当の時間に飲んでみました!

その日は月に一度のお弁当の日。
作った味噌玉をお椀にいれて、試飲してみました。
園の先生がポットのお湯を入れてくれて、それぞれお箸やスプーンで味噌を溶かし「いただきま~す!」。

みそ汁おいしい!

全部飲みました~

「星のお麩がお花みたい!」「おいし~い」と口々に感想が聞こえてきました。
後で伺うと、全員が完食してくれたようです。
おうちでもぜひ作ってみてくださいね。

****************************************

◆過去に開催された「ママ子の温育カフェ」開催レポートはこちら↓↓↓
「ママ子の温育カフェ」~レモンジンジャーシロップ~
「ママ子の温育カフェ」~体を温める食材を知ろう~
「ママ子の温育カフェ」~真綿のひざ掛けづくり~
「ママ子の温育カフェ」 ~夏を楽しむバスボム&アロマ入りバススプレー作り~
温育レシピ試食会&味噌玉作りワークショップ
ままてぃ感謝祭「ママ子の温育カフェ」~指編みであったか冬の小物作り~

「温育じかん」
-冷えや低体温にお悩みの方、妊活や子育て中の方のための生活情報サイト―
https://on-iku.jp/

赤ちゃんの美容院デビュー!?1,2,3歳のヘアカットどうしてる?

すぐ寝ぐせがついちゃう子どもの髪の毛!
上手に整えたいけれど、じっとしていない子どもを自宅で切るのも大変ですよね。
今回は、赤ちゃんのヘアカットや美容院の情報を集めてみました。

ドキドキの美容院

【目次】
1)はじめてのヘアカットはいつごろ?
2)自宅で切るときのコツは?
3)美容院で切るときって、どんな様子?
4)キッズスペースのある美容院の体験談

1)はじめてのヘアカットはいつごろ?

まわりのママに聞くと、「はじめてのカットは1歳ごろ」ついで「生後6か月ごろ」と
答えた方が多かったです。おすわりができるようになると切りやすいようですね。

ぽわぽわの毛♡何歳まで見られるかな?

はじめてのカットは、「自宅で切る」ママがほとんどでした。
赤ちゃんは髪をカットする意味や、どうすればいいのか言ってもわからないですよね。では、どうやって切っているんでしょうか?

2)自宅で切るときのコツは?赤ちゃん、1歳、2歳、3歳

子どものヘアカットが上手なママに、コツを教えてもらいました!

●赤ちゃんのころ
・赤ちゃん用爪切りバサミや、ママの眉毛切りを使用。
・お風呂でリラックスしている間にチョキチョキ。
・後ろの髪は、パパに抱っこしてもらい、その隙にザクッと!
・コツは、おもちゃで気を引くことと、2.3日かけて完成させること。

●1歳~2歳
・動きを静止できる「DVD視聴中」がおすすめ!
・100円ショップにケープが売っているので、それを着用。
・普通のハサミを縦に使い、すきバサミと併用して仕上げ。
・切りたいラインにセロテープを貼り、そのまんなかを切ると、
髪がパラパラ落ちません。

●2歳~3歳
何日か前から「どんな髪型にしようか?」「切ってもっとかっこよくなろうね」と
子どもが協力してくれるように誘導(笑)
鏡の前に座らせてケープをかけ、「じっとしててえらい!」「スッキリしてきたね」と
声をかけながらカット。切った髪を持たせると真剣に観察していました。

コームとすきバサミがあると仕上げが簡単

3)美容院で切るときって、どんな様子?

「自宅カットもそろそろ限界かな?」と、美容院デビューを考えているママも多いですが、おとなしく切ってもらえるかどうか心配ですよね…。
美容院での子どものカット、実際はどんな風に過ごすのでしょうか。
娘の場合をご紹介します!

●予約
近所でママたちの評判のいい美容院へ、2週間前に電話。
「何歳ですか?」「どんなカットにしますか?」など聞かれるので、
「2歳2か月、ロングからボブへ、前髪も後ろもカット、はじめての美容院です」など
詳しく回答。時間は朝いちばん(9時)を予約。だいたい30分くらいで終わるとのこと。
「子ども用のおやつを持ち込んでもいいですか?」と聞くと、
「大丈夫ですよ~」と快諾してもらいました。

ごきげんな時間帯を予約しましょう

●前日までの過ごし方
当日までに、散歩がてら何度か美容院の前まで行き、
「今度ここで髪を切ってもらうよ、楽しみだね、おもしろいよ~」とインプット(笑)
また「子ども ボブ」と画像検索した画面を見ながら、
「これがいい!」と娘に髪形を選んでもらいました。

●いざ、美容院へ!
いつも持っている荷物のほかに、ひと口サイズのおやつを持参。
受付をすませたら、担当の美容師さんとご挨拶。
「ママの抱っこか、ひとりで座るか、どっちにする?」と聞いていただき、
親子で一緒にかぶれるケープをつけて、抱っこの状態で座りました。

●カット開始!
娘の寝ぐせを直さずに行ったので(美容師さんごめんなさい!)、
霧吹きで髪を濡らしブローしてからカットすることに。
髪をさわられると娘は泣いてしまいましたが、
アンパンマンやシルバニアファミリーのDVDを見せてもらい、
わりとすぐに泣きやみました。

●あっというまに終わりました
カット後は、ドライヤーで髪をはらってもらい終了。
子どもがシャンプー台に行くことはなく、またおやつを食べるまでもなく、
20分くらいで終わり拍子抜け。
「かわいい~似合う~!」とほめられまくり、娘はすっかり美容院好きに(笑)

子どものいる美容師さんで、かつ子どもをよく担当している方だったからか、
とてもスムーズに切っていただき大満足でした♡

3回目以降、最初からひとりで座れるように

4)キッズスペースのある美容院の体験談

親が切ってもらっている間、子どもを無料で遊ばせてくれるのが、
「キッズスペースのある美容院」。
保育士さんが面倒をみてくれるところや、完全個室のところなど種類も豊富です。
そんなキッズスペースのある美容院へ、行ってきました!

DVDやおもちゃが用意されている

予約したのは、ママのカット台のとなりに小さなキッズスペースのある美容院。
1か月前に電話して、朝いちばんに予約が取れました。
そこはほかのカット台と少し離れているので、キッズスペースが死角に。
マットの上におもちゃを散らかしても、まわりの迷惑にならず安心です。

私はカラーとカットのメニューを依頼。
シャンプー台へ移動したり、カラー剤を塗ってもらったりと
約1時間半かかりましたが、娘はDVDに熱中。
ときおり私のもとを行ったり来たり、のびのびと遊んでいました。

また、飲食OKだったことがとても良かった!
大好きなおやつを食べながら静かにしていたので、私もリラックス♪
最後には娘も前髪だけ切ってもらいました。

美容院も、「大きな声を出してはいけない場所」。
そうしたマナーを経験できたのも、いい社会勉強になったようです。

親子ともに楽しい時間♡

生まれたときから個人差のある髪の毛。
それぞれのママ&子どもにあったヘアカットを楽しんでみてください!

(ライター 桃子)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

ハードルは低かった!1歳児を連れての海外旅行

グアムに行ってきました

クローゼットからコートを引っ張り出し、寒さ対策も本格的になってきた昨年11月中旬。
夫と1歳10ヶ月の子供を連れて常夏の島、グアムへ家族旅行に行ってきました。

家族でリゾートへ行きたい!少しでもそう思われたことのある、ちびっこのいるご家族の参考になればと思います。

◆なぜ今、グアムだったのか

結論からお伝えすると我が家では
「子連れ旅行にグアムは最高!」という、口コミをもとに敢行しました。

学生時代や結婚前は2、3ヶ月に一度程の頻度で国内外の旅行に行っていた筆者。
家族でも海外に行きたい!という願望があったのは自然なことでした。

しかし立ちはだかるのは
子連れの壁。

国内だって大変なのに果たして海外旅行なんてできるのか?

口コミを聞いてはいたものの、どう最高なのか・・・
情報収集にいそしみ、次のようなことが分かりました。

・フライト3時間!なんといっても近い!
・ビーチリゾートでのんびり過ごせる
・ファミリー層向けの宿泊施設や観光地がたくさん

グアムが乾季に入る11月。
パンフレットを眺めていると、この時期の旅費が年間で最も安い事が発覚!
筆者も夫もちょうど仕事の休みを取得できることになったため、
上記をふまえて迷わず決めました。

これはやってよかった!やっておけばよかった!

行ってみた感想は

「グアム、また行きたい!!!」
でした。

子連れでしたが、家族で楽しめて、最高の旅行になりました。

最高の旅にするには準備が重要ですよね。
筆者の場合を紹介します。

◆やってよかったこと
・機内での子供用暇つぶしアイテムを準備していた
3時間のフライト時間は短いようで長いです。
新しいおもちゃや、ダウンロードしておいた好きな動画を見せていました。

・日焼け対策を万全にした
日焼けしやすい子どもには、SPF30程度で肌に負担の少ない日焼け止めを
こまめに塗ってあげていました。あまり焼けずに済みました。

・現地でバギーを借りた
A型のベビーカーしか持っていないという方はぜひ。
砂で汚れやすい土地ということもありレンタルは大助かりでした。

・レンタカーで観光
とにかく日差しが強いので、車での移動は子連れにとって
子どもにも親にとっても楽チンでした。
そこまで大きくはない島のため、1日あれば一周できるというのも良いですね。

◆やっておけばよかったこと
・機内で子どもが食べる食料の調達
利用した航空会社の便では、2歳以下の機内食がなく、おにぎりやお菓子など
搭乗前に買って用意していましたが、たくさん食べる我が子にとっては足りませんでした。

何せ飛行機は子どもにとって
「限られた慣れないスペースでずっと座っていなきゃいけない空間」
な訳です。

多めに買って遊びに飽きた頃に少しずつ与えておけばよかったと反省しました。

子連れおすすめスポット

旅行を楽しめた最大の理由。それは
のんびりビーチで遊べて、出かけると子連れに優しいスポットがたくさんあった
ということでした。
1歳児を連れて4泊の滞在で楽しんだスポットを紹介します。

◆タモンビーチ
なんと言ってもグアムは美しいビーチですよね。

しかも日本のような海とは違って、波が少ない遠浅のビーチなのです。
グアムが家族向けに良いとされるのにも納得!
まるで幼児向けのプールがずっと広がっているようで、波が怖い我が子も沢山楽しめました。

◆マイクロネシアモール
グアムでもっとも有名な大型商業施設。
有料の遊びスペースもあり、じっとしていられないキッズたちも楽しめます。
大きなモールなだけあって、子ども服やおもちゃなどもたくさん売っています。
我が家は息子がトーマスが大好きなため、アメリカでしか売っていない本やおもちゃに釘付けでした。

また、食事も巨大で種類豊富なフードコートがあり、
大人も子どもも気軽に食事が楽しめるようになっていました。

◆イルカウォッチング
海には入らず、クルーズ船にのって沖までイルカを見に行けるため0歳~参加OK!
遭遇率はなんと90%以上だそうです。

◆フィッシュアイ・マリンパーク


海中展望塔。グアムの美しい海に生息する生き物を見ることが出来ます。
シュノーケリングができない赤ちゃん連れ家族にはもってこいの施設です。

子どもが小さいうちに海外旅行に行くメリット!

海外旅行は2歳を超えるか超えないかで旅費が雲泥の差!

知っていましたか?
飛行機は、2歳まで無料なのです。

旅行で大きな出費となるのが飛行機代金。
家族旅行で海外となると、かなりの金額になるため
子ども料金がかからないのは嬉しいですよね。

「旅行は子どもが大きくなってから・・・」
そう思われている方も多いかもしれません。

普段とは違う文化や環境に触れ、パパもママもお子さんも
家族みんなで楽しめる旅行のきっかけにしてみてはいかがでしょうか??

(ライター まるこ)

**「まるこ」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

【開催レポート】つくばDEママカフェ  あま~いバレンタインスイーツを作ろう♪

バレンタイン企画♪つくば市松代交流センターにて開催!

第6回目のつくばDEママカフェが1月29日に開催され、
今回8組の親子が参加しました。
インフルエンザが猛威を振るう中、開催できるか不安だったスタッフも
おはよー!とみなさんの元気な声を聞けて、うれしい限り♪

初のクッキング企画でしたが、小さいお子さんでも簡単に楽しめるよう、
松代交流センターの1階和室で行いました。

3ヶ月の赤ちゃんから3歳のお子さんたちが遊びに来て、
あま~いチョコの香りとたくさんのクッキーを目の前にした子どもたちは
早速「たべたーい!」と(笑)

賑やかで和気あいあいとした雰囲気の中、バレンタインクッキー作りの始まりです♪

チョコをたっぷりとつけて…

 

カラースプレーでデコレーション

パパへ感謝の気持ちを込めて

チョコと一緒にメッセージカードも手作りしました。
チェキで撮影したお子さんとママのツーショット写真付き♪
オリジナルのデコレーションをして、それぞれステキなカードができあがっていきました。

そんな中、3歳の女の子の文字がとっても上手でビックリしました!
幼稚園に入る前なのにすごいなぁ~!と感心!
似顔絵付きで「パパにあげるんだ~!」とかわいらしい笑顔をみせてくれました♪

最後はビンにつめて

少し早いバレンタインとなりましたが、
気持ちのこもったプレゼントにパパたちもきっと喜んでくれたでしょう。

つくばDEママカフェのモットーは“ママたちを元気に楽しくハッピーに”

ままてぃと一緒に、育児ライフを楽しんでみませんか♪
子どもがいるからこそ体験できる、楽しめる、気づけることがたくさんあります。

楽しいことも悩んでいることも、みんなで共有すれば、
楽しいことは倍に、悩みは半分になるはず!
お友達がいないから…なんて関係ありません!
ままてぃのスタッフ全員、子育て真っ最中です。
ちょっとした悩みでも声かけてくださいね。

季節に合わせた工作をしたり、講師を呼んでワークショップをしたり、
ちょっと気分転換やママと子どもたちの交流の場としても、
お友達の家に遊びに行く感覚で、気軽にご参加ください♪

****************************************

次回の「つくばDEママカフェ」は2月26日(火)、松代交流センターで開催予定です。
トートバックの生地にお子さんの手がた足がたを取ってオリジナルバックを作ります。
お弁当を入れたらピクニックバックになるし、もちろん普段使いにもピッタリ!
詳細&お申込みは、こちら↓↓↓

【満員御礼】2月つくばDEママカフェ募集♪♪

◆過去に開催された「つくばDEママカフェ」の開催レポートはこちらから↓↓↓
つくばDEママカフェ~敬老の日に 手形アートアルバムを贈ろう♪~
つくばDEママカフェ~ハロウィンのバスボム作り&ミニ温育講座~
つくばDEママカフェ~味噌玉作り&ミニ温育講座~
・つくばDEママカフェ~親子でのびのびヨガ&ミニ温育講座~

【開催レポート】つくばDEママカフェ~親子でのびのびヨガ&ミニ温育講座~

恐怖!?子連れの引っ越し

わが家の引っ越し事情

大人でも大変な引っ越し。子どもがいると、さらに大変です。
わが家では夫の転勤などで2度の子連れ引っ越しを経験しています。最初の引っ越しは娘4歳、息子はまだ10か月。2度目の引っ越しは娘6歳、息子3歳の時です。
わが家流ではありますが、子連れ引っ越しのポイントや、子どもの様子などをまとめてみました!

恐怖の引っ越し準備

子連れ引っ越しでとにかく大変だったのが、梱包などの準備です。
おもちゃや子どもの雑貨などを梱包すると、
「あのおもちゃどこにやったのー!!」
と、娘が梱包済みのダンボールを開けてしまいます。準備が思うように進まず、困ってしまいました。
さらに息子はまだ10か月で、家事をするときに遊んでいてもらうためのサークルや、玄関やキッチンの出入口に設置していたベビーゲートなど、引っ越し直前まで出しておきたいものも多く、どのタイミングで梱包するかも悩みました。
結局、最初の引っ越しの際は宅配業者さんに梱包してもらう方法を選びました。追加料金はかかりましたが、自分で準備しなきゃ!とピリピリせずに済みましたし、引っ越し前でも子供との時間が確保できたので、頼んでよかったなあと思っています。
2度目の引っ越しでは前回の反省を生かし、子どもと一緒に片づけていいおもちゃを選んで梱包しました。そして「あのおもちゃで遊びたい!」と言われたときに困らないように、ダンボールになるべく詳しく品名を書いておきました。子どもたちが成長したこともあり、楽しみながら準備をすることができました。

お気に入りのおもちゃは、ギリギリまで出しておこう

子どもの転園

子連れの引っ越しでは、転園・転校がつきものです。
わが家の場合、娘は年少と年長で引っ越しを経験しているのですが、特に嫌がることもなく、驚くほどあっさりと引越しを受け入れてくれました。仲の良いお友達とお別れするときもニコニコで、「本当にわかってるの?」と不安になったほどです。
転勤族の先輩ママによると、小学校中学年くらいになると、引っ越しを嫌がる子が多いそうです。そのママも「友達と離れたくない」と子どもに泣かれて、困ってしまったことがあると言っていました。そういう時は、一旦準備の手を止めて、子どもの話を聞いていたそうです。
引っ越しが嫌と言われてしまうと大変そうですが、子どもの話を聞いて向き合うことが、子どもの気持ちのケアになるのかもしれませんね。

子どものフォローをするためにも、準備は余裕をもって

子連れ引っ越しのポイントと手続きまとめ

子連れ引っ越しは、大人だけの引っ越しに比べて、やることも手続きも多いです!
あくまで筆者の意見ですが、コレは大変だった!コレはやっておいた方がいい!というものをまとめてみました。

◆梱包作業

子どもがいての梱包作業は本当に大変です!
業者さんが梱包してくれるオプションを頼んだり、子どもを自分の親や義両親に預かってもらうなど、上手に周りを頼りましょう。一時保育やファミリーサポートを利用するのもオススメです。

◆転園

認可保育園の場合は、新しい自治体への申し込みが必要です。認可外保育園や私立幼稚園の場合は、各園へ直接問い合わせをします。
地域によって入園のしやすさや保育料が異なるので、事前の確認がオススメです!わが家は1回目の引っ越し先が幼稚園激戦区で、問い合わせても「満員」「転園不可」ばかりで本当に焦りました。また、2回目の時は入園料が高くてびっくり!なんてこともありました。

◆児童手当
◆乳幼児医療証
◆小児医療費助成(各自治体により異なる)

これらの手続きをするには、引っ越し先の自治体で所得証明書(課税証明書)の提出が必要ですが、所得証明書は証明したい年度の1月1日に住んでいた自治体(わが家の場合は2回とも引っ越し前の自治体でした)でしか発行してもらうことができません。引っ越し前の自治体で、多めに発行してもらっておくと便利でした。
また、医療費の助成に関しては、対象となる年齢や通院などの範囲が自治体によって異なりますので、そちらも事前の確認がオススメです!
※あくまで一例です。自治体によって手続きが異なります。

◆市役所の託児サービス

引っ越し前・引っ越し後、共に様々な手続きがあります。さらに市役所での手続きとなると、時間がかかって子どもが飽きて騒いでしまって、親もぐったり、なんてことが多々ありました。
ですが、自治体によっては手続き中の託児サービスを行っているところもあります!わが家も大変お世話になりました。託児をお願いした時は手続きに約2時間かかったので、子どもが一緒だったら…と考えると恐ろしいです。
予約が必要な場合もありますので、託児サービスの有無と併せて確認してみてくださいね。

手続きが多いので、チェックリストを作っておくと◎

以上が、わが家流の引っ越しのポイントです。
引っ越しは大変ですが、なるべく普段通りのママでいることで、子どもも安心して過ごせるのではないかと思います。
あまり無理をせず、楽しい引っ越しになるよう手を抜いてがんばりましょう♫

(ライター Jun)

 

**「Jun」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

【こども園レポ】自然との関わりの中で豊かな感性を育てる「栄光けやきの森」

認定こども園ってなに?

認定こども園「栄光けやきの森」は、三郷市の認定こども園です。
1970年に「栄光幼稚園」が開園、2015年から幼保連携型認定こども園「栄光けやきの森」として新たにスタートしています。
「多くの自然との関わりの中で豊かな感性を育てたい」という教育理念の通り、充実した環境教育・食育教育・農業体験などが魅力です。
園の場所は、つくばエクスプレス三郷中央駅から車で約10分。園のすぐ隣には医療モールがあり、万が一病気や怪我をしてしまったときも安心です。

こども園ってなに?幼稚園や保育園とどう違うの?そんな風に思うママもいるのではないでしょうか。私自身、こども園の存在は知っていても、具体的にどういった施設なのだろう?教育も保育も受けられるってどういうこと?と疑問だらけでした。
こども園は一言でいうと、教育と保育が一緒に受けられる、幼稚園と保育園両方の良さを併せ持つ施設です。今回の取材では、こども園ならではの良さや、子どもたちへの配慮を知ることができました。ママたちの新たな選択肢としてご紹介させていただきたいと思います。

(注)こども園は保育園と一緒で、保護者の所得によって保育料が違います。
こども園や保育園に入園を希望する時は市に認定申請をします。
認定区分は3種類あり、こちらの記事では以下のように略します。

認定区分 利用先 記事内での略語
1号認定(満3歳以上の教育を希望する子ども) こども園、公立幼稚園 1号
2号認定(満3歳以上の保育を必要とする子ども) こども園、保育園 2号
3号認定(満3歳未満の保育を必要とする子ども) こども園、保育園3号 3号

住所 埼玉県三郷市高州1-174-1
電話 048-955-0630
アクセス つくばエクスプレス三郷中央駅より車で約10分
受入年齢 0歳(6か月)〜小学校就学前の乳幼児
定員 0歳児(3号) 6名
1歳児(3号) 12名
2歳児(3号) 12名
3歳児以降(1号) 105名 (2号)15名
開園時間 【1号】   8:30〜14:00
【2・3号】 7:30〜18:30

延長保育あり(有料)
【1号】   14:00〜17:00
【2・3号】 7:00〜7:30/18:30〜20:00

給食 あり
【1号】 委託給食(火・金はお弁当)
【2・3号】 自園給食
制服 あり(1・2号)
園バス あり
駐車場 あり 10台前後
(行事の際は近隣施設の駐車場と提携・利用可の場合あり)
預かり保育 あり(有料)
在園児(1号認定)〜小学2年生まで
土・日・祝日はお休み/夏休み等長期休みの預かりあり/

※2・3号は長期休みの間も通常保育あり

保育料以外にかかるお金 延長(預かり)保育料金、保育用品代、月間絵本代、給食費、遠足代など
課外教室 あり
エアロビクス、サッカー、スポーツ、 ECC(英語)、えんぴつランド(読み書き・算数/小学生も可)
未就園児クラス あり(2歳児)優先入園あり
見学 電話・ホームページにて受付
入園申込 【1号】 園で受付/面接あり
(日時はホームページ等でご確認ください)

【2・3号】
三郷市役所子ども未来部すこやか課(048-930-7784)へ申込み

ホームページ 【1・2号】http://www.eikou-y.ed.jp/index.html
【3号】http://keyakinomori00.blog.fc2.com

大きな大根!

タケノコもとれたよ!

自然を知り、命を学ぶ「ecoもぐキッズ大作戦」!!

「栄光けやきの森」は、なんといっても自然豊かな環境が魅力!園庭の裏にある竹林からはタケノコが採れ、広い畑では、園児たちがサツマイモや大根を育てています。
畑で野菜を収穫、というと他園でもよく聞くイベントですが、栄光の農業体験は一味違います!畑の草むしりや、毎日の水やり、肥料作り、出来上がった肥料を入れての畑作りまで、全て子どもたちが行います。
また、分別リサイクルを紙芝居で学び、園内に設置されたリサイクルボックスで肥料を作るなど、子どもたちにもわかりやすく環境問題を考える機会を作っています。中には、子どもから「ゴミは少ないほうがいいんだよ」と言われ、捨てていた野菜の葉や皮も料理するようになった、という保護者の方もいるそうです。
自分が何気なく食べているものにもたくさんの人が関わっていることや、命を育てることの大変さを知り、命の大切さや感謝する心を学ぶ、その食育・農業体験が栄光の「ecoもぐキッズ大作戦」です。

給食の食べ残しはリサイクルボックスへ!

立派な肥料になってね♩

日本家屋を改修した園舎

3号認定の子どもたちが過ごす園舎は、1号2号認定のお兄さんお姉さんが過ごす園舎とは別にあります。
園庭の裏にある竹林を抜けると、まるで温泉旅館のような佇まいの園舎が見えてきます。日本家屋を改修したという園舎は、中も純和風。畳と障子、木の匂いのする保育室は、なんだか懐かしくなるような空間でした。
園舎や園児の年齢は違いますが、こちらも野菜を植えてお世話をしたり、公園で釣ってきたザリガニを飼っていたりと、子どもたちと自然の関わりを大切にしている様子がうかがえました。

園舎に続く階段

3号園舎

気になることを聞いてきました!

Q.父母会はありますか?
― あります。
正直、行事が多いので、大変かもしれません(笑)

Q.1号2号の併願はできますか?
― できます。1号は園へ、2号は市役所へそれぞれ申込みしていただくことになります。

Q.3号のミルクやオムツは持参ですか?
― 持参で、オムツはお持ち帰りもお願いしています。

Q.認定こども園ならではの工夫はありますか?
― たくさんありますが、1番は給食ですね。1号と2号の子どもたちは同じ園舎で過ごして、給食も一緒に食べます。でも、1号は委託給食で、センターから配達してもらっているお弁当ですが、2号は自園給食です。食事のメニューも、それを入れる容器も違う。「どうして私だけお皿が違うの?」「そっちのご飯がいい!」なんて声があちこちから聞こえてきました。
そこで、センターからお弁当の容器をいただいて、容器だけでも一緒にしてみました。2号の子どもたちの分も、1号と同じお弁当箱に入れて出しています。食事のメニューもなるべく同じものを作っています。それからは、ほとんどそういった声は聞かなくなりました。

いただきまーす!

お料理お願いします!

取材をして

人気アニメ映画のような、恵まれた自然環境にも驚きましたが、子どもたちの元気のよさにも驚かされました。とにかくみんな元気に挨拶してくれます!
さらに、1号2号の子どもたちは、取材の間ヒマそうにしていた2歳の息子にも声をかけてくれたり、折り紙をプレゼントしてくれたりと、とても優しかったです。園舎は違っても、行事などで3号の子たちと触れ合っているからか、小さい子の扱いも上手だなあと感じました。
様々な年齢の子どもたちと一緒に過ごせることも、認定こども園の良いところですね。

園のホームページでは、園見学や資料請求も随時受付しています。ぜひご覧になってみてくださいね。

*****************************************************************
【過去記事 保育園レポ】
《つくば市》
・研究学園に新しく開園!『学園の森保育園』
《三郷市》
・学童も併設!三郷の保育園『コビープリスクールみさとたかの』
《八潮市》
・発展まぶしい八潮に新規開園!『八潮みひかり保育園』
《流山市》
・豊かな生活を「奏で合う」まちの保育園「Kanade流山セントラルパーク保育園」
・魅力たっぷりな園長先生とつくばエクスプレスの眺望が広がる「アスクおおたかの森保育園」
《足立区》
・毎日の運動タイムが魅力!「北千住もみじの森保育園」
・日本の伝承遊びで楽しく育つ!「北千住こども園」

(ライター Jun)

**「Jun」の記事はこちらから**
編集部 メンバー紹介

【満員御礼】2月つくばDEママカフェ募集♪♪


つくばのママとお子さん、集まれ~!
ままてぃと一緒に、育児ライフを楽しんでみませんか♪
子どもがいるからこそ体験できる、楽しめる、気づけることがたくさんあります。

楽しいことも悩んでいることも、みんなで共有すれば、
楽しいことは倍に、悩みは半分になるはず!

季節に合わせた工作をしたり、講師を呼んでワークショップをしたり、
毎月、ママも子どもも元気に楽しくハッピーになれる企画をご用意しています。

ママや子どもたちの交流の場としても、
お友達の家に遊びに行く感覚で、気軽にご参加ください♪

2月 つくばDEママカフェの内容はこちら

    「手がたアートでピクニックバッグを作ろう♪♪」
    開催日時:2/26(火)10:30~11:30
    開催場所:松代交流センター1階 和室
               (茨城県つくば市松代4丁目16−3)

    バッグの生地にお子さんの手がた足がたを取って
    オリジナルバッグを作ります♪
    お弁当を入れたらピクニックバッグになるし、
    もちろん普段使いにもピッタリです!
    お子さんの手がた足がたは成長記録にもなりますね。

    〇どんなデザインにする?
    手がたを取る前に、どんなデザインやモチーフにするかを考えると
    作業もスムーズ!こちらでサンプルをご用意します。

    〇お子さんの手や足に絵の具を塗って、生地に形をとります
    デザインが決まったら、お子さんの手や足に絵の具を塗って
    生地に転写します。スタッフもお手伝いしますのでご安心ください♪

    〇スタンプやペンでデコレーションしたら完成
    形がとれたら、スタンプやペンを使って、
    アートに作品を仕上げていきます。
    お子さんの手がたは何に変身するのか!?お楽しみ!

ままてぃは、つくばエクスプレス沿線を中心に、子育てにまつわるあらゆる情報を
ママライターたちがママ目線で取材し、発信している育児情報検索サイトです。

今までは主にウェブサイト上で情報をお届けしてきましたが、つくばでも、
”もっとママたちと繋がりを持ちたい!” ”顔の見えるリアルな繋がりの場を作りたい!”
そんな想いから、”ママたちを元気に楽しくハッピーに” をモットーに、活動をスタート!

今後、月1回のペースで開催してまいります。
ご参加お待ちしています♪♪♪

開催日時 2月26日(火)10:30~11:30(受付開始10:15~)
内容 【2月】
[ワークショップ]
手がたアートでピクニックバッグを作ろう♪♪
※材料はすべてこちらでご用意します
開催場所 松代交流センター1階 和室
(茨城県つくば市松代4丁目16−3)
アクセス 松代交流センター
定員 親子10組程度
参加費 500円/親子1組 *お子さんの人数に関係なく
申込み 満員となりました
申込〆切 2/25(月)
注意事項 ・託児はありません。
・絵の具などを使いますので、汚れてもいい服装で
ご参加ください。
・駐車場は交流センター周辺駐車場をご利用ください。
お問合せ info@mamatx.netまでお気軽にお問合せください。

 
ままてぃの今後のお得な情報やイベント情報などいち早くお知らせ!!
ぜひメルマガにご登録ください!!

赤ちゃんとのバトル!家の安全対策〜コンセント,テレビ台,本棚,キッチン等

子どもの成長は、とっても早いですよね。
「この棚は大丈夫と思っていたら、もう手が届いてる!」なんてことはありませんか?
家の安全対策について、ママたちのリアルな声を集めてみました。

01annzenntaisaku

①ハイハイ赤ちゃん VS コンセント周辺

【赤ちゃんはどんなことをするの?】
02annzenntaisaku ・コンセントにものを入れ込む
・コードをひっぱる、そしてなめる!

赤ちゃんから見ると、とっても不思議なかたちなんでしょうね。
どのママに聞いても「うちの子はコードが好きだった~」と返答が(笑)
なかには、ヘアアイロンのコードを引っぱって、やけどしてしまった!という子もいました。

【これで解決!リアルな対処法】
①不要なコード撤去&コードを家具の裏に隠す
②「コードはさわっちゃダメ」と言い聞かせる
③コンセントカバーをつける
④首に巻きつかない程度の長さのひもを、固定して遊べるようにする

コンセントカバーは、大きくて全体をおおうタイプが良いとか。
赤ちゃんの手でつかめるサイズだと、かえって誤飲の危険があるので、気をつけましょう。
「そんなにコードが好きなら、ひもをどうぞ~」とベビーベッドの柵にひもを結んだというママも。案の定、ずいぶん長いこと遊んでいたそうです。

②つかまり立ち赤ちゃん VS 角(テレビ台、本棚)

【赤ちゃんはどんなことをするの?】
・ハイハイができるようになると、ローテーブル、イス、ソファ、テレビ台につかまり立ち
・つかまり立ちで移動中に転倒!が日常茶飯事に

「テーブルの角にコーナーガードを貼ったけど、全部剥がされた…(涙)」という声も。
コーナーガードははじめの頃は安心ですが、力のついてきた赤ちゃんにはかなわないようです。

丸いローテーブルは工作や読書、 おままごとにも使えてとっても便利!

丸いローテーブルは工作や読書、
おままごとにも使えてとっても便利!

【これで解決!リアルな対処法】
①角のある家具は、別の部屋へ移動させる
②角の丸い家具を買う

ベビーサークルも、この時期になるとサークルごと倒してしまうとか(!)
我が家ではテレビ台の前に丸いローテーブルを置いて、そこにおもちゃや好きなものを並べ、角やテレビに触れることを防止していました。

③よちよち赤ちゃん VS ベランダ

【赤ちゃんはどんなことをするの?】
・早い子はハイハイのときに、網戸を自分で開けられるようになる
・そして開けたり閉めたりするのにハマる

転落の危険をともなう網戸の開け閉め。
とくにママの後追いが激しい9か月頃からバトルは始まるそうです。

網戸ストッパーは100円ショップに

網戸ストッパーは100円ショップにあります

【これで解決!リアルな対処法】
①洗濯は赤ちゃんの寝ているときにor抱っこしながらする
②「一人で外に出ちゃダメ」と言い聞かせる
③網戸ストッパーを取りつける
④お家の方が見ているときに、気がすむまで網戸の開け閉めをさせる

「網戸ストッパー」は、外からも中からもロックできて安心です!
④は我が家でやってみたところ、1週間ほどで網戸の開け閉めブームは去りました。

一つ気をつけてほしいのが、親が外に閉め出されてしまうこと!
鍵もすぐかけるようになるので、ベランダにいるときは赤ちゃんの動きにご注意を。

④ママと一緒にいたい赤ちゃん VS キッチン

【赤ちゃんはどんなことをするの?】
・ハイハイしはじめると、キッチンまで入ってくる
・ママと一緒にいたくて泣く

キッチンは誤飲ややけどの危険がいっぱい!
キッチンゲートをつけているママがほとんどです。
でもゲートにつかまって「わたしも入れて~!」とガタガタ揺らすので、
ゲートごと倒れてしまう危険もあるとか。

05annzenntaisaku

【これで解決!リアルな対処法】
①頑丈なキッチンゲートを取りつける
②休日にまとめて料理し、冷凍して、平日の料理時間を短縮する
③タッパーやボールなど、なめても平気なものをおもちゃとして渡す

キッチンゲートは中古やレンタルもありますが、ハイハイ~3歳頃まで使用するので、
私は購入して良かったです。
ただ「お皿を持ち運びするときに邪魔になる」「片手で操作するのが大変」という方も。
ゲートは買わず、「ミネラルウオーターの段ボールをキッチンの出入り口に置いている」ママもいました!
③は「キッチンから大・中・小のタッパーやボールを取り出して、ゲートの前に置く」作戦で、これで「大きい」「中くらい」「小さい」という単語を覚えたそうです。

⑤なんでも出したい赤ちゃん VS 引き出し

【赤ちゃんはどんなことをするの?】
・つかまり立ちできるようになると、引き出しを探る
・中身を全部出す、そしてなめる

長い子は2歳すぎまで引き出しをあさるのが大好き。
「子どもの着替えを入れていた引き出しから、毎日服を放り投げられた」というママも(涙)

引き出しっていっぱいありますよね

引き出しは家中にあり

【これで解決!リアルな対処法】
①開けられたら困るものは、別の部屋へ移動させる
②「これは開けちゃダメ」と言い聞かせる
③いたずら防止ベルトをつける
④出し入れできる箱と中身をおもちゃとして用意する
⑤取っ手が外せるものは外す(大人もあまり出し入れが頻繁でないものを入れる)

「手押し車の中にものが入るタイプを買ったら、満足してくれた」
「2ℓのペットボトルに大きめの穴を開けてガムテープで補強したら、夢中でものを詰め込んでいた」など、「ものを出し入れしたい」赤ちゃんの欲求を別のかたちで満たしてあげると良いそうです。いたずら防止ベルトは、いずれはがされてしまうので注意しましょう。

⑥スタスタ1歳児 VS 高いところ

【赤ちゃんはどんなことをするの?】
・歩きだすと、イスに「よじ登りはじめる」
・棚の上のリモコン、コード、時計、文房具などにも手が届くようになる

ダイニングテーブルを置いている家庭は多いですよね。
活発な子は、イス→テーブル→キッチンカウンターへとよじ登っていくそうです!!

赤ちゃんから見たイス…登りたくなる?!

赤ちゃんから見たイス…登りたくなる?!

【これで解決!リアルな対処法】
①手が届きそうなところに重いものを置かない
②「ここは登っちゃダメ」と言い聞かせる
③どうしてもよじ登る場合は、倒れない重いものに替えるor撤去
④遊具や階段で「登りたい、高いところへ行きたい」欲求を満たす

「ダイニングに収納型のベンチを置いて、そこに小物を全部片づけた」
「ちゃぶ台を買って、ダイニングテーブルとイスはサヨナラした」など、
危険物を取り除くママが多いようです。

え、これで?!事前の予防アイディア

最後に、「そう来たか!」と驚いたママたちのアイディアをご紹介します。

人工芝は100円ショップにありました

人工芝は100円ショップにありました

・階段下に人工芝をひくと、痛がって近づかなくなる!
・キッチンゲートの前にビニール袋を置くと、楽しく遊んでいてくれる
・テレビは捨てた
・布団ですべり台を作って、上り下りできるようにした
・キッチンに入りたがるので、冷蔵庫にマグネットを貼って、毎日パズルしている etc…
みんないろいろと工夫していますね。マネできそうなものはありましたか?

取材後記

赤ちゃんの笑顔がいちばん♡

赤ちゃんの笑顔がいちばん♡

うまく安全を守っているママたちに共通していたのは、
「いま、子どもは何がしたいのか」をよく観察していたことでした。
「これならどうぞ」と気に入りそうなものを用意してあげると、
部屋中を予防しなくても安全に遊ぶようです。
また、大学生ママのディレクターいわく、
「いつか必ず理解するので、危ないからダメと伝えつづけることもたいせつ!」とのこと。
ママの無理のない範囲で、赤ちゃんの安全を確保してあげるといいですね。

(ライター 桃子)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介