固定資産税はスマホ決済アプリを使ってお得に支払い!


マイホームを持っている方、そろそろ固定資産税の振込用紙が届く季節です。
現金で支払っている方が多いかと思いますが、せっかくならお得な方法で支払いませんか?
お住まいの市町村によって支払い方法が異なりますが、ぜひ参考にしてください。

固定資産税の支払い方法

固定資産税の納付時期は基本的に年4回となっています。
例年4月~6月ごろに納税通知書と振込用紙が各家庭に届きます。
今回は東京都の納付方法の一例を紹介します。

支払い方法①現金払い

納税事務所窓口・金融機関・コンビニで支払う場合が現金払いです。
多くの方がこの現金払いで納付しているかと思います。
我が家も去年までコンビニで支払いしていました。

手数料がかからず、自分の好きなタイミングで支払できるのが特徴です。

支払い方法②口座振替による自動支払い

納税通知書と一緒に送られてくる口座振替依頼書や金融機関に備え付けてある口座振替依頼書で事前に口座を登録すると、自動的に引き落としてくれます。

一度登録しておけば、継続的に支払い(引き落とし)できるので、外出する手間がかからない他、納付忘れが心配な方におすすめです。

支払い方法③クレジットカード払い

納付書に記載された番号をインターネットで入力してクレジットカードで支払うこともできます。

休日・夜間など好きな時間に自宅で支払えて、クレジットカードのポイントを貯めることができるのが特徴です。
しかし、支払い時に決済手数料がかかり、結果的に多くのお金を払うことになってしまうかもしれないので要注意です。

支払い方法④スマホ決済

実は、PayPayやLINEPayなどスマホ決済のアプリを使って支払うのが一番お得です。
手数料が不要ポイントが貯まる(還元率0.5~3%)のが特徴です。

ポイント還元率は決済アプリごと・その時々で変わるので、都度確認が必要です。
しかし固定資産税は高額になりがちなので、他の支払い方法と比べ、ポイントが還元される点はお得感ありますよね。

東京都以外にも、多くの市町村で支払いできますが、まだ対応していない市町村もあります。
お住まいの市町村のホームページで確認してみてください。
(Paypayのサイトでも確認できるみたいです。)

まとめ

我が家はこれまで毎年コンビニで一括払いしていました。
今年からPayPay払いできるようになったので、早速PayPayで支払いました。
僅かですがポイントが貯まるだけでなく、コンビニに行く手間がなくなりうれしい限りです。
お住まいの市町村によって支払い方法が異なるので、確認の上、ぜひお得になる方法で支払いしてみてください。

PAGE TOP

Facebook

Instagram


Twitter