赤ちゃん・子どものマスクは必要?マスク以外で予防できること

手作りマスク
新型コロナウィルスの感染予防にはマスクの着用が大事!と日々メディアで言われています。
しかし、小さな子どもは、ぴったりサイズのマスクがなかったり、そもそもマスク着用を嫌がったりときちんと着用できない場合が多いですよね。
そこで赤ちゃん、子どものマスク着用に関してまとめました。

乳幼児のマスク着用は危険!十分な注意を

米国小児科学会(AAP)では、「2歳未満の子どもにはマスクなど顔を覆う布を使用しないでください。」との提言があります。

一方、日本では、公益社団法人日本小児科学会で以下の提言があります。

乳幼児のマスク着用は危険があります。特に2歳未満の子どもでは、気をつけましょう。

小さな子どもがマスクを着用した際、呼吸が苦しくなっても、自分でマスクを外すことが難しく、窒息の危険があります。
また、マスクを正しく着用することも難しいため、感染の広がりを予防する効果はあまり期待できないといわれています。

実際、マスクをつけても、鼻まで覆われていなかったり、頻繁にマスクを触ったりしてしまうと、感染予防になっているのかと不安になることはありますよね。
「マスクをつけると呼吸が苦しい」など自分で意思を伝えられるようになったお子さんでも、大人と同じ基準でマスク着用を必要とせず、できる範囲でOKです。

マスク以外の感染予防は?

すでに周知されていることだと思いますが、今一度しっかり身につけておきましょう。
「自分でできる冬の感染症予防~インフルエンザ・ノロ対策~」もあわせてチェックしてみてください。

手洗いをこまめに

外から帰ってきたあとは、まずしっかり手を洗いましょう。
赤ちゃんの手洗いは徐々に慣れればOKです。
自分で手を洗いたい月齢になったときは、保護者の方が手本を見せたり、子ども向けの手洗い動画を見せたりして、楽しみながらしっかり洗い流せるようにしましょう。

私がおすすめする手洗いの習慣をつける動画はこちら。

部屋の換気

外から帰ってきたとき、家族が帰ってきたときなど、換気をして空気の入れ替えをしましょう。
1時間おきに数分間窓を開けて空気の流れを作ることが必要です。
2方向の窓を開けて換気ができるとより有効です。

ノンアルコール消毒

外出した際に、お店にある消毒液はアルコール使用のものが多いです。
まだまだ肌が弱い子どもが使うには、刺激が強い場合があります。
ノンアルコールタイプの消毒液は刺激も弱いので市販のものを持ち歩くのをおすすめします。

PAGE TOP

Facebook

Instagram


メルマガ