癒しの空間インテリアづくり〜タイのアジアン風インテリア

ラテとタルトタタンとインテリアデザインと

09 「癒しの空間」

暑い夏も終わり、季節は秋を迎えあっという間に冬休みになりそうですね。
皆さんは夏休みやシルバーウィークなどを利用して旅行はされましたでしょうか。
旅先のホテルで癒されたことがある人は多いと思います。

今回は、そんな外国のホテルのような癒しのインテリア空間をつくるヒントをお話しします。

タイのリゾート地サムイ島は、周囲が椰子の木で覆われていることから
「ココナッツアイランド」とも呼ばれています。
海岸線から50メートル以内にある建物は、最大6メートルの高さまでしかつくってはいけないという建築制限があります。

「椰子の木よりも高い建物はない」といっても過言ではありません。
椰子の木があるだけでも南国を感じさせてくれる光景ですが、
そんな建築制限があるなんておもしろいですね。

img_4083-1

さて、タイといえばアジアンテイストのインテリア!
癒しの空間として人気のあるアジアンテイストはリゾート感を出しやすく、
日本でもヘアサロンやリラクゼーションの店舗などに多く使われています。
ダークなブラウンやベージュなどの自然の色を取り入れてつくり出すことが多いです。

家具においては、籐のイメージが根強いですが、お手入れやお掃除のことも気になり、
購入に勇気がいる!というお話も耳にします。

しかし、籐に比べてお手入れも楽な、木や石をうまく利用してアジアンテイストの雰囲気をつくりあげることもできます。ちょっとした小物を置いたり、 壁にウッドパネルを
はることでグッと雰囲気も変わります。

img_4342

床にタイルやストーン調のタイルカーペットを敷いてリーズナブルに雰囲気をだすこともできます。タイルカーペットならお手入れも楽ですね。

どんなインテリアにしようか迷っているとき、
大好きな旅先のホテルのお部屋を思い出してみてください。
リゾートを感じる生活を、みなさんも是非取り入れてみてはいかがでしょうか?
きっと、忙しいママにとって心も体もリラックスできる癒しの空間になるでしょう。

<08前回を見る

hello logo black (1)

Helloは世界にひとつだけの「心地いい家」をつくるプロフェッショナルカンパニーです。
家づくりのこと、インテリアのこと、暮らしのことをお気軽にご相談ください。
HP:http://hello-chiba.me/
FB:https://www.facebook.com/chocolate.architects/
instagram : https://www.instagram.com/say.hello.chiba/

関連記事

  1. 里芋

    ベジラボコラム「芋煮と十五夜」

  2. 子どもの野菜嫌いの理由と克服法は? 無理せず興味をもたせよう…

  3. ベジラボコラム「子どもの野菜嫌いをなくす方法」その1

  4. お姑さん受け抜群!帰省ファッションポイントは“動きやすさと上…

  5. 柏を代表する野菜「小かぶ」は収穫量日本一!※ 新鮮だから生で…

  6. 便秘解消にも活躍する野菜と言えばさつまいも。親子でほっこり、…

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

  1. 化学流産

最近の記事

  1. 化学流産
PAGE TOP