第39回「旬の野菜7月 きゅうり」

7月、子どもたちもママも汗をいっぱいかく季節ですね。
このころに採れる野菜は水分をたくさん含んだものが多いのです。旬の野菜は、私たちのからだの働きを自然と助けてくれます。水分をたくさん含む野菜の代表格である「きゅうり」。今月はきゅうりについてお伝えします。

きゅうり

■栄養
βカロテン、ビタミンC、カリウムなどを含みます。体内塩分の排出を助け、利尿作用、水分代謝をうながします。暑い夏場の水分補給としてもおすすめ!
冷たくひやしたきゅうり、外から帰ってきたお子さまのおやつにぴったりです。

■選び方
スーパーマーケットで1年中売られているきゅうりですが、この季節のきゅうりは格別!
とくに、畑でもいだばかりのきゅうりはサクサク感、甘みが全く違います。畑に行けない方は、直売所を利用してみてください。直売所にはイボのあるもの、ないもの、サクサクした食感のもの、甘みのあるものなどいろいろ売られています。本などで見ると「買う時は曲がっていないものを選びましょう」と書いてありますが、曲がっていたっていいのです。新しいものがおいしいと思います。切り口を見て、新しいものを選びましょう。

■美味しく食べるコツ
端を切って、塩をふってまな板の上でコロコロ・・(板ずりといいます)こうすると色が鮮やかになり、苦味がなくなります。新しいものは生のまま、冷蔵庫で日が経ってしまったら、炒め物にして食べてみてください。

だしのせ冷奴

■きゅうりレシピ
【山形郷土料理「だし」】
山形県に伝わるごはんの友、「だし」。
夏野菜を細かく刻んで作ります。食欲の無い時にもさっぱりと食べられます。我が家では後期の離乳食にもしていました。オクラなどを入れると、とろみがついてのど越しが良くなり、赤ちゃんでも食べやすいようです。
ご飯や、冷ややっこ、ひやしうどん・・なんにでものせてお召し上がりください。
さっぱりメニューで夏を乗り切ってくださいね(^O^)/

材料、下ごしらえ(4人分)
きゅうり1本 → 細かくみじんぎり
なす1/2本 → 細かくみじんぎり
オクラ3本 → ゆでて細かくみじんぎり
ネギ1/2本 → 細かくみじんぎり
めんつゆ大さじ2
かつおぶし
お子さまが苦手でなければ、大葉やみょうがを加えてもおいしいです。

作り方
(1)みじんぎりにしたきゅうりとなすに軽く塩(分量外)をふり、混ぜる。味付けをする塩ではなく、水分を出すための塩なので入れすぎない。

(2)軽く水気をきった(1)にみじんぎりにしたネギ、茹でてみじんぎりにしたオクラ、かつおぶしを加える。

(3)(2)にめんつゆを加える。

関連記事

  1. 赤ちゃんも幼児も楽しめる、秋に読みたいさつまいもの絵本2冊 …

  2. ベジラボコラム「子どもの野菜嫌いをなくす方法 その6」

  3. 水回りとファブリック製ソファのお手入れ・大掃除

  4. 授乳うまく飲めない吸えない赤ちゃんにはどうする? 母乳育児第…

  5. 「1歳児頃の乳前歯の歯並びと虫歯の関係」赤ちゃんの虫歯予防5…

  6. ベジラボコラム連載終了 今までありがとうございました!

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

最近の記事

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

最近の記事

PAGE TOP