第19回「旬のホウレンソウ」

ほうれん草ほうれん草は一年中流通している野菜ですが、寒風にさらされたこの季節には、その身を守るためにぎゅっと身を引き締めて糖度を増し、ビタミンCなどは夏場に比べて3倍も多くなります。どんな食材ともよく合うので、おひたし、白和え、炒めもの、スープなど、和洋中オールラウンドで大活躍。甘みを増して肉厚になった冬場が旬のほうれん草を、食卓にもたくさん取り入れたいですね。

ところが、アク(シュウ酸)が強いので、生で食べ過ぎるとカルシウムと結びついて結石を作ってしまうことがあります。軽くゆでたら冷水によくさらしてアクをとりましょう。また、生のまま油で炒めてもアクは飛ぶのですが、炒めすぎてビタミンCがこわれないようにしましょうね。

ところで、ほうれん草といえばポパイ。ポパイは大好きなオリーブを助けるために缶詰のほうれん草をガブッとひと飲みして、パワーアップしていました。
今も昔も、子どもたちには、栄養のある野菜を好き嫌いせずに食べて、心も体も強い人になって欲しいと願う気持ちは、万国共通だったのですね。

関連記事

  1. ズッキーニ

    第34回「旬の野菜6月 ズッキーニ」

  2. 赤ちゃんも幼児も楽しめる、秋に読みたいさつまいもの絵本2冊 …

  3. ベジラボコラム「子どもの野菜嫌いをなくす方法 その6」

  4. 第34回「旬の野菜6月 ズッキーニ」

  5. 枝豆の呉汁

    ベジラボコラム「旬の枝豆」

  6. インテリアコラム一覧〜生活・インテリア・ファッションに役立つ…

cherryblossom_bnr_300

最近の記事

  1. 化学流産

最近の記事

  1. 化学流産
PAGE TOP