働くママの暮らしは十人十色!【パートママ編 Vol.1】

パートマママ Tさん

◆職ママへのメッセージ◆

私の母親は生涯専業主婦でした。とても有難かったけれど、中学生くらいになると子供ながらに「どうしてうちのお母さんは働いてないのだろう、私はお母さんになっても働きたい」と思っていたのを覚えています。
「働く母」として子供にもいい影響を与えることができればいいなと思っています。
最初の一歩を踏み出すのに2年、3年かかってしまいましたが、考えすぎてあれこれ悩むより、えいっと行動を起こす方がスムーズでした。
子どもには「ママ、仕事するのがたのしくて」と笑顔で会話するようにしたら、子供も「お仕事がんばってね」と笑顔で見送ってくれるようになりました。
お母さんが胸を張って楽しそうにしていれば、うまくいくと思ってこれからもがんばろうと思っています!


~ Tさんの仕事日のスケジュール ~

6:00 起床。
朝食作り・夜干した洗濯物を畳む
6:30 旦那出社、下の娘起床。
下の娘の着替え、朝食食べさせる。上の娘のお弁当の日ならお弁当作り・夕食のちょっとした下ごしらえ。
7:30 上の娘起床。
7:40 上の娘 朝食、幼稚園準備。
上の娘はもう全て一人で出来るので、自分の用意が出来たら妹の相手をしていてもらう。その間自分の化粧や用意をする。
8:30 保育園へ。
車で上の娘も乗せて下の娘を送る。
9:10 幼稚園バスに乗せる。
駐車場に車をしまい、上の娘をお見送り。
9:30 仕事スタート。
職場へは徒歩で。
16:00 仕事終える。
車を出し、上の娘の幼稚園へお迎え。幼稚園では預かり保育を利用。
16:30 幼稚園到着。
上の娘のお迎え。
16:50 保育園到着。
下の娘のお迎え。
17:00 三人で帰宅。
洗濯して中干し。夕食作り。
子ども同士で遊んでいてもらう。
この時間「なんか食べたい、早く食べたい。」とずっと言われる。
18:10 三人で夕食。
この時間幼稚園でのこと、保育園でのことを2人同時に機関銃のように話してくれる。
19:00 お風呂。
20:00 パパ帰宅。
パパが帰るとパパに夢中なので、その間に部屋の片づけや明日の準備。歯の仕上げ磨きはパパにしてもらう。
21:00 子ども達を寝かしつけ。
絵本を必ず読んでと言われる。上の娘の方が先に寝てしまう。自分も一緒に寝てしまう時も多い。
23:00 就寝。
旦那がいる日は、なるべく会話する。

 

Q: 子ども生まれてから仕事の環境や内容は変わりましたか?

前職は男社会でママにはとても理解の少ない会社でした。
今はママに優しいのでとても有難く思っています。

Q: 今の勤務時間と通勤時間は?

勤務時間は4.5時間~6時間。通勤時間は15分ほど。

Q: 子ども生まれる前の勤務時間と通勤時間は?

勤務時間は原則8時間 だが概ね+2~4時間
通勤時間は30分程。

Q: 今の仕事やりがいを感じていますか?

感じています。

Q: 今の給料に満足していますか?

主婦となり、子供を預けながらの仕事なので、税金や保育料とのバランス等考えて満足点を模索しています。

Q: 仕事と家事・育児はバランス取れていますか?

私は週3日勤務なのでバランスは大きくは崩れていないと思います。急なフルタイム勤務ではないのでお互い徐々に慣らしていっている感じです。

Q: 仕事と家庭の両立で、工夫していることはありますか?

仕事には家庭で、家庭には仕事でリフッレシュするように心がけています。
家事は出来るときにする。完璧主義をやめる。後の自分が楽できるように今できる事は何か考えて家事をする。

Q: 自分が働くことで、子どもや家庭に後ろめたい気持ちになることはありますか?

働いていない時は、「働くことは少し後ろめたい」と感じていました。上の子がとてもナーバスな性格なので、母親として「もう大丈夫、もうちゃんと働ける」と思える時期を待ちました。実際働いてみて、後ろめたい気持ちになることは全くありません。

Q: 働くことを辞めたいと思うときありますか?

今のところありません。


【働くママの暮らしは十人十色】 連載ページへのリンクはこちら