神田神社(神田明神)

 

天平2(730)年の創建と伝えられ、徳川二代将軍秀忠以降、歴代将軍の尊崇も篤く、江戸の総鎮守として街を見守り続けています。境内には絵巻本などを展示する資料館も併設。
丸の内、神田、日本橋、秋葉原、築地など、108町会の総氏神様で、仕事運・商売運のご利益がある神社として親しまれています。

詳細

初詣情報 ・開門時間 1月1日(日)0:00~ ご昇殿参拝(御祈祷)あり
・歳旦祭(年の初めに行われる儀式) 1月1日(日)0:00~ 
・ふるまい酒(樽酒)と餅つきが行われる予定です 1月1日(日)0:00~
また、神田明神でしか見ることができない江戸の神楽「神楽始」や恒例行事として有名な「寒中禊がまん会」などが1月中に開催されます。
ご利益 開運招福全般・商売繁昌全般・厄除け・縁結び・必勝祈願など。
HP http://www.kandamyoujin.or.jp/
住所 東京都千代田区外神田2-16-2
電話 03-3254-0753
アクセス 中央線・総武線・丸の内線:御茶ノ水駅より徒歩5分
千代田線:新御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
つくばエクスプレス・京浜東北線・山手線・日比谷線:秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分
銀座線:末広町駅 より徒歩5分
駐車場 若干数あり