寒くても行きたい!キラキラ☆冬のイルミネーション2016

 

だいぶ日も詰まり暗くなる時間も早くなりました。冬の足音がもうすぐ聞こえてきそうです。そんなとき、駅前や街中でキラキラ輝くイルミネーションを見るとなんだかワクワクしてココロもポッとあったまります。
お散歩の途中やお出かけの帰りに、ちょっとだけ寄り道して“駅前イルミネーション”鑑賞はいかがでしょうか。きっと楽しい冬の始まりを感じられるかも!
今回はイルミネーションに加え、親子で楽しめるイベントや主催者からのおすすめポイントもお伺いしました!

illumi19illumi20

 

秋葉原

illumi21UDXイルミネーション2016 冬葉原の光

秋葉原最大級のイルミネーションを演出する秋葉原UDXビル。2階エントランスに設置される10メートルのクリスマスツリーはメロディーに合わせ美しく輝きます。JR秋葉原駅や電車からもイルミネーションを見ることができ、電車好きの子どものみならず子どもたちみんなに喜ばれること間違いなし!

btn_liblary

北千住

illumi1光の祭典2016

足立区五大イベントの一つ「光の祭典」。今年は大幅にリニューアルして開催とのこと。
東武スカイツリーライン竹ノ塚駅からメイン会場の元渕江公園までの街路樹のイルミネーション「光のケヤキ並木」は圧巻です。親子で楽しめるイベントも多数開催予定。

btn_liblary

三郷

illumi4みさとイルミネーション2016

平成10年から始まったJR三郷駅前のイルミネーションはすっかり冬の風物詩となりました。点灯式には例年、三郷市のマスコットキャラクター「かいちゃん」が登場して人気です。
今年も巨大ハート型のイルミネーションが出現するなど、家族みんなで写真撮影をすれば冬の思い出の一枚に。

btn_liblary

流山おおたかの森

illumi6森のマルシェイルミネーション

流山おおたかの森駅前広場がイルミネーションの光で彩られます。なんと言ってもアイススケートリンクは目玉の一つ。キラキラ輝くイルミネーションの中で滑るスケートは子どもから大人まで最高に楽しめそう。キャンドルクリスマスやクリスマスマーケットなど週替わりで開催されるイベントも充実しています。

btn_liblary

柏の葉キャンパス

kashiwanoha_illumination_01柏の葉イルミネーション2016

今年で3年目を迎える「柏の葉イルミネーション2016」は、LED電球を約26万球使用し過去最大規模となります。事前に住民によるオーナメント作りのイベントも実施。
色とりどりの個性豊かなオーナメントが華を添えます。
11/3に行われた点灯式では抽選で選ばれた方が約26万球の一斉点灯を行いました。

btn_liblary

守谷

illumi9もりやクリスマスファンタジー2016

市民で作り上げるイルミネーションは守谷駅周辺を温かく照らします。子どもから大人までツリーやイルミネーションの飾りつけに参加可能。さらにランタンで描く巨大な地上絵は幻想的な雰囲気に包まれます。

btn_liblary

研究学園・万博記念公園・みどりの

illumi11みんなのほっと!駅前イルミネーション2016 ~ぬくもり感じるあったかまちづくり~

駅前を明るく照らすことによる犯罪抑止や地域住民の交流の場づくりを目的として始められた駅前イルミネーション。近隣住民による手作りのイルミネーションは駅ごとに特色があってぬくもりを感じられます。点灯式では豚汁や焼きそばが振る舞われたり、クリスマスツリーへの装飾や演奏会などもあったり子どもにも大変人気です。

btn_liblary

つくば

illumi16つくば光の森2016 光で賑わう街つくば~新たな冬のファンタジー~

冬の風物詩として定着した「つくば光の森」。今年のテーマは「光で賑わう街つくば~新たな冬のファンタジー~」。ペデストリアンデッキでは電飾されたケヤキ並木が美しく輝き、TXつくば駅周辺が色とりどりの光で包まれます。この期間に出現する「ペデトレイン」はまるで銀河鉄道のようで子どもたちに大人気。

btn_liblary

illumi24あけぼの山農業公園 夜空を彩るイルミネーション

今年も人気のイルミネーションが開催決定!風車前広場が色とりどりのイルミネーションで彩られます。「あけぼの山農業公園」は、四季折々の花や自然を楽しむことができ、また年間を通して家族で参加できる体験型講座やイベントも充実しています。公園で一日遊んだら、夜はいつもと違うこの時期だけの風景をゆっくり堪能してみるのもいいですね。

btn_liblary

 

子連れでイルミネーションにお出かけの際には以下のことに気を付けましょう。

☆防寒対策
帽子、マフラー、手袋、コートなど温かい格好で。

☆子どもから目を離さない
イルミネーション鑑賞に夢中になりすぎて、子どもを見失わないように。

☆子どもには明るめの洋服を着用
イルミネーション会場は人で混雑していたり、暗い箇所があったりと、迷子になる可能性もあります。自分の子どもだと分かりやすい洋服を着せておく方がいいでしょう。

☆子どもが電飾に触れないように注意
子どもでも手の届いてしまうところに電飾がされている場合もあります。遊んで破損させてしまったり、けがをしたりすることがないよう注意しましょう。

寒空の中ほっこりさせてくれる、今や冬の風物詩として欠かせないイルミネーション。我が家の娘はイルミネーションを見て「うわぁ~きれい!」と言いながら、なぜかプリンセスのマネをします。分かるような、分からないような(笑)。子どもたちもキラキラ輝くイルミネーションのいつもと違う雰囲気にテンションも上がるようです。この時期ならではの景色を見に親子でお出かけしてみませんか?

 

(ライター mayumi)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介