04 「子どもと一緒に楽しむインテリア」

ラテとタルトタタンとインテリアデザインと

0 4  「子どもと一緒に楽しむインテリア」

皆さんはどんなお部屋に住みたいですか。
そしてどんな暮らしをしたいですか?

子どもが小さなうちは思い通りにはならないと思いますが、
子どもと一緒に楽しめるようなインテリアにして、ママも子どもも笑顔になるようなお部屋を作れたらいいですよね!

今回は子どもの作品のとっておきの見せ方をご紹介します。
子どものカラフルな色合いやパワーが溢れた絵は、今しか書けないとっておきの1枚です。

hello04_01

そんな大切な絵をインテリアとしておしゃれに飾る方法のひとつに、絵を丸形や菱形に配置する方法があります。これはプロが実際に使う方法で形を決めず並べるのに比べてスタイリッシュな雰囲気を演出できます。実物を貼る前に紙などを貼って全体のレイアウトを確認しながらやると、失敗なくできます。サイズの違う絵や写真を飾るときは配置がポイント。スッキリと楽しく見えるように貼りましょう。

hello04_02

たくさんの種類のマスキングテープが売っているので絵や写真をマスキングテープで貼ってもいいですよね。

hello04_04

たくさん貼りたいけど、配置が難しそうと思ったママは壁に麻のロープを渡し、好みのクリップで作品を飾るのもオススメです。
作品に穴やテープを貼る必要もなく絵を簡単に交換することもできます。
子供が手の届く低い場所にロープを渡せば子供自身で幼稚園から帰ってきて絵を飾ることもできます。

hello04_03

もしそんなにたくさん貼る場所がない場合は、玄関などにかわいいハンガークリップに、お気に入りの絵を1枚だけ飾るのも芸術的で素敵です。特別な1枚を季節のイベントごとに変えていくのも子どもにとって楽しいことだと思います。
ハンガークリップがない場合は、絵に紐をクリップで止めてもいいですね。

hello04_05

ママが作品を大事にしてくれると子どもはきっと心が満たされていくと思います。
飾った絵がパパや部屋に来てくれた人に褒められたらもっと絵が好きになるし自信にも繋がっていきます。

ママにとってもリビングに絵がバラバラと置いてあるよりも壁に飾って楽しいインテリアにしたら成長記録にもなり、誰かを呼びたい部屋になりますよ。
子どもの作品は2度と同じものが出来ないその瞬間の宝物です。
子どもが全力で描いた絵をママも少し時間をかけて自慢のインテリアギャラリーにしませんか?
次回はアルバムの保存の仕方をご紹介します。

<03

hello logo black (1)

Helloは世界にひとつだけの家を作るプロフェッショナルカンパニーです。
「やさしい暮らし」をコンセプトとした年間7組さま限定の家づくりをしています。
家づくりのこと、インテリアのこと、暮らしのことをお気軽にご相談ください。
HP:http://hello-chiba.me/
FB:https://www.facebook.com/chocolate.architects/
instaguram : https://www.instagram.com/say.hello.chiba/