第5回 おっぱいトラブル① ―白斑編―

育児のかけこみ寺へようこそ!

第5回 おっぱいトラブル① ―白斑編―

おおたかの森助産院
山本正子先生

白斑・しこり・熱が出るなど、
梅雨は気圧の変化や冷えによって血流が悪くなり、
おっぱいのトラブルが多くなります。

そうした症状や対処法について、理解しておきましょう。

♦目次♦
【1】白斑ってなに?
【2】なぜおっぱいのカスが入口につまるの?
【3】白斑は乳腺炎の初期症状?!
【4】どうやって治せばいいの?

※断乳・卒乳などの全バックナンバーはこちら

 

白斑ってなに?

白斑とは、おっぱいのカスが乳腺の入口につまって、
乳首の先端の方にできる白いニキビのような出来物のことです。

マッサージでおっぱいから出た白いカス

 

なぜおっぱいのカスが入口につまるの?

おっぱいは牛乳のようなものです。
牛乳をコップに入れて放置すると、ドロドロと湯葉のようになりますよね。
さらに時間が経つと、コップの淵がガビガビに固くなるでしょう。

それと同じで、母乳の通りが悪いと、おっぱいが中で滞留してドロドロになり、
やがて固まって石灰化したり、それらが入口でつまってしまったりする
のです。

ですので、白斑ができた場合は、おっぱいの中にすでにたくさんのカスができていると
疑った方がいいでしょう。

 

白斑は乳腺炎の初期症状?!

おっぱいのカスが中にある場合、飲ませた後にチクチクとした痛みを感じることが多いでしょう。そのまま放っておくと、おっぱいの中でしこりができたり炎症がおきたりし、
乳腺炎になる可能性が高まります。
【白斑→しこり→乳腺炎】の順でトラブルになる方が多いです。

 

どうやって治せばいいの?

乳首に馬油などのオイルを塗りラップでふたをし、
白斑をふやかすようにしましょう。
そして、赤ちゃんに吸ってもらうと取れることが多いです。

白斑はおっぱいのカスなので、赤ちゃんに害はありません。

また、そもそも白斑ができないようにするためには、
お母さんの心とからだのケア(第2回)や、赤ちゃんとのマッチング(第4回)
考えてみてくださいね。

まとめ

もし白斑に気づいたら、すぐに馬油などでケアしましょう。
そして白斑ができるということは、おっぱいの中にたくさんカスがある可能性が高いので、しこりができる前に、専門家(母乳外来/助産師)にみてもらうとよいでしょう。

虫歯と同じで、悪くなってから行くと、治療に時間がかかりますし、
「もっと前に来てたら、乳腺炎でこんなに痛い思いをせずに済んだのに」
という声をよく聞きます。ぜひ早めに行動してくださいね。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
第5回、ご覧いただきありがとうございました。
次回のコラムでは、「おっぱいトラブル②しこり編」をお届けします。
どうぞよろしくお願いいたします。

また、6/26(月)に柏の葉キャンパスで講演をおこなうことになりました。
ママ自身のケアや離乳食や子どもの発達など総合的な視点でお話しさせていただきます。
ご興味のある方は、下記よりお申込みくださいね。
http://mamatx.net/txinfo/626-josanshisan/

  ←第4回 うまく飲めない赤ちゃんにはどうする? 母乳育児の「マッチング」

※本コラムは、ライター桃子が山本先生へ取材した内容をまとめる形でお届けいたします。

(ライター 桃子)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介