入学前に…正しい箸の持ち方を練習してみよう!

 

練習前。中指・薬指が変な位置に

練習前。中指・薬指が変な位置に

“赤ちゃん”から“幼児”、そして“子ども”へと成長する時、『箸を使う』ということは一つの目標になっているような気がします。みなさんのおうちでは箸の練習はいつごろから始めますか?
我が家の長男(6歳)は幼稚園の年少さん(3歳)くらいから始めましたが、変なくせが抜けずにいました。

そこで、来年の小学校入学前に箸の正しい持ち方を練習することにしました。
箸の開始時期、練習方法などのご紹介と入学準備についてまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

そもそも、正しい持ち方ってどうして必要なの?

どうして正しい箸の持ち方が必要なのでしょうか。
正しく箸の持ち方ができないと大きくなって「箸の持ち方変だよ」と指摘されてしまうからという理由もあるかもしれません。
でも、一番の理由は「効率がよくなる」からです。
正しく箸が持てないとうまく食べ物がつかめなくて、時間がかかったり落としてしまったりするからです。そのため、あせって食べたり、食べたいものを食べられなかったり、洋服を汚したりするかもしれません。
そんなことがないように、楽しい食事タイムにしたいですよね。

いつから始めるの?

実際、「いつから箸を練習したらいいの?」と気になると思います。
開始時期は子どもよってそれぞれですが、早くて2歳くらいから。でも、年齢ではなく下記のきっかけを目安にしてみてください。
・スプーンやフォークを鉛筆持ちで持てるようになった
・箸に興味を持った
・幼稚園・保育園に入った

エジソンの箸。指を入れるだけで正しい位置に!

エジソンの箸。指を入れるだけで
正しい位置に!

スプーンをにぎらずに逆手持ちで親指・人差し指・中指の3本で持てる(鉛筆持ち)ようになったら「練習箸」から始めてみてください。
練習箸は100均でも売っていますが、エジソンの箸が丈夫でいいと思います。
また、親や兄姉のマネをしてお箸を持ちたがった、幼稚園や保育園で箸を持っていくことになった、などのタイミングで始めてもいいでしょう。

「上手にできるよ!」

「上手にできるよ!」

 
 
子どもってみんな(家族)と同じものを持ちたがりませんか?
我が家の娘(2歳)はまだ上手に持てませんが、「箸がいい!」とお兄ちゃんと同じ箸で食べたがります。なので毎食、練習箸とスプーン・フォークの併用という面倒くさいことになっています(笑)

正しい箸の持ち方を教える方法

練習箸を卒業して箸を練習するには、まずは箸1本からスタート!
できることなら食事以外の時間に始めると、ゆっくり教えてあげられます。鉛筆で始めてみても持ちやすくていいです。

40-3_table-japanese
1.1本の箸を親指、人差し指、中指の3本で鉛筆にぎりにする

40-3_table-japanese
2.その状態で数字の「1」を書くように上下に動かす練習をする(小指と薬指は動かないように介助してあげてください)

40-3_table-japanese3.次にもう1本の箸を下に差し込み、薬指の爪の上で支える
4.下の箸を持って上の箸を下の箸の先につける練習をする

 

正しく箸が動かせるようになったら、小さく切ったスポンジやまるめたティッシュをお皿に移し替える練習をしてみては。もっと慣れたらお豆でも挑戦!ママや兄弟姉妹と一緒に競争したら、楽しく箸の使い方を練習できますね。

娘はスポンジ移動に夢中♪

娘はスポンジ移動に夢中♪

息子は豆移動に挑戦

息子は豆移動に挑戦

「豆持てた!!」

「豆持てた!!」

矢印の長さ×1.5が箸の長さの目安

矢印の長さ×1.5が箸の長さの目安

 
箸のサイズですが、親指と人差し指を直角に広げて長さを測ってみましょう。
測った長さ×1.5 これが丁度いい箸の長さです。
3、4歳くらいで14~15センチ、5、6歳くらいで16~17センチが目安です。
手の大きさに応じた箸を選んであげることで、正しい持ち方にも繋がりますね!

その他、入学前にやっておきたいこと

箸の持ち方の他にも小学校入学前にやっておきたいことを先輩ママに聞いてみました。

☆早寝早起き(近所の小学生が何時頃に家を出ているか確認)
☆給食の時にお盆で食器を運ぶので、家でもお盆を使ってみる
☆傘の開け閉め
☆通学路を歩いてみる(雨の日もやってみよう!)
☆立って着替える(プラス洋服をたたんでしまう)
☆和式トイレを使ってみる
☆通う小学校の学校公開日や運動会に行ってみる

年長さんでひらがながまだ正しく書けなかったり、アナログ時計が読めないからといっても焦る必要はないそうです。もちろんできるに越したことはないですが、一年生になってからひらがなやカタカナの練習はしますし、時計もチャイムでお知らせしてくれます。
字の練習をするなら、書き順に気をつけて教えてあげてください。間違った書き方で覚えてしまうと、直すのが大変とのこと。
アナログ時計は、「おやつは3時に食べようね」「長い針が6に来たら出かけようね」など、普段の生活の中で会話を通して自然に身につけられるといいです。

不安でいっぱいの小学校。おうちでできることは事前に準備して、安全に楽しく通えるといいですね。来春、ピカピカ笑顔の一年生になれますように。

(ライター 志津香)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介