「TX沿線情報」の情報

旬を食べつくそう!夏から秋の収穫体験・味覚狩り

 

201608syukakutaiken01201608syukakutaiken02

これから旬を迎えるぶどう、梨、さつまいも!野菜や果物など何でもスーパーで簡単に手に入りますが、直接土に触れて、枝からもぎとって、食べる野菜や果物は格別です。
今回は夏から秋にかけて、子どもと一緒にわいわいと果物狩りや収穫体験を楽しめるスポットをご紹介します。
バーベキューとのセットプランもありますよ!

三郷市

加藤農園

収穫物 収穫日・期間
ぶどう 8/26~9月中旬
みかん 11月中旬~12月上旬

btn_liblary

松戸市

むつみ石井梨園

収穫物 収穫日・期間
8月上旬~11月上旬

btn_liblary

流山市

水代果樹園

収穫物 収穫日・期間
ぶどう 7月下旬~9月中旬
キウイフルーツ 10月下旬~11月末

btn_liblary


えか自然農場

収穫物 収穫日・期間
夏野菜 通年

btn_liblary

柏市

柏たなか農園 土の学校

収穫物 収穫日・期間
スイカ 8/19~9/1

btn_liblary


OKUTEGA TOURISM

収穫物 収穫日・期間
トウモロコシ・さつまいも等 通年

btn_liblary

つくば市

豊里ゆかりの森

収穫物 収穫日・期間
トウモロコシ・さつまいも等 通年

btn_liblary


ルーラル吉瀬

収穫物 収穫日・期間
ブルーベリー 6月中旬~9/2
ぶどう 9月上旬~10月下旬

btn_liblary


みずほの村市場

収穫物 収穫日・期間
夏野菜 8/26まで

btn_liblary

子どもと一緒に土に触れてみませんか

201608syukakutaiken03

子どもと一緒にお砂場遊びはするけれど、土に触れる機会って親も子も少ないですよね。
夏から秋にかけて野菜や果物がたくさん旬を迎えるので、収穫体験で自然と触れ合ったり野菜や果物の実り方を知るいい機会になります。
子どもも自分の手で収穫したら、苦手な野菜も好きになってくれるかも♪

(ライター 志津香)

**「志津香」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

8/31(金)参加者募集〔第3回「ママ子の温育カフェ」@柏の葉~バスボム&アロマスプレーを作ろう!~〕

温育アンバサダーによる「ママ子温育カフェ」

2017年からスタートした「温育チャレンジ」×「ままてぃ」のコラボプロジェクト「ママ子の温育プログラム」は2018年パワーアップして継続中!

2017年の活動詳細はこちら→ エクスプレス温育ママプロジェクト
活動を通して、温育について学び実践してきたママさん15人が温育アンバサダーとして誕生しました。

半年間「温育」について学び実践してきた温育アンバサダーが
今度は「冷え」に悩むママや子ども、家族へ、温めることの大切さを伝授していきます。

「衣」「食」「住」の3つのテーマから、毎回1つのテーマに沿って「温育ミニ講座」と「ワークショップ」を実施。

「学ぶ」+「実践する」+「伝える」の3つのステップを通して、ココロもカラダも温まるライフスタイルのコツを伝授していきます。

◆過去に開催された「ママ子の温育カフェ」開催レポートはこちらから
【開催レポート】温育アンバサダーが教える「ママ子の温育カフェ」~レモンジンジャーシロップ~
【開催レポート】第1回「ママ子の温育カフェ」~体を温める食材を知ろう~
【開催レポート】温育アンバサダーが教える「ママ子の温育カフェ」~真綿のひざ掛けづくり~

「ママ子の温育カフェ」第3回目「~バスボム&アロマスプレー作り~@柏の葉本のたからばこ」

今回、温育アンバサダーによる「ママ子の温育カフェ」は、親子で簡単に作れるバスボム&アロマスプレー作りをします。

バスボムは作っても、使っても楽しい!!
3つの材料をまぜて、丸めるだけでできちゃいます!
お湯に入れるとしゅわしゅわ~っと溶けて、体をポカポカにしてくれますよ♪

アロマスプレーは、好きなアロマを選べます。
お部屋はもちろん、お風呂場で使うと良い香りに包まれた極上バスタイムになりますよ!

夏でもぜひ親子で湯船につかってみてくださいね。


◆内容◆
前半:「住」の観点から手軽に暮らしの中に取りいれられる温育のポイントについて学ぶ
後半:「バスボム」「アロマスプレー」のワークショップ(作ったものはお持ち帰りできます) 

参加特典:
内科医 石原新菜先生監修による「ママ子温育テキストブック」をプレゼント!
今日からできちゃう温育メソッドがぎゅーっと詰まった冊子となっています。

btn

イベント内容詳細
開催日時 8月31日(金)10時30分~11時30分(10:15開場)
開催場所 img_logo アクセス
定員 10組程度
参加費 無料
参加条件 温育チャレンジへのメルマガ登録のご承諾(登録はこちらで行います)
温育チャレンジメルマガの説明はこちら
講師 温育アンバサダー 石原さん(補助:内田さん、中村さん)
お申込み お申込みは こちら
申込み
〆切
8月27日(月)
(先着順にて満員になり次第締切ります)
お問合せ info@mamatx.net
注意事項 ・やむを得ずキャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
・託児はありません
・お食事・おやつは館内でお取りいただけません。
・オムツ替えスペースがございます。

btn

【開催レポート】温育アンバサダーが教える「ママ子の温育カフェ」~真綿のひざ掛けづくり~

つくば市研究学園にてママ子の温育カフェ開催。参加者は柏の葉からつくばの方まで!

8月7日(火)茨城県つくば市研究学園にて「ママ子の温育カフェ@つくば」が開催されました。
酷暑続きの日々が続いていましたが、この日は立秋らしく、吹き抜ける風も心地よい気温で、温育にはぴったりのお天気に恵まれました。
会場となったのは、つくばエクスプレス研究学園駅前の公園内に立地している古民家のつくばスタイル館。

初めて見る蚕に驚く親子たち。ここから真綿が作られるんだよ~

今にも糸をはきそうな蚕さんたちも一緒に参加者を迎えてくれました。ママたちにはちょっと刺激が強かったようですが(笑)、子どもたちからは絶大な人気!
おもちゃそっちのけで蚕を手に乗せたり撫でてみたりと興味深々の様子でした。

蚕の生態を聞く子どもたち。夏の自由研究っぽい⁈

体温が1℃下がると免疫力は30%以上低下する

さて、前半は温育アンバサダーによる温育についての講話からスタート。
「ライフスタイル10のチェック」を参加者と確認。衣食住にまつわるライフスタイルの10個の質問に対して3つ以上チェックがあると、体が冷えている可能性があることを知ってもらいました。

また、体温が36.5度未満の人は冷えている可能性があることを伝え、大人だけでなく子どもも体温の低温化が進んでいることを認識してもらいました。
体温と免疫力は密接な関係にあること、ゆえに体を冷やさないことが大切なのです。

冷えない体づくりのためには衣類の素材を知り温育アイテムの活用を

講師の温育アンバサダーもつくば市在住

それらを踏まえ、今回は「衣」をテーマに、真綿を含めた天然繊維と合成繊維のそれぞれの特徴と、冷えない体づくりのためのプラスワンアイテムや体のどこを温めると良いか
など、ポイントを伝授。

天然繊維は吸湿性と放湿性が高いので、汗をかいても発散して蒸れや汗冷えを防いでくれる一方、合成繊維は吸湿性が低いので汗を吸収しづらいという点があります。
直接肌に触れる部分だけでも天然素材の衣類を身に付けるといいかもしれませんね。

真綿は、綿の1.5倍、吸湿性・放湿性・保温性に優れているので、夏は爽やか、冬は温かい

体を冷やさないためには、3首(手首、足首、首)とお腹・太もも周りを温めることがポイントに。
これらの箇所は、太い血管が通っていて血流が多いので、温めることで全身まで温まりやすくなります。

赤ちゃんから大人まで真綿の感触と温かみに感動!夏冷え対策にも万全

講師の木村美希さん。工房では真綿や木綿綿のはんてんや小物等を制作・販売も

ワークショップでは、天然素材の真綿を使ってひざ掛けづくりを行いました。
つくば市に工房を持つはんてん屋から木村美希さんを講師にお迎えし、
真綿の特性、養蚕の歴史、真綿が出来るまでのお話を聞いたあと、
親子で真綿伸ばしを体験。
真綿伸ばしはお子さんも楽しく参加することが出来て、実際に真綿の感触や温かみを体感してもらうことが出来ました。

親子で真綿伸ばしを体験する様子

最後に伸ばした真綿を生地の中に詰めて、留め口をくけ縫いして完成。
お子さんの中には自分で縫いたがる子もいて、お母さんに教わりながら裁縫する微笑ましい姿を見ることも出来ました。

今回作ったひざ掛けは、太ももだけでなく、お腹・腰回り、肩や首周りにも巻けて使い方次第でさまざまな箇所を温めることが可能に!冷房や冷たいものの摂り過ぎで冷えがちな体もほっこりと温めてくれますよ。
また、薄くて軽いので衣類の上からだけではなく下からも身に付けられて、外出先でも
気軽にプラスワンアイテムとして活用できます。

さっそく腰や首に巻いて、可愛いね!

ママ子の温育カフェを終えて

夏休みということもあり、今回は赤ちゃんから園児、小学生と幅広いお子さんの参加が見られ、いろいろな反応があって終始楽しく温育を学ぶことが出来ました。
ママたちからも「素材について考えるきっかけになった」、「子どもと貴重な体験が出来た」、「自分で真綿を裂いて、入れて、縫った、というのがスペシャルだったらしく、今も腰に巻いて寝ています」などと嬉しい感想をいただくことが出来ました。

参加者の皆さん、ありがとうございました!ひざ掛け、たくさん活用してくださいね♪

次回の「ママ子の温育カフェ」は8月31日(金)、柏の葉で開催予定です。
是非、ご参加くださいね♪

****************************************

◆過去に開催された「ママ子の温育カフェ」開催レポートはこちら↓↓↓
温育アンバサダーが教える「ママ子の温育カフェ」~レモンジンジャーシロップ~
温育アンバサダーが教える「ママ子の温育カフェ」~体を温める食材を知ろう~

「温育じかん」
-冷えや低体温にお悩みの方、妊活や子育て中の方のための生活情報サイト―
http://www.jlds.co.jp/on-iku/

【保育園レポ】魅力たっぷりな園長先生とつくばエクスプレスの眺望が広がる「アスクおおたかの森保育園」

魅力たっぷりな園長先生とつくばエクスプレスの眺望が広がる「アスクおおたかの森保育園」


「アスクおおたかの森保育園」は、おおたかの森駅から徒歩15分ほど、大型スーパーや100円ショップなどの店舗が並ぶ大型複合商業施設「LEVENおおたかの森」内にある認可保育園です。

住所 千葉県流山市市野谷585-1 LEVENおおたかの森2F
電話 04-7178-9830
アクセス つくばエクスプレス流山おおたかの森駅より徒歩15分
駐車場・駐輪場 送迎のみLEVENおおたかの森内駐車場利用可
受入年齢 0歳から就学前まで
定員 60名
0歳児-6名 / 1歳児-10名 / 2歳児-11名 / 3歳児-11名 / 4歳児-11名 / 5歳児-11名
開園時間 7:00~20:00
※延長保育
保育標準認定時間の場合
18:00~20:00
保育短時間認定の場合
7:00~9:00 / 17:00~20:00
給食 あり 自園給食
離乳食・アレルギー除去食対応
制服 なし
※Tシャツ・スモックは希望者のみ購入
課外教室 なし
見学 随時可能(要電話予約)
入園申込 流山市子ども家庭部保育課
04-7150-6124
ホームページ https://www.nihonhoiku.co.jp/blog/otakanomori/

保育目標「お お た か」


●おおきなこころをもって
お友達に対しても優しい気持ちを持って接していて欲しい。という気持ちが込められています。
壁面は基本的にはシンプルに、家庭的で落ち着いた雰囲気のもと過ごしています。
●たくましくそだち
子どもたち自らが考えて行動する、「自主性」を尊重しています。
●かんせいゆたかなこになろう
人間の感覚機能の代表「視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚」という五感を使って、
保育園で過ごす時間の中で様々な「学び」を発見して欲しいと思っています。
また、商業施設内という事で近隣の皆さんにご理解頂き、温かく見守って頂いています。
施設内とはいえ、2階屋上となる園庭は見晴らしが良く、つくばエクスプレスがかたわらを通り豊かな自然が広がる素敵な眺望です。

つくばエクスプレスが見えるので、電車好きな子が大興奮♪

走り回るのに十分な広さの園庭。ベランダ菜園にもチャレンジ中!

保護者の皆さんの負担を軽減する取り組み

保育園といえば、週末の大量の荷物というイメージ。週末が雨だったり、自転車での送迎の場合かなりの負担ですよね。
「アスクおおたかの森保育園」では、お昼寝布団の持参は必要ありません。
頭周りのタオルケット、上掛け用のタオルケットのみ持参をお願いしていますが、お布団やマットレス(月齢に応じて)は園で用意されています。

汚してしまっても拭けるマットレス。園にあるので持ち帰りなし

上掛けのタオルケット、頭周りのタオルケットのみ週末持ち帰り。これだけなら荷物は少なめ!

また、給食やおやつの際に使う「お食事スタイ」も園で用意し、都度消毒し利用しています。
ベビービョルンのお食事スタイは家で使われている人も多いのではないでしょうか。
よく保育園で使われている持参のビニール製のお食事スタイはマジックテープが多いので自分で剥ぎ取ってしまったり、
洗濯が必要なので1日で多くて3枚も洗濯する可能性が出るのですが、
園で用意して頂けるとかなりの負担軽減になります。
働く保護者の負担を減らしたい!という温かい対応が嬉しいです。

アスクおおたかの森保育園の園長先生、高橋先生にたくさんの質問にお答え頂きました!

Q.父母会はありますか?
― ありません。

Q.保護者とのコミュニケーションツールはありますか?
― 毎日の連絡帳や送迎の際の会話はもちろん、ipad touchで撮影した園の様子を写真販売サイトや園のブログに掲載しています。今後、子どもたちの制作をファイリングして、お迎えの際などに普段から保護者の皆さんが見られるようにしていこうと考えています。

Q.オムツの処理方法は?
― 記名の上持参して頂いていますが、処理は園で行っておりますので持ち帰りはありません

Q.慣らし保育はありますか?
― 月齢やお仕事のご都合を加味した上で0歳のお子さんでは1時間から、2週間ほどの期間を設けるなど相談して進めて参ります。

Q.給食へのこだわりはありますか?
― 給食会議を月に1度行い、現場の先生たちの声を取り入れながらお子さんに合わせた食べる意欲を上げる工夫を心がけています。
例えば、盛り付けの量を調節し、少しでも食べられる意欲を引き出す
食べやすい形、大きさ。食べたくなるような彩りや盛り付けですね。
会議以外でも園内に栄養士がおりますので、先生たちと給食室とのコミュニケーションが頻繁に行われています。

Q.食育への取り組みはどんなものがありますか?
― クッキング保育を月に1回を目標に行っています。0~2歳児の子たちには野菜に触れてみたり、3~5歳児の子たちには米研ぎやとうもろこしの皮むきなどをしたりする実習を企画しています。

お米ってこうやって調理してるんだね♪

Q.行事について教えてください。
― 新規園という事で試行錯誤中なのですが・・・7月には夏祭りを行いました。地域に保育園の存在を知って頂きご理解頂く為にも、地域の皆さんにも参加できるようにしました。運動会や、生活発表会(普段、子供たちがそれぞれ出来るようになったことを発表する会にしようと思っています)なども企画しています。

みんなでお神輿を担いだ夏祭り!

Q.課外教室などはありますか?
― 今年度は実施していませんが、来年度より「英語・体操・リトミック教室」を行うことを検討しています。

取材をして

取材に伺った際に対応して頂いた園長の高橋先生は、優しい笑顔が魅力的な素敵な先生でした。
先生は夏祭りで背中にドラムセット、手にはギターを持って大道芸を披露されたそうです!

大好評だった大道芸!

地域の皆さんともっと関わりたい!と、地域の皆さんに呼んで頂ければ喜んで披露して下さるそうです。
そんな個性的で楽しい先生は、他の先生方についても「どんどんアイデアを出してくださる先生ばかりで、更に魅力が高まりそうです。」と話して下さいました。
子どもたちは地域との関わりを持つことで得るものはたくさんあります。
保護者にとってお買い物にも便利なこの立地の中で、たくさんの楽しい学びが待っていそうです。

まだ開設して間もないので、3歳児、4歳児、5歳児は1クラスとして保育をしています。
見学のお問い合わせは、ホームページをご覧下さい。入園申し込みのお問い合わせは下記までお願いいたします。
流山市子ども家庭部保育課 04-7150-6124

*****************************************************************
※過去記事【保育園レポ】
《つくば市》
・研究学園に新しく開園!『学園の森保育園』
《三郷市》
・学童も併設!三郷の保育園『コビープリスクールみさとたかの』
《八潮市》
・発展まぶしい八潮に新規開園!『八潮みひかり保育園』
《流山市》
・豊かな生活を「奏で合う」まちの保育園「Kanade流山セントラルパーク保育園」
《足立区》
・毎日の運動タイムが魅力!「北千住もみじの森保育園」
・日本の伝承遊びで楽しく育つ!「北千住こども園」

(ライター でこひろし)

**「でこひろし」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

9/8(土)参加者募集〔子どもの自主性を育む子育てコーチング&プロが語るお金の貯め方の極意〕

子育てコーチングとライフプランニングを一度に学んでみませんか?

子どもが産まれて、子育ての事、お金のこと、悩みごと増えてきますね。
子どもの力を伸ばすにはどんな接し方がいいのか?
子どもの教育費、いくらかかるのか?
どれくらい貯めればいいのかな?
・・・・・・
悩みを抱えている子育て家庭は多いと思います。
このセミナーに参加すれば、悩み解決のヒントはたくさん得られると思います。

■講座内容

第1部

『子どもの自主性を育む子育てコーチング』

★子どもに教えてあげたい自主性を育む子育てコーチングとは?
★やる気を引き出す親と奪う親の違いって?
★成功脳を作るために子どもに教えてあげたいポイント
★子どもの考え方を前向きでポジティブにするには?
★子どもの豊かな心を作るには家族の発する言葉が重要?
★自立心が育まれる家庭環境(習慣)の整え方
★パパママ必聴!子どもとの絆を深める環境・習慣とは?

第2部

『プロが語るお金の貯め方の極意』

★教育費を貯める為の人生設計に必要な4つの現状分析とは?
★節約だけでは間に合わない?教育費は貯蓄から投資運用をする時代?
★まとまった預貯金をそのままにせず投資運用して教育費を用意する方法とは?
★教育費だけを目標にせず老後費用まで見据えたお金の殖やし方とは?
★返さないから問題になる奨学金を賢く返済する究極の返済方法とは?
★収入保障保険・医療保険・がん保険も必要ない?究極の節約方法とは?
★教育費を効率的に貯めるには、どんな金融商品がいいの?
★お金のプロはなぜ住宅ローンの繰り上げ返済をしない!?
★ご夫婦の生命保険料を1万円以上払ってはいけない!?
★学資保険に入ってはいけない!?教育資金を貯めるためにはどんな金融商品がいいの?
★主婦でも始められるようになった、老後資金を賢く貯めるための個人型確定拠出年金(イデコ)って何!?

■講師紹介 / 那須原 壮登
おうし座・A型  家族は妻・娘3人・豆柴

学生時、産官学連携プロジェクト学生代表を務め、子どもの自然体験活動を運営する。卒業後一部上場会社保険代理店マネージャーとして活躍。現在、プルーデント・ジャパン・ファイナンシャル・サービス(株)にエグゼクティブ・ファイナンシャルプランナーとして所属。
お客様満足度の高い世界のTOP0.02%しかなれない2018年度MDRT・COT成績資格会員。

年間300件を超える個別相談を承り、年30本以上セミナー講師も務める。セミナー内容は「投資術」「キッズコーチング」 「住宅ローン」 「相続」「お金の貯め方・増やし方」と多岐に渡り、お客様から「もっと早くお会いしたかった」「目からウロコでした」の声多数の大人気FP

座右の銘:「家族、仲間、お客様の幸せに貢献すること」
好きなこと:娘と遊ぶ、家族でツリーハウス作りキャンプ、スポーツ全般

■参加特典:
①通常2,000円の講座はままてぃ特別無料でご招待します。
②プレゼント:ママが嬉しいノンカフェインのルイボスティーを1家族1袋プレゼント

btn

 

イベント内容詳細
日時 9月8日(土) 14時00分~16時00分(13時45分 開場・受付)
講師 那須原 壮登
対象 お1人でもママ友・ご家族とでも歓迎!
お子さま見守り 1歳以上 (事前申込制)
同室にて子守経験豊富のスタッフがお子さまを見守りますので、安心して講座を聞いていただけます。
参加費・特典 ①通常2,000円の講座はままてぃ特別無料でご招待します。
②プレゼント:ママが嬉しいノンカフェインのルイボスティーを1家族1袋プレゼント

場所 シアター1010 10階「アトリエ」 アクセス
駐車場 ございません
(北千住駅からすぐとなりますので出来るだけ公共交通機関をお使い下さい)
定員 20組程度
持ち物 水分補給用の飲み物
※食事やおやつは食べられませんので、予めご了承ください!
お申込み お申込みはこちら
申込み〆切 9月3日(月)
※定員になり次第お申込みを締め切らせていただきますのでご了解ください。
補足 ※証券会社・保険会社及び保険代理店にお勤めの方のご参加は固くお断りします。営業目的やネットワークビジネス関係の方のご参加もご遠慮下さい。
お問合せ info@mamatx.net

btn

小さい子も楽しめる♪じゃぶじゃぶ池・水遊び場特集

 

夏休みに入ると暑い日が続き子どもたちをどこで遊ばせよう?と悩みますよね。市民プールは上の兄姉は大丈夫だけど、下の弟妹はまだ小さいから一緒に遊べない場合が多く、頭をかかえるママも多いと思います。
じゃぶじゃぶ池や水遊び場は乳幼児でも、年の離れた兄姉と楽しめる貴重な水遊び場です。
10か所のじゃぶじゃぶ池・水遊び場をご紹介します♪

つくば市

◆松代公園

公園内にある「くまさんプール」はサカナ・山・くまさんから噴水状に水が出ていて、小川もあり、ちょっとしたプールになっています。松代公園は隣には小学校・幼稚園・児童館があります。近隣の小学生や未就学児・未就園児に愛されている公園です。

詳細はこちら

我孫子市

◆手賀沼親水広場・水の館【水の広場】

平成29年6月にリニューアルオープンした水の館の手賀沼側にある水の広場です。遊具を使って水遊びを楽しむことができます!
おむつ・水遊び用おむつの使用禁止で水着着用の施設です。おむつの取れていない子どもにはちょっとハードルが高いかもしれませんが、目を離さず子どもに注意を向けてマナーを守って楽しむことはできると思います。

詳細はこちら

柏市

◆手賀の丘公園

柏市で人気のじゃぶじゃぶ池です!
じゃぶじゃぶ池なのに滑り台があるというクオリティの高さ!市民プールにも負けていませんね。
おむつ・水遊び用おむつ不可のじゃぶじゃぶ池になります。卒おむつしたら行ってみたいじゃぶじゃぶ池ですね。

詳細はこちら

◆北柏ふるさと公園

噴水のある階段状のじゃぶじゃぶ池や小川も流れていて水遊びができます。
じゃぶじゃぶ池ゾーンが結構広い感じです。
こちらもおむつ・水遊び用おむつ不可のじゃぶじゃぶ池です。卒おむつしてからの楽しみがありますね。

詳細はこちら
 
(さらに…)

【保育園レポ】日本の伝承遊びで楽しく育つ!「北千住こども園」

「わ」をコンセプトに人の輪・心の和を育む「北千住こども園」

平成29年度に開設した北千住こども園は、株式会社ろく(株式会社グローバルキッズの兄弟会社)が運営する足立区認可保育所です。
名前に「こども園」と付いているので、認定こども園と間違えられやすいそうですが、開園当初から国の基準を満たした認可保育所とのことです。

住所 東京都足立区千住宮元町25番5号
電話 03-5244-0066
アクセス つくばエクスプレス北千住駅より徒歩13分
受入年齢 生後57日以上(産休明け)から就学前まで
定員 85名
開園時間 標準時間認定 7:30〜18:30(11時間)
短時間認定  8:30〜16:30(8時間)

※延長保育あり 7:00〜7:30/18:30〜20:30(別途料金が発生します)

給食 あり 自園給食 アレルギー除去食対応
制服 なし
正課の内容 4、5歳児クラスにて英語教室を実施
課外教室 なし
見学 随時可能(要電話予約)
入園申込 足立区役所 子ども施設入園課(03-3880-5263)
ホームページ https://www.6roku.co.jp/facilities/nursery_005.html

和を基調とするこだわりの園舎にお邪魔して、詳しいお話を園長の勝間先生にお伺いしてきました!

子どもたちの感受性を育てる洗練された空間デザイン

北千住こども園の施設内は、おばあちゃん家のようなぬくもりのある和の空間でのびのび過ごしてほしいという想いが込められ、施設のさまざまな場所にこだわりや工夫が施されています。
子どもたちが使うイスは、木工作家の田中英一さんが細部までこだわり、ひとつひとつ丁寧に作られたとても手ざわりの良い子どもイスです。天然木の木目が美しく豊かな心を育みます。

風情があり癒される保育園の前庭

美しく機能的な子どもイス

幼保小連携で子ども達の発達と学びをサポート

足立区の幼稚園や小学校との連携会議で、授業中に座っていることのできない子は、まず体幹をきたえることが重要ではないかと小学校の先生より提案があったそうです。
そこで北千住こども園では、腹筋や背筋など姿勢を保持するのに必要な筋肉をきたえることができる、竹馬遊びを取り入れて体幹トレーニングを行っているとのことです。手足を使いながら楽しく遊ぶことで脳への刺激にもなり、単純な腹筋運動よりも効果的に体幹をきたえられるそうです。
“座る力がないから座らない” 当たり前のような事ですが、「なるほど~!」と思わず言葉が出てしまったくらい目からうろこのお話を聞いて、さっそく我が子にも竹馬遊びをさせよう!と思ったくらい納得してしまいました。保育の中に取り入れてもらえるなんて、とてもうらやましいです!

想像していた物よりだいぶ近代的だった竹馬
丈夫で使いやすそう!

取材の日にちょうど届いた七夕用の笹
季節のイベントも豊富

その他、気になることを聞いてきました!

Q.父母会はありますか?
― ありません。

Q.オムツの処理方法は?
― 全て園で処理し、お持ち帰りいただくことはありません。

Q.乳幼児の粉ミルクは?
― 保育園で用意いたします。

Q.慣らし保育はありますか?
― ご家庭やお子さまの状況に応じて相談しながら実施し進めています。

Q.保護者が参加できる行事はありますか?
― 運動会やクリスマス発表会は、子どもたちの発表の場なので、保護者の方に観て頂いています。昨年は、節分イベントの時など園児のお父さんに鬼役をやってもらったり、新年子ども会では、園児のおじいちゃんおばあちゃんに来ていただきコマの回し方やお手玉などを教えてもらいました。

Q.食育への取り組みは?
― 足立区の特産品である小松菜の種を区から配布され育てています。その他には、とうもろこしの皮をむいたり、えんどう豆のさやをとったりと給食を作るお手伝いをしてもらったりします。

取材をして

今年で開設2年目の北千住こども園ですが、開設時に園長先生が考えた保育目標を、今年度は先生方全員で決め直したそうです。
株式会社ろくとしての保育理念はどれも素晴らしく魅力的なものばかりですが、1年間子ども達と接してきた先生方が、子どもたちの事を思いながら一生懸命考えた保育目標も、先生達の愛情が感じられ、とてもすばらしいと思いました。

先生方の想いが込められた
今年度からの保育目標

保育目標にもある食育へのアプローチ
役割を知って苦手な物も克服!


まだ開設して間もないので、幼児クラスには定員まで空きがあるそうです。
入園の申込みや条件などの詳細は、足立区役所「子ども施設入園課」ホームページをご覧ください。

株式会社グローバルキッズが運営する子育て情報サイトもおススメです☆
*食情報サイト「HAPIKU食育」
*現役保育士さんたちの日常を綴ったマンガコンテンツ「グローバルキッズ!」

子どもたちの使っているイスが『ほぼ日刊イトイ新聞』にて紹介されています。
*木工作家の田中英一さんが手がけるイス紹介ページ
*****************************************************************
※過去記事【保育園レポ】
《つくば市》研究学園に新しく開園!『学園の森保育園』はこちらから
《三郷市》学童も併設!三郷の保育園『コビープリスクールみさとたかの』はこちらから
《八潮市》発展まぶしい八潮に新規開園!『八潮みひかり保育園』はこちらから
《足立区》毎日の運動タイムが魅力!『北千住もみじの森保育園』はこちらから
《流山市》豊かな生活を「奏で合う」まちの保育園「Kanade流山セントラルパーク保育園」はこちらから

(ライター niriko)

**「niriko」の記事はこちらから**
編集部 メンバー紹介

7/5(木)「ポラスカフェ@南越谷」ハーバリウムを作ろう♪【開催レポート】


ポラスカフェ

ポラスが地域のママたちに交流の場を作りたい!
そんな想いからポラスとままてぃがコラボして、2017年から
~ママが集い楽しむコミュニティ企画~ がスタート!!!

2018年はスカイツリーラインにエリアを拡大。
7月5日に、ポラスカフェ@南越谷をカフェバナーノで開催しました。

今回、ポラスカフェ@南越谷の初回を行ったカフェバナーノは木のぬくもりに包まれたやさしくて温かいカフェ。
ポラス本社が運営している、ここカフェバナーノはお茶お食事のほか、様々なワークショップも開催されています!!


ハーバリウム作りワークショップ~まずは自分好みのお花をセレクト!

ハーバリウムは透明な容器にお花などの植物を入れて、専用のオイルで満たしたインテリアグッズです。今回はプリザーブドフラワーを使ったお花のハーバリウムを作ります。

まずは、好きな容器を選び、先生の作品を参考にイメージを膨らませます。

ビンにお花を詰めて素敵な作品に!

メインのお花を決めてバランスを見ながら全体の配置を調整します。
そしてピンセットを使って丁寧にビンに入れていきます。

 

とても繊細なプリザーブドフラワーに、ママたちとっても真剣!

 

お花を入れて、バランスを整えたら、専用のオイルを流しいれてハーバリウム完成!!

ドリンクとデザートつきで親子が笑顔に

お花にオイルに透明なガラス瓶、これはインスタ映え間違いない!ですね。
 

ワークショップ開催後に、カフェバナーノ特別デザートプレートとドリンクをご用意しました。参加者同士で、作品を見せあいながら、お子さんと一緒にゆっくりとデザートタイムを楽しみました。

今回は雨風の中、11組の親子にご参加いただきました。
オリジナルのハーバリウムを作られて、皆さん大満足されました。

今後は、つくばエクスプレス線でもスカイツリーラインでも
また継続的に親子向けのイベントを開催していく予定です。
またぜひご参加ください。

ポラスの最新物件情報をご覧になりたい方は↓↓↓

Enjoy!ミルク育児ライフ!!


完全ミルク・混合育児のママさん、罪悪感を感じていませんか?

このページに辿り着いたみなさん。もしかして、
「母乳 出ない」
「混合育児 目安」
「ミルク 発育 心配」
など・・・
このようなワードを検索したことがあるのではないでしょうか?

そんなママさん達のため、あることをキッカケに産後3ヶ月で母乳をスパッとあきらめた
記者の体験談を交えながらミルク育児のアイデアをお伝えします!

「今となってはミルク育児で良かった!」体験談

初めての出産直後。
十月十日お腹にいた息子と感動の対面を果たすやいなや初乳を与える儀式が。

出産直後ということもあり興奮気味だったため
「よく分からないけどこれが授乳なんだな!な~んだ意外に大丈夫そう!」
と、呑気なことを考えていました。

しかしこの後母乳との戦いは火蓋を切って落とされるのでした。

需要に供給が追い付かない

退院し、授乳も少し慣れてきたかなという頃、
それなりに母乳が出るようになったと実感。
しかし、息子はかなりの大食いベビーでした。

いくらあげても満足した様子はなく、
足りなさそうに泣きわめく息子を見ては「ごめんね、ごめんね」とつぶやく毎日。
授乳時間は長い時で45分。
それを一日に十数回も繰り返すのですから、それはそれは途方にくれました。

私が作り出す母乳の量は息子の飲みたい量に全く追い付いていなかったのです。

あげてもあげても需要に供給が追い付かない。
少しでも追い付こうと息子が寝ている間はひたすら搾乳。
日に日にストレスが蓄積し家族にまで当たり散らすようになりました。

苦しめられたポスターのとある言葉

産後入院中に何気なく見たポスターにこんな言葉が書いてありました。

『SIDS(乳幼児突然死症候群)を防ぐには母乳を!』
気が付けばこの言葉に支配され、次のようなことが起こりました。

なんとしてでも母乳をあげようと四苦八苦

母のピリピリした空気と
空腹が満たされないことでいつまでも泣く息子

罪悪感とストレスでさらに母乳が出なくなる

という悪循環のループにはまっていたのです。

疲れ果てた頃、母乳を休憩しようとミルクを作って与えました。
すると息子は本当においしそうに
ミルクを一気に飲み干してそのまま満足げにスヤスヤ眠ったのです。

その姿を見てハッと我に返り、大切なことに気が付きました。

「母乳がムリでも、この子がお腹いっぱいになるならそれでいいじゃん。」

これで、思い切って卒乳することを決めました。
この時からEnjoy!ミルク育児ライフがはじまったのです(笑)

卒乳をして完全ミルク育児になり、気付いたことがたくさんありました。

メリットがたくさん!

・腹持ちが良いからか、息子が長い時間眠るようになった
・パパや他の家族も幸せな授乳タイムを味わえる
・着たい服を着ていいし、食べたいものを食べていい
・授乳室に行かなくてもあげられるので、困ることが少ない

あんなに血眼になって絶対母乳!!!と躍起になるくらいなら
もっと早くミルクにすればよかったと思ったほどです。
息子との生活の日々がこれまで以上に楽しめるようになりました。

ミルク育児の大敵・・・荷物多すぎ問題

しかし、困ったことがひとつ。
それは荷物がまるで小旅行レベルに多くなることでした。

ミルク育児はとにかく荷物がかさばる


まず、赤ちゃんと出かけるにはおむつやおしりふき、着替えが必需品ですよね。
それに加えて、粉ミルクの他に水筒の熱湯とペットボトルの水・・・
一番困ったことは出先で哺乳瓶が消毒できないこと。
つまり使用する回数分だけの哺乳びんを持って出かけなければならないという状況でした。

工夫次第で楽々!長時間のお出かけや旅行にも行ってみよう

「どうしても荷物を減らしたい!これでは息子とのお出かけが億劫(おっくう)すぎる・・・」

そこで調べてみると、「使い捨て哺乳びん」なるものが!
しかしこれが1回分で約400円と結構高価。
記者にとって普段使いするにはもったいないように感じるお値段でした。

そこでたどり着いたのが
哺乳びんインナー!!

100回分で約2,000円(なんと1回分約20円!)とお得です。

プレイテックス ドロップインシステム



赤ちゃん用品専門店や大手通販サイトで販売。
パパにも好評!

仕組みはとてもシンプル。
通常は哺乳びんにミルクとお湯・お水を注いで作るところを
この「哺乳びんインナー」に注いで作ることで哺乳びんを汚さずに済みます。
つまり、乳首だけ回数分用意すれば哺乳びんを丸ごと何本も持ち歩かなくてよい
というメリットがあるのです!

①一個を取り出して・・・


②哺乳びんに挿入してミルクとお湯、水を中に注ぐ。
あとは乳首を装着していつものように振るだけ!


★よく見るとメモリが書いてあるので
失敗せず作れる

★あらかじめ計量したミルクを入れて
縛っておけばすぐに使える



3回分だとこんなにかさばる荷物も


すっきり。カバンに収納しやすい!


このアイテムのおかげで1日がかりの予定やお出かけ、旅行にも重宝しました。

大切なのはパパとママ、そして赤ちゃんが笑顔でいること

“赤ちゃん連れ”を楽しもう!!


母乳を与えることが赤ちゃんにとって一番いいというのは明らかです。

しかし、
「頑張っても母乳が出ない」
「双子で母乳育児がつらい」
などの事情で、母乳を与えることが出来ずに
ストレスになってピリピリしてしまう位であれば、思い切ってミルクをあげてみませんか?

大切なのは「絶対に母乳を与えること」ではなく、
「赤ちゃんと笑顔で過ごすこと」ではないでしょうか。

赤ちゃんが母乳やミルクを飲む時期はほんの一握り。
あっという間に過ぎてしまうかけがえのない時間をぜひEnjoyしてくださいね。

*****************************************************************

(ライター まるこ)

**「まるこ」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

【保育園レポ】豊かな生活を「奏で合う」まちの保育園「Kanade流山セントラルパーク保育園」

豊かな生活を「奏で合う」まちの保育園「Kanade流山セントラルパーク保育園」

流山セントラルパーク徒歩4分という働くママに便利な立地のKanade流山セントラルパーク保育園では、「こどもの力」「コミュニティの力」「対話の力」という3つの事を大切にしています。

また、子どもを中心とした保護者・保育士・地域が繋がり合う「まちぐるみの保育」の考え方を基にしており、保育園の1Fには子育て支援センターを開設。地域の子育てをサポートしています。

住所 千葉県流山市後平井170番地(運B102街区1)
※パークホームズ流山セントラルパーク内
電話 04-7199-7039
アクセス つくばエクスプレス「流山セントラルパーク駅」徒歩4分
受入年齢 生後57日より
定員 90名
開園時間 開所時間 月曜~金曜日:7:00~20:00(保育短時間:8:30~16:30 保育標準時間:7:00~18:00)
土曜日:7:00~19:00
※延長保育:18:00~20:00(別途、延長料金が掛かります。19:00まで1時間350円、以降15分150円)
給食 あり 自園給食
駐車場 あり 2台
一時保育 なし
保育料以外にかかるお金 入園時、防災頭巾や帽子など購入
課外教室 なし
見学 随時見学可能。HP内お問い合わせフォームまたは電話にて、相談の上、見学日時決定
入園申込 4月入園希望の場合は、秋ごろ入園受付開始、2~3月入園決定を予定。市役所のHPよりご確認をお願いします
ホームページ https://www.kanade-ncp-nursery.com/

Kanade流山セントラルパーク保育園のコミュニティコーディネーター、滝口優さん(以下、滝口さん)にお話を伺いました。

子ども主体の保育

保育園が大切にしているのは、「子どもの力」です。
保育士が1日のやることを決めるのではなく、
子どもたちが自ら考え、やりたいことを選択できるようにしています。

先日行った誕生日会では年長の子が率先して招待カードを作ったり、
お絵かきが出来る壁に進行表を書いたりして自分たちで誕生日会を作り上げていました。
そういったを子どもたちの主体性を大切にしています。

滝口さんに疑問をぶつけてみました!

Q.給食について、こだわりなども教えてください!
―全て手作りで提供しています。和食を中心に、食材の産地などもこだわって提供しています。
また、お魚の解体ショーやえんどう豆のすじ取りを子供たちに手伝ってもらうなど、食に興味が持てるような食育にも力を入れています! 

Q.お魚の解体ショー!それは楽しそうですね。
― あなごやイカなど、子供たちに触れてもらいながら、目の前で解体してもらいます。
みんな興味津々で生の魚やイカに触れていましたよ。楽しみながら、いのちをいただくことを学びました。

Q.主な行事について教えてください。
― 日本古来の季節の行事を大切にしています。運動会の様に練習して、ご家族を呼んで・・・といったみせるための行事は行っていません。運動会の代わりではないのですが、ご家族に子どもと一緒に楽しむコミュニケーションの機会として10月にレクリエーションのような「親子で楽しむ会」を計画しています。

Q.慣らし保育はありますか?
― あります。2週間程度、まずは1時間ずつを2~3日、段々時間を伸ばして・・・とその子に合わせて進めています。

Q.お昼寝の布団などは必要でしょうか?
― 1才以上の子たちは全員コット(ベッドのようなもの。床に直接布団をひかずに寝れるので空気の層が出来て衛生的であり、通気性に優れている)で寝ています。なので、コットに敷いたり、かけたりするバスタオルのご用意をお願いしています。

Q.父母会はありますか?
― ありません。

Q.支援センターについて教えてください。

― 月・木・金 午前9時~午後3時の間、保育園の1階で主に絵本の読み聞かせやベビーマッサージなどのイベントや支援センターに来られている歯科衛生士さんをお招きして歯磨き指導や季節に合った制作などのイベントも開催しました。小さいですが、園庭開放なども行っています。
保育士資格を持って支援員を置いていますので、地域の子育て中のママたちが安心して来れる場になっています。
また、地域の拠点としても役立っていきたいと思っていますので、園にある絵本や大人のビジネス書なども貸し出せるように、支援センターの一角に図書館のようなスペースも作っています。

※詳しくは市のホームページに日程表やイベント情報などが載っています。
http://www.city.nagareyama.chiba.jp/life/1001107/1001239.html

まちぐるみで保育をしていきたい

子どもたちは様々な人と関わり対話する中で成長していきます。
ご両親やご家族はもちろん、保育園では地域の方々との関わりも大切にしています。
支援センターもその一部で、私たちとしても地域にも貢献していければと考えています。
地域の皆さんと共に子どもを育てていきたいと考えております。
先日は地域の方の畑にお邪魔し、子どもたちは興味津々で勉強させて頂きました!

地域の畑にお邪魔した際の様子。

取材をして

入ってまず感じたのが木の温もりです。そして、保育の現場によくいるキャラクターたちが全くいない事に驚きました。

その代わりに、子供達の制作がたくさん飾られていました。

3歳の息子の制作を飾ってあげると、「これ作ったね」「こんな風にしたね」と喜んで話してくれるのを思い出しました。

自分が作ったものが飾られているのってそれだけでとっても嬉しいんですよね。
また、魚や虫、木や花についての保育士さん手作りの展示物があり、子供たちの学びを促しているのだと感じました。

室内には子供たちの制作がたくさん!

この日はおはじきをお刺身に見立てておままごとをしていたそうです。
シンプルな素材でも、子どもたちにかかればおもちゃになってしまうんですね!
子どもならではの発想がどんどん伸ばされていきそうです。

珍しいおもちゃに興味津々な二人

3歳の息子と10ヶ月の娘を連れての取材でしたが、滝口さんをはじめ職員の皆さんが温かく迎えてくださいました。
二人共、普段あまり触れることがない手作りおもちゃや温もり溢れた展示物に興味津々でした。
息子はトイレをお借りしたのですが、近くにいた年上の園児さんが声をかけてくれて、
一緒になって手を洗い、笑い合っていました。

Kanade流山セントラルパーク保育園では随時見学が可能。メールか電話で見学日を決められます。
詳細はホームページをご覧ください。

*****************************************************************
※過去記事【保育園レポ】
《つくば市》
・研究学園に新しく開園!『学園の森保育園』
《三郷市》
・学童も併設!三郷の保育園『コビープリスクールみさとたかの』
《八潮市》
・発展まぶしい八潮に新規開園!『八潮みひかり保育園』
《足立区》
・毎日の運動タイムが魅力!「北千住もみじの森保育園」

(ライター でこひろし)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

子どもと一緒に参加できる!ママさんブラスに参加して演奏の喜びを取り戻そう♪

 

子どもがいない頃は気軽に自分の趣味を満喫していました。
子どもが産まれて、離れると泣いてしまったり、
お休み中のパパに自分の趣味のために預けていくのも悪いな・・・と足が遠のいてしまいました。
でも、ママにだって息抜きは必要ですよね。

今回はそんな子どもを預けなくても趣味に参加できる場として、「ママさんブラス」をご紹介します。

ママさんブラスってなぁに?

名前を見て分かるように、ままてぃ読者のように子どもを持つお母さんが参加できる吹奏楽団のことです。
(ママ、という名前にはなりますがパパが参加できる楽団もあるそうです)
日本で「ママさんブラス」が始まったきっかけは2002年11月だそうです。
「子どもがいて吹奏楽団に参加できない!」という声から、

●子連れOK
●子どもと一緒に楽しめる
●練習が昼間

という、子どもがいる私たちが願ってもない条件の吹奏楽団が誕生しました。
現在は全国各地に「ママさんブラス」が誕生しており、
つくばエクスプレス沿線にもたくさんの「ママさんブラス」が存在しているのをご存知でしょうか?

実際に流山市のママさんブラスに参加してきました!

ながれやまマーチ

活動日 平日月3回(不定期)
時間 10:00~12:00
問い合わせ先 代表 鈴木 美帆 nagareyamamarch@gmail.com
活動場所 流山コミュニティプラザ
思井福祉会館
活動費 入団費 無料
1回の参加費 100円
URL https://nagareyamamarch.wixsite.com/mamabrass

今回、支援センターにあった張り紙を見て、流山市で活動しているママさんブラス「ながれやまマーチ」さんにお邪魔してきました。
3歳の息子と0歳の娘同伴での参加になります。
部屋に入ってみると、楽器を演奏しているママたちの横で楽しそうに遊んでいる子供たちの姿がありました。
息子もすぐにお友達と打ち解け、仲良く遊んでいました。
娘はまだ小さいので、おんぶしながら演奏したり。
久しぶりに気兼ねなく楽器を吹くこと、合奏できる喜びを感じました!
演奏の合間には、どこの幼稚園のプレに行ってる?なんて地域のママならではの会話もあり、
ママ同士のコミュニケーションの場としてもピッタリ。
上手に吹けなくてもいい、楽しくやろう♪というコンセプトがとても気持ちを楽にしてくれました。

ママさんブラスに参加して、ママも子どもも音楽を楽しんじゃおう♪

今回、ながれやまマーチさんに取材を兼ねて練習に参加してみて感じたことは、

●気兼ねなく楽器が吹ける!
●仲間と演奏ができる!
●同じ趣味のママ友発見の場になる!
●子どもに楽器と触れ合わせることができる!

といった点です。

自分が久しぶりに楽器を吹いて楽しい!ということだけではありません。
そばで同じ位の違う楽器のママさんのお子さんと遊ぶ我が子の姿を見ることができ、
また、楽器や子どもという共通の話題で盛り上がり、ママや子ども同士の交流の場になる!と思いました。
練習を時折中断して話し込んでしまうこともしばしば。
でもそんなゆるやかな雰囲気もまた、ママさんブラスの良さだなぁと感じました。
楽器を演奏する姿を子どもに見せることも、ママの大好きなものに興味を持ってもらうきっかけになるのかな!?と思います。
将来はママの真似して、楽器をやりたい!なんてことになったら、一緒に楽器を演奏したり演奏会を聞きに行ったり・・・
なんて妄想まで膨らんでしまいました。

子育て広場だけでなく、こういったママたちが関わる場所もあります。
楽器を持っているのに、ずっと吹けてないな・・・なんてママはぜひ参加してみてください!
思いっきり楽しむママの姿は子どもも嬉しいはずです。
お近くの「ママさんブラス」探してみませんか?

過去の趣味についての記事

ままてぃでは過去にママが楽しめる趣味についての記事をまとめています。
ぜひこちらも併せてご覧下さい。
ママだって学びたい!習い事でリフレッシュ♪(アクティブ編)
ママだって学びたい!習い事でリフレッシュ♪(文化系編)

(ライター でこひろし)

**「でこひろし」の記事はこちらから**

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介

1 / 11812345678910