[今日の輝くママ友]Vol.4「専業主婦」の「木村」さん

vol.4 木村さん

【プロフィール】
何してる? 専業主婦。趣味は海外旅行と映画鑑賞。
旅行会社に勤めていたこともあり、お得なツアープランや新しい観光スポットからホテルまで旅の情報通として、友人からしばしば相談を受けるほど。子連れでの海外旅行先はこれまでに8か国。
お子さん 5歳女の子(年長さん)
バイブル本 「わたしがあなたを選びました(著 鮫島 浩二)」
育児に疲れたとき、この本を読み返すといつも救われる。マタニティの方にもおすすめ。

Q.海外旅行は「家族がチームとなって楽しむ一大イベント」という木村さん。娘さんにとってもいい経験になっているのでは?

その国で見るもの、触るもの、食べるもの、言葉、すべてが教本となっています。
「日本は寒いのに外国に行ったら暑いのはなぜ?」という質問をされて、面白いと思ったことがあります。これが知らないことを知る体験なのかなと。
どれだけ娘の記憶に残ってくれるかは分かりませんが、五感をフルに使って体験・体感したことはきっと想像以上に大きいと思います。

次はインドネシアへの旅行を計画中

Q.飛行機を使った子連れ旅の秘訣を教えてください!

1.フライトは夜便に。子どもの就寝時間に合わせられやすい。
2.子どものおやつとおもちゃは必須。DVD、絵本、シールブックなど普段から子どもが好きなものをチョイス。
3.フライト時間が短い国、時差の少ない国を選ぶ。韓国や台湾、アジア方面はおすすめ。
4.ふりかけ、ごま、のりなどの乾物類を持参。子どもの食事に困ったら、白飯に混ぜてよく食べさせています。

Q.ちょっと自慢したいこだわりの育児法はありますか?

なんでもやらせてみることと、子どもと一緒に親もとことん楽しむという気持ちです。
休日はほとんど外遊びで、アスレチックや公園に出かけては、体を思い切り動かしています。難しそうなアスレチック遊具があっても、なるべく手助けをせず子どもの思うままにやらせています。遊びを通して自分で考える力をつけてもらえたらいいですよね。

Q.今は「食」に関してとても興味があるそうですね?

料理は好きで、レシピ本を見ずに自己流で味付けでしたり、海外で食べたおいしいものを再現したりして独自の調理を楽しんでいます。
子どもが生まれてからは、ただ作るだけでなく栄養面も気になるようになり、栄養学を勉強してみたいと思うようになって…。子どものため、家族のため、時には友人へのもてなしに、学んだことがいつか還元できたらいいなと思っています。

Q.「人生楽しむ」ことがモットーの木村さんですが、育児でストレスが溜まることはありませんか?

私の場合は、人と会って話すことでストレスが解消されています。また頑張ろうという活力になって、モチベーションにも繋がっていると思います。
だから、1か月のスケジュールを立てるとき、はじめに、人と会う予定を組み入れます。次に子ども絡みの予定、次にその他、という順番でバランスよく予定を入れていきます。

「子どもが最優先じゃない?」と思うかもしれませんが、自分が楽しく過ごせることも大事にしていました。
それでもダメなときは大好きなワインをいただきます(笑)。

取材を終えて…

「どうせなら楽しんじゃおう!」という木村さんの威勢のよさが伝わって楽しい取材に。きっと笑いが絶えないご家族なのだろうなぁと想像してしまいました。
何か新しいことを始めるとき、不安ではなく「知らないことを知る楽しさ」という発想に変換すれば、はじめの一歩を踏み出すことが、とても希望に満ちたものに見えてくるはず。
旅先で知らない土地へ行く、あの高揚感を思い出しました。
木村さん、ありがとうございました!

[輝くママ友、みーつけた!]
Vol.1「なつめや」の「やまざきともよ」さんはこちらから
Vol.2「地域レポーター」の「森光 絵里加」さんはこちらから
Vol.3「元小学校教員」の「谷」さんはこちらから

(ライター mayumi)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介