[今日の輝くママ友]Vol.10「イラストが趣味」の「青木 茉悠」さん

vol.10 青木 茉悠 さん

【プロフィール】
何してる? 専業主婦をしながら、趣味のイラストで子どもの日常などを描く。
SNSにあげたイラストは、面白くてかわいいと巷で人気♪
お子さん 2歳男の子
尊敬する人 いわさきちひろ
画家。ちひろ美術館に訪れた際、ある絵と一緒に綴ってあった言葉に感銘を受けた。絵だけではない、ちひろの世界観・人生観も好き。
バイブル本 「母の友(福音館書店)」
「幼い子を持つおかあさん、おとうさんに。子どもにかかわるすべての人に。」というサブタイトルの通り、育児中のママにもおすすめ。かちかちな育児本でないところがいい。

Q.見ていて癒されるお子さんのイラスト!成長記録にもなっているとか?

―産後すぐは描く余裕がなかったのですが、絵を描くことが好きで、時間があると目に入ったものをいろいろ描いていたんです。その流れで、なんとなく自分の子どもを描いてみたら面白くて。

茉悠さんの絵。見ているとキュンキュンしてしまう

はじめは顔を描いていたのが、成長とともに体の動きや面白い言動がプラスされて、
息子の「面白いな~、かわいいな~」を描き続けていたら成長記録になっていました。

子育て”あるある”を見ているようで楽しい

Q.イラストはいつ描いているのですか?

―息子がお昼寝しているときや夜寝静まってからですね。でも最近はお昼寝をほとんどしなくなってきたので、なかなかまとまって描く時間がなく、模索しています。
慌てて描いても上手く描けないし、思ったような絵が描けない。時間を作って描かなくちゃ!という気持ちで描くのではなくて、描けるときに、描きたいときに描く、というスタンスでいます。

Q.イラストを描き続けられているモチベーションは何ですか?

―描いた絵をSNSにあげて、それを見てくれている人からコメントをもらったり、ネタ帳を見ておもしろいと言ってもらえたりすることですね。イラストを通して息子の成長を見てもらえている感覚がとてもいいです。
見られることが、モチベーションになって、もっと上手に描きたい、また次も描きたいという思いが生まれます。

ネタ帳のある日の1ページ

Q.最後にこだわりの育児法を教えてください。

―怒りすぎたら「ごめんね」と伝えます。私もママ2年目で新米、お互い新米同士、対等に接するようにしていることと、息子が興味を示したものには、できるだけ何かしてあげたいと心がけています。
以前、あるCDジャケットの宇宙飛行士に興味を持って、ずっと「ゴーシ、ゴーシ(宇宙飛行士のこと)」と言っていたことがあって。興味があるうちに応えてあげたいなぁと思ったので、絵本を見せたり、JAXA(宇宙航空研究開発機構 )まで遊びに行ったりしたこともありました。

JAXAで念願の宇宙飛行士と握手~!

取材を終えて…

イラストを見せてもらいましたが、とにかくかわいくて愛にあふれている!というのが印象的でした。「子育てと家事で一日があっという間です」とおっしゃる茉悠さんですが、イラストを通して息子さんの成長をゆっくり観察している温かいまなざしを感じました。

「いつかこのイラストを本にしてみたら?」と言ってみたところ、「今はそんな余裕ないです~。でもまったくないわけでもなくて、絵本とかになったらいいですよね。」とぽろっと本音を聞くことができました!

茉悠さんが「好き」なイラストを描き「つづける」ことを大事にしているように、好きなことをつづけること。今すぐ形にならなくても、好きという気持ちを忘れず続けていくことが先の未来につながると思いました。
茉悠さん、ありがとうございました!

[輝くママ友、みーつけた!]
Vol.1「なつめや」の「やまざきともよ」さんはこちらから
Vol.2「地域レポーター」の「森光 絵里加」さんはこちらから
Vol.3「元小学校教員」の「谷」さんはこちらから
Vol.4「専業主婦」の「木村」さんはこちらから
Vol.5「建築業広報・PR担当」の「遠峯」さんはこちらから
Vol.6「あん摩マッサージ指圧師」の「高橋」さんはこちらから
Vol.7「在宅ワーク テスト採点業務担当」の「セイコ」さんはこちらから
Vol.8「スーパーでパートタイム勤務」の「菅野 しおり」さんはこちらから
Vol.9「託児補助と子育て支援員」の「聖美」さんはこちらから

(ライター mayumi)

ままてぃママライター紹介はこちら
編集部 メンバー紹介