無料で体験!ワクワクいっぱい!工場見学 ~②キリンビール取手工場~

この夏は天気が悪い日が多かったですね。
雨の日のレジャーは毎回、子どもとどこに行こうか悩みます。
そんな時におススメなのが、工場見学です♪
暑くても、雨が降っても行けるのでいいですよ。

専用バスで移動するツアー「キリンビール取手工場」

第2回は茨城県取手市にあるキリンビール工場です。
守谷市にはアサヒビール茨城工場もあり、はしごする人もいるとか。

見学ツアーは「ファミリーツアー」「ハートランドツアー」など、4つのツアーがあり、選ぶことができます。
今回は「一番搾りうまさの秘密体感ツアー」に参加しました(2017年5月)。
このツアーの特徴は・・・

国内最大級の銅製仕込釜

1. 専用バスで移動。
2. 一番搾りと二番絞りの麦芽を飲み比べできる!
3. キリンのジュースやビールを試飲できる!!
4. 売店でオリジナル商品を購入できる

ジュースやビールの試飲もできるので夏のレジャーにピッタリですね。

生ビールの試飲&おつまみ付き!

フォトスポットもたくさん。面白い写真が撮れる

さあ、バスに乗って見学スタート

まず、映像を見てキリンビールについて学びます。
その後、専用バスに乗って工場見学に出発~。

バスで移動も楽々♪

ビールの原料は大麦(麦芽の原料)、ホップ(味や香りの素となる植物)、水でできています。麦芽の試食とホップの香りも体感できました。
子ども達も麦芽を試食して「甘いね!」とビックリ。

麦芽の試食

その後、仕込釜(しこみかま)でできた「一番搾り麦汁」と「二番絞り麦汁」を試飲。
一番搾りは色が濃く、味も甘味と深みととろみが強く感じられました。
これにホップを加えることで、ビール独特の「苦味」が出るそうです。
仕込釜は創業から37年間「銅製」のものを使用していましたが、現在はステンレス製に変更されたようです。

ホップの実物は初めて!

次に酵母を加え、1~2か月ねかせることで美味しいビールが出来上がります。
ツアーでは、顕微鏡で酵母が働いているところを見ることもできますよ。

初めて見る酵母に興味津々

こちらの工場は350ml缶のビールを、1日に約638万本製造しているそうです。

お楽しみの試飲タイム♡

見学が終わったら、ジュースや工場できたての「一番搾り生ビール」を試飲できます。
なんと一人3杯まで飲めるのです!!

子ども達は紅茶やりんごジュース等、主人は運転があるのでノンアルコールビール、私はせっかくなので生ビールをいただいちゃいました。
私はビールを普段全然飲まないのですが、一口飲んで「まろやかで美味しい!」と感じました。

ビールサーバーから出来立てが飲めるのが嬉しい


「めちゃくつろげる~」

ビール好きさんには、たまらない工場見学ですね♪
ナッツのおつまみ付きも嬉しいです(売店で購入も可)。
お土産に「一番搾り生ビール」を1缶いただきました。

オリジナルグッズが可愛い!

キリンファクトリーショップ(売店)にはキリンのオリジナルグッズがたくさん売られていました。
ビールを入れる黄色いビールケースのミニチュアがとても可愛くて、3つも購入してしまいました!
本来は缶ビールを入れるものらしいのですが、我が家では子どものフィギュア入れになっています。積み重ねて置いておくといい感じです。