第35回「子供を野菜好きにする方法 その8」

夏野菜到来! 畑も賑やかになっています。
そんな時期には、お子さんと一緒に畑に行ってみてはいかがでしょうか?

野菜を収穫しながら、野菜がどんな風に実をつけているのか、どんな花が咲いているのか・・・。
自分の背丈よりも高いトウモロコシナスのヘタのトゲトゲや、上を向いて育つオクラなど、スーパーで並んでいる野菜からは想像してこなかった色々な発見があるはず!

好奇心いっぱいの子供たちは、汗を流しながらもキラキラと目を輝かせて、野菜の不思議さを実感することでしょう。
たとえば収穫したばかりのきゅうりをかじってみたら、その瑞々しさに驚くでしょう。
サンサンとふりそそぐ太陽の力強さ柔らかい土の温かさ心地よい葉擦れの音野菜の色や形の美しさなど・・・自然の中での野菜との対話により、食への関心が高まることと思います。
このように、体で感じる学びこそが、野菜を好きになる近道なのです。

スーパーでお行儀よく並んだ“見ているだけの野菜”ではなく、触れたり、匂ったりした畑の野菜に愛着を感じたなら、“野菜を食べること”にも抵抗がなくなると思います。
そして、「あの夏の畑の思い出」として心に刻まれ、幸せの美味しい記憶になったとしたら、素敵なことです。

夏野菜にんじんトマト

ひぐらし菜園にて